« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月28日 (火)

富士山

日本でも山岳派(マウンテン・ウエーブ)を利用して、グライダーで高高度飛行を行う人が増えてきました。
私も北海道でウエーブを使ってグライダーで飛行したことがありますが、その時には時間が無くてあまり高度はとれませんでした。

高度が高くなると酸素が少なくなるため、3000m以上の高度で飛行する場合は、飛行時間に応じた酸素を持っていかなければいけません。
酸素が不足すると低酸素症(ハイポキシア)になり、最悪、失神-墜落。となってしまいます。

と、いうわけで(?)耐低酸素訓練を行うべく、富士山頂まで往復してきました!

Dscf1771
富士山の頂上から見た日の出。「ご来光」と言って日本で一番早く日の出が見られます。

Dscf1775
頂上の山小屋。右手の鳥居は、浅間神社山頂奥宮。画面奥が富士山測候所跡がある剣ヶ峰。3775.63m。
真夏だというのに寒い!気温は5度くらい?(暖かい山小屋の中で10度でした)

Dscf1782
眼下には一面の雲海。そして山肌には万年雪もありました。

Dscf1781
富士山は溶岩の山。いわゆる土ではありません。
下山途中、下の方から「ゴ~ン、ゴ~~ン」と大砲の音。陸上自衛隊の実弾演習が始まりました。「こっち撃たないでーーー!」
(FINEPIX F30)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月21日 (火)

ハリム空港

このブログのアクセス解析を見ていたら、「ハリム空港」を検索して来てしまった人がいる。はて?どうしたんだろう?と、逆に検索してみたら、インドネシア訪問中の安部総理大臣が政府専用機で最初に降り立ったのがジャカルタ近郊の「ハリム国際空港」だったというわけのようです。去年飛んできた空港なのでちょっとビックリ。

でも、国際空港とは名ばかりで、通常は国内線と軍用機しか飛んでいません。国際線は政府要人などのチャーター機が使うだけです。

Halim
滑走路は3,000mあるけど、並行タキシーウエイは無し。政府専用機はB747だから、滑走路上で180度旋回しないといけないけど、重くてコンクリートにめり込んじゃったりしなかったのだろうか?

あそこに日の丸のB747が降りるとこ見てみたかったなあ。

Dscf0322
エプロンなんかこんな感じです。
到着後、大統領官邸に行ったみたいなので、スカルノ・ハッタ空港よりはハリムの方が近くて便利ではあります。
人も少ないし、隣は空軍基地なので、警備もしやすいのかな?
あ、それとも空軍地区のエプロンに駐機したんだろうか?

ジャカルタの喧騒を思い出してしまったニュースでした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

RF645

この前フジフィルムの「クラッセS」を買ったばかりなのに、またカメラを買ってしまった・・・・・・
よく行くカメラ屋の中古コーナーに1・2ヶ月前から置いてあったのを知っていました。見ないフリをしていましたが、「ちょっと見せて」と店員にお願いして手に取ったら、クラッとして買ってしまいました。

Dscf1766
右が今回買ってしまった「ブロニカRF645」
左は10年以上愛用している「フジGW690」

どちらもブローニーフィルム(120/220)を使いますが、GW690は1コマが6cm×9cmで、RF645は6cm×4.5cmと半分の大きさになります。
ボディの大きさは半分までは行かないけど、3分の2くらいにはなっています。ニコンF4Sより小さいくらいです。
GW690は、電池不要の完全メカニカル・カメラで、露出計も付いていませんが、RF645はプログラムAEと絞り優先AEも出来る電子制御カメラです。

Rfdd112001
レンズは交換式で、3本の専用交換レンズがありますが、買ったのは65ミリ標準レンズ(35ミリ判換算40ミリ)のみ。
他に45ミリと100ミリがあり、店頭には45ミリも在庫していたけど、高かったので買っていない。
ちなみに、購入価格はボディと標準レンズで8万円弱。取説・元箱フルセット、使用感のほとんど無い新品同様なのでお買い得かなと。なお、当時の新品価格は22万円。

Rfg109001
645の画面でフィルムは横送りなので、カメラを普通に構えると縦画面になります。GW690のような縦位置シャッターボタンはないです。グリップがしっかりしているので、縦に構えてもそんなに苦ではありません。

ところで、このカメラで何撮ろうかなあ??
メーカーサイト http://www.tamron.co.jp/rf645/index.htm
(RF645+RDP3+GTX750)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月13日 (月)

ASK21

7月は梅雨明けが遅れて飛べない日が続きましたが、8月に入ったら晴天が続き、飛べるようにはなったけど、なにしろ暑い!

Dscf1738
ASK21の計器版。暑いので小窓開けっ放しで飛んでいました。

Dscf1737
あちこちにサーマルがあり、浮いてはいられましたが、トップが600mくらいと低く、雲が無くて暑すぎるので20分くらいで下りちゃいました。
雲があれば日陰になって涼しいんだけどね。
(FINEPIX F30)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 6日 (月)

清水みなと祭り

土曜日に、毎年恒例の清水みなと祭りを見に行ってきました。

この日は海上自衛隊の護衛艦と掃海艦、合計5隻の艦船の一般公開と体験航海。海上保安庁の巡視艇の体験航海がありました。
護衛艦3隻と巡視艇はヘリコプター搭載艦ですが、当日実際に載っていたのは1機のみ。

Dscf1656
護衛艦「まきなみ」艦上の対潜ヘリSH60J

Dscf1651
コクピットなど内部も乗り放題。

Dscf1648
後部の対潜水艦ソナーの操作席。
UH60と違って、対潜機器が積まれたSH60の機内は狭いです。
この席の後ろには大きなソナー本体とリールのついたウインチがあり、他にもいろんな機械が積んであります。

Dscf1646
所属は122空。甲板が狭い上に見物人がいっぱいで機体全景は撮れず・・・・

Dscf1730
出港時にはメインローターが折り畳まれていました。
聞いた話だと、オートマチックで簡単に畳めるそうです。

海上保安庁のベル214(?)が何処からか飛んできて巡視艇を追いかけていったので、海上で展示訓練でもしたんでしょうか?

(FINEPIX F30)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 3日 (金)

今週末

千歳基地と三沢基地に記念塗装機が出現しているので、久しぶりに千歳の航空祭もいいかも!
と、密かに考えていたけど、台風接近で天気が怪しいですねえ・・・

ここはおとなしく、清水みなと祭りで海上自衛隊の護衛艦とエアロックのピッツでも見に行こうかな?
ピッツも新カラーに塗り替えたし。胴体だけだけど・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »