« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月25日 (月)

静浜航空祭 4

静浜航空祭では、ブルーインパルスは浜松基地からのリモートで展示飛行を行います。
使用機T4は静浜の滑走路でも着陸は出来ますが、駐機場が狭くて置く場所がないからだと思われます。

24035
最初の進入は、この6機ダーティー・パスから。

24211
レター・エイトは、頭の上でブレイクしました。

24125 24233
相変わらずキレのよいソロ・ディスプレイ

24316
スモーク・ナウ!

24326
最後は、伝統のローリング・コンバット・ピッチ

25529
着陸はしないので、各機単独でローパスしてから浜松基地に帰って行きます。

25707
(NIKON F6 + VR328 + TC17 + RDP3)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年6月20日 (水)

伊豆

伊豆半島の南端、石廊崎。
Dscf1365

ここから海岸線に沿って西海岸を空撮しながら北上していきます。

Dscf1376
妻良港

Dscf1379
松崎

Dscf1382
堂ヶ島

Dscf1389
田子港

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月14日 (木)

神津島

5月下旬。セスナ172で神津島に行ってきました。

20070526
飛行経路はこんなふうでした。
当日は西風が強く、黄砂の影響で視程も悪く、ナビゲーションはちょっと大変でした。青いラインがジグザグなのは別の理由ですが・・・

Dscf1331
上空から見た空港。空港は島の南端の山の上にあります。

Dscf1332
ダウンウインドから見た神津島空港。滑走路は11-29で、29側(写真右手)は断崖絶壁となっています。
標高は454FTあり、「ファイナルで下降気流に注意。」と飛行場情報に書かれていました。
そんなことは忘れて普通にアプローチしていったら、強い西風のせいで強烈な下降気流に遭い、気付いたらフルパワーでもなかなか上昇せず、危うく絶壁に刺さるところでした!
もちろん無事着陸はしましたが、いい教訓になりました。

Dscf1340
エプロンでは強風で機体が飛ばされないようにロープでタイダウン。
お昼を食べに町まで歩いて下山?しました。

Dscf1347
ビーチは人影も少なく、のんびりしていました。
土産物屋で「神津島名産、赤いかの塩辛」を買って帰りましたが、凄く美味しかったです!!家族にも大好評で、一晩で1瓶食べちゃいました。また買出しに行かねば・・・・・

Dscf1356
そんなこんなで、やや風も収まった神津島を離陸。
奥の山は天上山572m。頂上が平らになっているのが特徴的です。
山のふもとが市街地。手前の台地の上にはヘリポートが見えます。
夏のシーズンはビーチも賑わうんでしょうねー!
(FINEPIX F30)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月11日 (月)

静浜航空祭 3

静浜基地は滑走路が短く、戦闘機の離発着が出来ません。
そのせいかヘリコプターは毎年各種展示されますね。

24526
軽快な機動飛行を行ったOH1。
陸上自衛隊からは、他にAH1とOH6も参加しました。

25324
地元静岡県警のアグスタA109E。墜落して失われたA109K2の後継機です。引き込み脚になったのが大きな識別点。
この機体もデモフライトを実施しました。

25917
航空自衛隊のCH47チヌーク。当日は地上展示だけでなく、ブルーインパルス地上要員の浜松基地との移動にも使われていました。

26033
海上自衛隊からはSH60が参加。

26105
百里基地から参加のUH60。新しいダークブルーの迷彩塗装です。
今後はこの塗装になっていくと思われますが、効果の程はどうなんでしょう?多分、海の色なんだと思いますが、平時の出動では現場に沢山の機体が飛ぶので、空中衝突の危険を考えたら今までの白・黄塗装の方がいいんじゃないかなあ。(現場は自衛隊・警察・防災・消防・新聞・TVなど多数のヘリがぐるぐる飛びますから)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 9日 (土)

静浜航空祭 2

米空軍のF16デモチームが今年もやって来ました。

23928

23935

25203

25219

23933

25229

何度撮ってもF16のデモはスピードが速い!
追いきれていない写真が山になりました・・・・・
(NIKON F6 + VR328 + TC17/20 + RDP3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 5日 (火)

静浜航空祭 1

ようやく静浜航空祭のポジをスキャンしました。
まずは地元のT7の展示飛行から紹介します。

24709
エンジンをスタートさせた記念塗装機。胴体後半部分がT3の様な塗り分けになっています。

23804
T7は、昨年度まで使っていたT3の後継機として富士重工業が開発しました。採用を巡って、スイスのピラタス社に一度内定しておきながら富士重工が逆転受注したものです。
海上自衛隊が使用するT5と同じような機体規模ですが、T7は約半額で契約を取ったようです。(T7とT5は、主翼・尾翼・エンジンはほぼ同じ。胴体はT7が複座。T5が4座。)

24719
エンジンがターボ・プロップになって、音が静かになりました。風防まわりはT34「メンター」時代から変わらず、ここだけクラシックで少しアンバランスですねえ。

23823 23829
風が強く吹き、編隊飛行は大変そうでした。

23810 23820
T7のお腹と背中。

24805
記念塗装機のコンセプトは、T3の殻を破ってT7が出てきたって感じでしょうか?

(NIKON F6 + RDP3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 4日 (月)

空へ!

グライダーによる飛行を再開しました!

Dscf1412
訳あって飛べない日が続きましたが、みんな待ちに待った空を満喫しました。

Dscf1422
再開の日はビッグ・デイ!
青い空に白い雲。トップ1,000mオーバーの好条件。またこの景色を見られて感激しました。

Dscf1415
そして、久々のソアリング!
セスナ機での我慢大会のような飛行ではなく、失速ギリギリ、ハイバンクでのダイナミック・フライト。
やっぱソアリングは楽しいなー!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »