« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月23日 (月)

KLASSEでNATURA

広報館の夜間公開をネガカラーの「NATURA1600」で撮った写真です。カメラはクラッセS。
比較画像としてデジカメF30の写真も一緒にどうぞ。

Dscf1547
F30

Uf104
KLASSE+NATURA1600

Dscf1576
F30

C46
KLASSE+NATURA1600

Dscf1614
F30

F86
KLASSE+NATURA1600

Dscf1591_1
F30

F15
KLASSE+NATURA1600

すべて手持ち撮影です。最近のカメラは本当によく写るわい。
どっちのカメラでもあんまし変わらないですね。
F30のノイズ処理は上手くて、つるりんと綺麗に見えます。でも、細かく見ると、ノイズ処理のせいで細部の解像度は落ちていて、ネガカラーのほうが細部の描写は良いです。
灯火類などの明かりはネガカラーのほうが自然に見えます。ダイナミックレンジの広さがデジカメとは比べ物にならないからねー。
液晶モニターで仕上がりを確認しながら撮れるデジカメは便利ですね。ただし、頻繁に露出補正をする必要があります。その点ネガカラーは何も考えずに撮っておいて後から補正が効くのでお手軽とも言えます。

実は、F6でも写真を撮ったんだけど、レンズに雨が着いていたのか、妙なゴーストがふにゃふにゃ写っていて全滅でした。
解像度もクラッセの方が良く、ズームレンズ性能の限界を感じました・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月11日 (水)

Night

浜松基地にある航空自衛隊広報館で夜間公開のイベントが行われました。
7月10・11日の両日、閉館時間を21時に延長して、現用機F2とF15の展示もありました。

Dscf1590

Dscf1591

Dscf1540

Dscf1588

短い時間でしたが、電源車をつないで灯火類を点灯するサービスもありました。
ナイトの写真はなかなか撮る機会が無いので、こういったイベントは面白いですね!
次はF4もお願いします!
(FINEPIX F30)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年7月10日 (火)

静浜航空祭 5

航空自衛隊戦闘機のデモ・フライトはF15とF4が行いました。
例年来ていたF2が来なかったのは残念。

24904

24911
小松基地の第303飛行隊からはF15が2機飛んできました。
飛行内容はややおとなしめだったかな。
最後はバーナー全開で
24926

24931

25011
百里基地の第501飛行隊からはRF4EとRF4EJが1機づつ参加。
戦術偵察飛行デモンストレーションを行いました。
25019 25025

(NIKON F6 + VR328 + TC17 + RDP3)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年7月 6日 (金)

新型クラッセ

また新しいおもちゃを買ってしまいました。

Ffnr0095
富士フィルムが限定販売しているコンパクト・フィルムカメラ「KLASSE S」です。
新型クラッセには「S」と「W」の2種類があって、「S」は黒ボディで38ミリレンズ。「W」は銀ボディで28ミリレンズ。
私的には、28ミリは「リコーGR1」という傑作機を持っているので、38ミリの「S」を購入しました。

Kla001
さっそく、RDP3を詰めていつもの(?)C46で試し撮り。解像度も高く、露出も正確です。

Kla002
フラッシュ調光もいい感じですね。NATURA以降のフジフィルムの「i フラッシュ」はとても自然な光の当て方をします。背景の明るさを残しつつ、被写体も白飛びさせないソフトな光を当てます。これはデジカメ(F30)でも同じです。

Kla003
PCディスプレイ上で見るとコントラストが上がる為周辺光量が落ちて見えますが、ライトボックス上ではほとんど判らない程度です。

Kla004
こういった「青」はデジカメではなかなか出せない色ですよね。まさしくプロビア100F色。

Kla005
最後は家の玄関の花。レンズのボケを見る為に撮って見ました。花がしおれかけですいません。これでほぼ最短撮影距離(40cm)
背景のボケはコンパクト・カメラとしてはトップクラスの美しさではないでしょうか?

(KLASSE S + RDP3 + Coolscan4)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 4日 (水)

富士山麓

富士山の裾野は溶岩で覆われた土地なので、ちょっと日本離れした風景が広がっています。

Dscf14831
青木ヶ原の樹海上空から見た本栖湖。遠くに見えるのは南アルプスの山々。日本の平野は、ほとんど住宅地か耕作地になっているので、一面樹木に覆われた樹海の風景は珍しいですね。

Dscf1485
樹海の端っこの写真。鳴沢村付近です。
左端に見えるのは西湖。奥が河口湖です。
画面中央に運動場が1列に並んだ場所がありますが、ここは「富士緑の休暇村」というレクレーション施設です。で、実はここ、昔飛行場があったところで、滑走路を数区画に分けて運動場を作ったそうです。飛行場としての運用は、昭和40年頃の短い期間だったそうですけどね。

Dscf14921
河口湖から少し山肌を登ったところにある「河口湖自動車博物館」。
ここには飛行館が併設されていて、毎年8月の1ヶ月間公開しています。零戦2機。1式陸攻胴体。旧陸海軍の発動機多数。F104・F86F2機・T33A・C46などの自衛隊機が展示されています。
ちなみに、冬季は積雪のため閉館となるので注意。

Dscf1494
画面右側の草原は、陸上自衛隊北富士演習場。未舗装の滑走路がありますが、今はヘリしか使用していないと思われます。
奥に見えるのは山中湖です。ここより先はR114という射爆撃場となっていて飛行禁止空域となっているので引き返します。

Dscf1496
富士吉田にある遊園地「富士急ハイランド」。
昔は周辺には建物があんまり無かったような記憶ですが、今見ると街の中。結構周辺の開発が進んでいるのかな?

Dscf1508
「富士天神山スキー場」センターハウスで標高1300m位。コース上部は1500m位のようです。

Dscf1512
こちらは上九一色村にあった「ガリバー王国」跡地。倒産後、施設は撤去されて寂しい限りです。

今回の飛行は、5000から6500FTぐらいの高度をとっていましたが、地面の標高が高いし、微妙に傾斜しているので、すごく変な感覚でした。
(FINEPIX F30)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年7月 2日 (月)

富士山

今年の富士山は、雪解けが遅くて7月1日の山開きに合わせて登山道を雪かきして、なんとか山頂まで登れるようにしたそうですね。

6月16日に富士山の空撮をしまして、その時の写真を載せておきます。

Dscf1466
当日は梅雨前線も何処かへ行ってしまい、快晴となりました。富士山に向けて上昇中のコクピットから1枚。

Dscf14711
富士宮駅上空から見た富士山。

Dscf14741
富士山の西側から撮ったもの。大沢崩れがよく見えます。

Dscf14991
河口湖上空から見た富士山。まだ雪が随分残っています。
山の形はこっちの角度(北側)から見るのが一番綺麗みたいですね。南側は宝永山と愛鷹山があるし、西側は大沢崩れがあるし。

Dscf15001
いつもは機体が写らないような角度を狙って写真を撮りますが、あえて入れてみました。主翼を支えるこの支柱がかなり邪魔です。
主翼も上にあるので、写真撮る時は「よっこらしょ!」と主翼を持ち上げて写真撮りました。近くで見るとほんとにでかいです。富士山。

Dscf15131

(FINEPIX F30)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »