« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月25日 (日)

NATURAで「大和」

今回は、呉の大和ミュージアムにある10分の1大和を使ってデジタルカメラとネガカラーの違いについての考察です。

まずはコンパクト・デジタルカメラで撮った写真です。機種は、28ミリが撮れるという理由だけで買ったリコーR1V。
Srimg0950
大和は綺麗に写っていますが、外の景色は白く飛んでしまっています。デジカメはデータがない部分はいかに補正しようとしても無いものは無いので、これ以上どうにもなりません。

次は、同じ場所でNATURA1.9+NATURA1600で撮ったもの。フジカラーCDサービスでの画像がこれ。
Fh020010
一見して、かなりハイコントラストの画像です。が、窓の外の山並みや護衛艦もうっすら写っています。プリントの画像もほぼこれと同じでした。

ネガフィルムには、プリントで再現できる情報の数倍の情報が記録されています。そこで、フィルムスキャナーでその情報を拾ってみます。
Syamato00
これは、ニコンクールスキャン4で自動露光でスキャンした画像。
窓の外がよく見えるようになりましたが、室内は暗ぼったくなってしまいました。ここで、シャドー部を明るく補正してもいいんですが、今回はネガフィルムならではのスキャンをしてみます。

Syamato01 Syamato02
左は、窓の外を重視してスキャンしたもの。室内は暗く沈んでいます。右は室内を重視してスキャンしたもの。窓の外は白くすっ飛んでいます。(フジCDほどハイコントラストでもないのに、窓の外が飛んでいるのはスキャナの性能差?)

で、この2枚を合成します。方法は、フォトショップで画像を重ね合わせて、上になった絵の要らない部分を消しゴムツールで消せば出来上がり。
Syamato03
こんなんできました~!
室内も窓の外もバッチリでないですか?ネガカラーの情報量がいかに多いか判りますね。絞り固定、シャッタースピード固定の「写るんです」で綺麗な写真が撮れるのはネガ特有の性質があるからなんですね。(今年は写るんです発売20周年だそうです)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月11日 (日)

NATURAで広島

広島に行ったときの写真ですが、着いたのは夜だったので、夜景ばかりになってしまいました。

Fh000008 Fh000009
お腹すいていたので、名物「お好み村」で広島焼きを食べました。こんな小さなビルに数十軒のお好み焼き屋さんが入っています。どこも満員盛況でした。

Fh000003
繁華街から歩いて数分のところに旧広島産業振興会館(原爆ドーム)はありました。夜見るとちょっと不気味です。NATURA1600はこんなに暗くてもよく写ります。写ってはいけないものまで写っちゃいそう・・・・・・

Fh020037
再び繁華街を通ってホテルへ戻りました。途中、客引きのお兄さんに捕まりそうになりながらも、何とか振り切りました。また来るからね!

Fh020034 Fh020032
ホテルの窓から見た広島市街。寝る前と朝起きたときの風景です。
同じ風景をデジカメで撮ったのはこんな風でした
Rimg0902_2
網目ガラスの網がどうしても写っちゃいます。フィルムカメラは被写界深度が浅いので写らないんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 6日 (火)

スカイライト

レンズに付けるフィルターの中に、「スカイライト」というフィルターがあります。ごく薄いピンク色で、晴天の青空による青かぶり(写真全体が少し青っぽくなってしまう)を補正するために使うものです。

では、晴天の日に空撮をするとどうなるか?
やっぱり青かぶりになります。高度を上げれば青が更に濃くなり、大気圏外まで行ってしまうと「やっぱり地球は青かった!」となります。
空気は青いんですね。そんな作例を。

2006012803
甲府盆地上空8,000FTより富士山を望む。

2006012804
眼下に甲府市街地。右には八ヶ岳。左に南アルプス。
画面中央の川の両岸に、航空学園双葉飛行場と韮崎滑空場の滑走路が見えます。

C172の後部窓開放してフィルター無しのレンズで撮影しています。
カメラはオリンパスOM-2Nで、レンズはZUIKO28mmF2、フィルムはプロビア100Fです。
薄黄色いUVフィルターなどを付けても色は変わると思いますが、フィルター無しの空はこんなに青いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 5日 (月)

レンズテストその2

今回は、より近景での描写テストです。

10334_1 Fujikawasolo01
最初は300ミリ単体のもの。背景のボケが滑らかで綺麗です。人物を撮影したものではボケの綺麗さがよく判りますが、肖像権もあるので掲載しません。飛行機写真にボケは必要か?と言う話もありますが・・・・・

10016 10006
300ミリ+1.7×テレコン。問題なし。AF速度の低下もあまり感じません。ジェット機より速度は遅いけど、なにしろ近いので、見掛けの速度は速いし、ピントの移動量も大きくなります。

10108 10132
300ミリ+2.0×テレコン。AF速度は若干遅くなるものの必要十分。当日はドン曇りだったので結構暗かったです。フィルムはプロビア400F。

09903
500ミリ単体。重いけど、撮影そのものはAFも早くて快適です。このレンズには手ぶれ補正は付いていませんが、意外と手ぶれのカットは無かったです。その重さ自体が手ぶれ補正になっていたりするかも?

10435
500ミリ+1.7×テレコン。今回のテストの中で一番周辺光量が落ちているカット。絞り開放で背景が白だから目立つのかな?
カメラがニコンのフルサイズイメージセンサー機F6なので、APS-Cイメージセンサー機であれば問題ないでしょうね。

レンズテスト画像をアルバムにもUPしています。ここで紹介していないカットもあるので、よかったらどうぞ。
http://album.nikon-image.com/nk/NK_AlbumPage.asp?un=4675&key=834665&m=0

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »