« インドネシアの飛行場 | トップページ | THE POWER OF DREAMS »

2006年10月31日 (火)

スキャナ対決

フィルム写真をデジタルデータにするには、スキャナという機械を使います。たとえばこんな写真。

Testcool01
NIKON F6 + RDP3 + COOLSCAN4

RDP3とは富士フィルムのプロビア100Fというリバーサルフィルム。私は2台のスキャナを持っていて、1台はNIKON COOLSCAN4というフィルムスキャナ。もう一台はEPSON GTX750というフラットベッドスキャナ。

COOLSCAN4はフィルム専用で、1世代前の最高解像度2900dpiのタイプ。(今売っている「5」は4000dpi)  GTX-750は今年の春ごろ買ったもので、最高解像度4800dpiのもの。

まずは上の写真をCOOLSCANでスキャンして中央部を拡大したもの。解像度は2900dpi。色もシャープもいじっていない初期設定のままです。

Testcool02

次は、同じポジをGT-X750でスキャンしたもの。こちらも色、シャープともいじらないものです。解像度は上に合わせて2900dpi。

Testgtx29

粒子が何も見えないくらいモヤモヤです。センサーとフィルムの間にガラス1枚入るだけでこんなに違うんでしょうか?これでは使えないので、ドライバー側でシャープ「中」でスキャンしたのが次です。

Testgtx29sharp

少しはマシになったかな?でも、偽色が出ているし解像度も悪いし、フィルム専用のCOOLSCANとの差はいかんともしがたい。
じゃ、4800dpiでスキャンしたらどうなるかと言うと、

Testgtx48

解像力はあまり変わらんねえ・・・フラットベッドは所詮この程度か?

それなら画面の大きなブローニーフィルムではどうでしょう?
フィルムスキャナーでブローニー対応機は20万円以上するけど、フラットベッドなら数万円でブローニーがスキャンできるのです。
で、6×9で撮ったこの写真

Testgtx690

を、GT-X750でスキャンして中央部分を拡大したものがこれ。
上の写真と大きさをあわせる為1200dpiでスキャンしました。

Testgtx691200

さすがにシャープですねー!原版の大きさがものを言います。

では、COOLSCAN4と同じ2900dpiだとどうなるか?

Testgtx6902900

あのモヤモヤGT-X750でも、このぐらいの情報が取り出せます。
よく見れば、やっぱり偽色など出ていますが。

ちなみに、同じ時にコンパクト・デジカメ「F30」で撮ったもの

Testdscf0439

これも頑張っていますね!これでピクセル等倍100%。
このクラス(600~700万画素コンパクト)の中ではトップクラスの解像力でしょう。
デジカメ写真は粒子が無く、輪郭がはっきりするので、一見解像力が高く見えます。でも、更に拡大していった時には、フィルムは粒子が目立ってくるものの線は崩れないのに、デジタルは線がギザギザになってしまうんですね。

Testdscf0439sml

こちらはデジカメ写真の全景。やっぱ色はフィルムが断然好きだなあ

|

« インドネシアの飛行場 | トップページ | THE POWER OF DREAMS »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スキャナ対決:

« インドネシアの飛行場 | トップページ | THE POWER OF DREAMS »