« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月28日 (火)

マタドールズ

今年の茂木で一番活躍したのが、2機編隊チーム「マタドールズ」。

今回、編隊チームはこれだけだったので競技には不参加。その代わり、オープニングでの基本曲技解説で飛んだ他、演技も編隊チームの特権で時間が長いため、一番長いこと飛んでいたことになります。

18730 19231

19315 20429

得意の編隊飛行もますます磨きがかかってきたし。

20310 20315

20323 20329

そして、密集編隊を組んだまま左右違う方向にスリップさせるという「バタフライ・フォーメーション」

19434 19417

見所の多いチームでした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月22日 (水)

復活の日

ようやく茂木のポジのスキャンが終わりました。

あの事故以来3年。もう無理かもしれない・・・とも思いましたが、関係者の粘り強い努力の結果、再びあの素晴らしいフライト・パフォーマンスを見ることが出来ました。
オープニングで、エクストラとスホーイの編隊が観客席後方から現れた時は感慨深いものがありました。

18520 18527

18606

モーターサーキットでの航空ショーという世界的にも珍しいイベントは、設備の良さも最高ですね。座って見れるグランドスタンドや沢山の売店。トイレや身障者用観覧席など、自衛隊の航空祭では不可能ですから、少し高い入場料を払っても満足できる内容です。
周辺にもいろんな設備があるので、家族連れで来ても奥さんから文句は出ないのでは?

19628
オープニングで降りてきたスカイダイバーと、もてぎエンジェルが持っているのは、オートボルテージュの旗とFAIの旗。
オートボルテージュはフランス語で「曲技飛行」のこと。
FAIはこれもフランス語で国際航空連盟のことです。
私も一応FAIのスポーティング・ライセンスを持っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月13日 (月)

エアフェスタ浜松 その2

地元第1航空団のT4は、8機の編隊航過と2機の機動飛行のコンビネーション。

17501 17502

17601 17602

このあと北基地エリアに行こうとシャトルバス乗り場まで歩いていったんですが、バス待ちの長蛇の列を見て断念!
南基地内にあるコンビニで昼飯買って駐車場に逆戻り。エアロックのフライトは撮っていません。

ブルーインパルスの展示飛行も駐車場から撮りました。

17721 17801

17901 18001

18101 18102

ブルーが終了したら、速攻で駐車場脱出!
ここでもたもたすると渋滞でしばらく出られなくなります。
外来機の帰投は畑で撮りました。

18201 18401

ま、なにより天気が回復して良かったです。1日中快晴になるとは思いませんでしたから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月11日 (土)

エアフェスタ浜松

今年も浜松基地航空祭に行って来ました。
車で朝7時頃着いたものの、付近は大渋滞。西グラウンドは満車で、南基地エプロンに駐車しました。気が付けばもう8時半。オープニングフライトはぶんぶん飛んでいます。自衛隊は朝が早い!

16902 16903
オープニングフライトで機動性を見せるE767

次はファイターのデモフライトなので、カメラを出して駐車場で待つことにしました。

17101 17102
小松基地からやって来たF15J(左)とF15DJ(右)

17202 17301
岐阜基地からは、F2の3号機。航空祭ではおなじみの機体です。

17001 17403
駐車場の脇には写真のT33とT6が放置されていました。

つづく・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 6日 (月)

THE POWER OF DREAMS

アエロバティックスを見にツインリンク茂木へ行って来ました。
久々の茂木でしたが、やっぱり凄いフライトの連続でした!!

フライトは、まだポジの現像が出来ていないので、デジカメで撮った展示品の写真です。

Dscf0601
会場でも繰り返しPRフィルムが上映されていたHONDA JETの20分の1スケール・モデル。既に事業化が決定しています。

Dscf0598 Dscf0600
搭載されるHONDA自社開発のHF118ターボファンエンジン。量産機には改良型のHF120が使われるそうです。

詳しくは、本田技研ホームページで、
http://www.honda.co.jp/tech/new-category/airplane/index.html

動画はここにあります。ピトー管の先につけたカメラで撮ったカットが面白いです。
http://www.honda.co.jp/HDTV/HondaJet/200408long/index.html

もうひとつのエンジンはこれ、
Dscf0572 Dscf0577
小型機用の水平対向4気筒航空エンジンで、小型・軽量・低燃費が特徴らしいですが、こちらはまだ市場調査中で事業化は決定していません。
この分野は、今飛んでいるのは半世紀以上前の設計のエンジンがほとんどなので、実用化されればそこそこ売れるのでは?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »