« 小牧航空祭 | トップページ | INSIDE »

2006年10月14日 (土)

フィルム VS デジタル

Dscf0443
コンパクト・デジカメ(F30)で撮ったRF4です。
最近のデジカメは結構綺麗ですねー!

露出は-2/3で撮っています。デジカメというやつは、頻繁に露出補正をしないといけません。
ポジフィルムを使う時はどうしているかと言うと、マニュアルで固定して撮っています。晴れていればそんなに明るさは変わらないので、それで十分。自動露出だと被写体の色で露出がコロコロ変わってしまうので、かえって外すことが多いんですよ、飛行機の場合は特に。
コンパクト・デジカメで、露出固定できるものはほとんどないです。
大抵はプログラムのみ。高級機には絞り優先とシャッター優先オートがつくくらい。(F30にはAVとTVは付いている)

で。フィルム(RDP3)で撮ったのがこれ
Rf41
画角の違いはさておき、色乗りの良さがぜんぜん違います。フィルムはくっきり鮮やか!
コンパクト機と比べるからかもしれません。でも、デジタル一眼でも、発色はあまり良くないようです。というか、色の飽和を防ぐ為わざと発色を抑えている。高級機のほうが顕著で、入門機は比較的鮮やかな色が出るようです。
高級機は画像処理を前提としてわざと眠たい画にしているからです。
デジタルは色の再現域が限られていて、飽和するとデータが飛んでしまい、画像処理してもデータが無ければ補正不可能となってしまうからです。

それにしても、プロビアの色をデジタルで出すには相当苦労すると思います。フィルムカメラなら、コンパクト機に入れても綺麗さは変わらないんだけどね。

|

« 小牧航空祭 | トップページ | INSIDE »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フィルム VS デジタル:

« 小牧航空祭 | トップページ | INSIDE »