« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月27日 (火)

ピクチャーコントロール

日曜日にD300を持って試し撮りに出かけました。
今回はRAW+JPGで記録して、RAWファイルをいじって見ることにしました。
RAWファイルというのは、撮像センサーからの信号をそのまま記録したもので、RGB三色の色と輝度情報で構成されています。
同時記録のJPGファイルは、カメラ内部でRAWを計算処理をして写真を作り圧縮記録したものです。
JPGへの変換は、カメラの設定でいろいろ変えることが出来ます。

Dsc_0126jpg
JPGファイル。WB晴天。ビビッド。
Dsc_0126
RAW現像。スタンダードをベースに調整。

Dsc_0218jpg
JPGファイル。WB晴天。ビビッド。
Dsc_0218
RAW現像。スタンダードをベースに調整。

特に空の色と日の丸の赤が濃くなるようにしてみました。まだ試行錯誤中ですが、どんなもんでしょう?
プリントしたり、他のディスプレーで見たらまた色が違って見えるかもしれないので、さらに検討を続けます・・・・
同じ現像設定で先日のC46を現像するとこうです
Dsc_0055
さらに、ベースの設定をビビッドにするとこんな感じ。
Dsc_0055_01
上がプロビア調、下がベルビア調に見えるかな?

現像ソフト(Picture Control Utility)は、カメラに付属のもので、現像ソフトの設定をカメラにも読み込むことができます。
現像ソフトと同じ設定で撮れば、カメラで作るJPGファイルも同じような色になるはずだそうです。また実験して見なきゃ。
JPG(ノーマル)ファイルが一枚3~4MB。RAWファイルが一枚11~14MBくらいになります。
JPGでさくさく撮れる様になるのを目標にがんばります。
Dsc_0242_01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月24日 (土)

NIKON D300

ニコンのデジタル一眼レフカメラ「D300」が発売になりました。
実は私もとあるカメラ店で半分冷やかしで予約をしていました。まだ発売日も値段も判らない段階で、です。
で、発売日前日に、「入荷しました!」との連絡があり、とりあえず値段でも聞きにいこうかなあとカメラ屋へ・・・・・

いろいろ話をして、今回は雑誌やネットでも評判が良いらしいとのことで、いっぺん使って見るかあーっ!と買って帰りました!!
初めてのデジタル一眼レフです。

さっそく、いつものC46で試写。
ファースト・インプレッションは「なんじゃこりゃあ!」
Dsc_0025sd
買ったままのフルオート設定で撮ったものです。色が薄くて黄色っぽい。ホワイトバランスがおかしいのか?と、ホワイトバランス「晴天」にしたのが次の写真

Dsc_0029sun
黄色が抑えられてすっきりはしましたが・・・
比較に持っていったF30の写りはこうでした
Dscf2535
FINEPIX F30 P-MODE -0.3
何か設定が変なのか?一旦家に帰って説明書を斜め読み。jpegでは「ピクチャーコントロール」という機能で色をコントロールするらしい。
では、設定を変えて撮り比べしてみよう!

Dsc_0063sd
スタンダード

Dsc_0067sd1
スタンダード+1

Dsc_0066v
ビビッド

Dsc_0065v1
ビビッド+1

Dsc_0064v2
ビビッド+2

こんな風にしかなりません。もっと重厚な発色にしたいんだけどなあ。JPEGではなく、RAWで撮って現像処理をしろ!ってことなのかな?みんなどうしてるんだろう?
今回は、ピクチャーコントロールの調整機能のうち、クイック補正だけ試したので、詳細設定でうまく調整できれば良いんだけど・・・
それにしても、全自動JPEG一発で綺麗に発色できんもんかねえ。コンパクト・デジカメやエントリークラスの一眼レフではニコンもそこそこの色をだしていると思うんだけど、皆がRAWで撮るわけではないと思うが・・・・・
だれか設定の仕方を教えてくだされーーーー!

参考
Kla001
KLASSE S + RDP3 (ただし夏の撮影)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月23日 (金)

オートボルテージュ その5

今年の茂木はパフォーマンス好きのユルギス・カイリスやピーター・ベゼネイが欠席したので、いつもは真面目なロシア勢が頑張ってくれました。
スホーイ4機で「ロシアン・ファンタジア」と題してエキジビジョン飛行を行いました。

30225
飛びっぷりも堂々としてきた空飛ぶアイドル「スベトラナ・キャパニナ」滑走路でのサイン会では一番人気でした。(行列の長さで判断)

30720
ロシアのお母さん「スベトラナ・フェデレンコ」
でも年齢はキャパニナより若いらしい・・・・・

30620
唯一SU30を持ってきた「ビクトル・チュマル」
彼はグライダー・パイロットでもあるらしい。

30312
お馴染みのスホーイ・カラーで参加した「ミハイル・マニストフ」
優勝カップは彼が持ち帰りました!

31228
フォーメーション部門の優勝は、おなじみ「フライング・ブルズ」
マイクロ・ライトはカテゴリーが違う為に、エキジビジョン扱いでした。

30334
今回初参加の「マツダ・アエロバティック・チーム」は、南アフリカからはるばるやってきました。
ズリンからエクストラに機種変更したばかりだそうで、まだ実力を十分出せなかったみたいです。
HONDAが運営する茂木で、「Zoom! Zoom! Zoom!」の曲に合わせて演技をしました!やるなー

(NIKON F6 + VR328 + TC17 + RDP3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月21日 (水)

オートボルテージュ その4

日本人として、初めてオートボルテージュに参戦した室屋さん。
レッドブル・カラーのエクストラ300Sで登場しました!

31107

去年まで使っていたSu26は海外に置いてあるようで、日本国内ではこのエクストラ300Sを使うようになりました。
レッドバロン時代はエクストラ300Lで日本中を飛び回っていたので、機種変更は問題なかっただろうと思います。

31024

競技では、ロシアのベテラン勢を相手に互角の演技を見せました!
が、日曜日の演技ではポジショニングをミスして観客席真上まではみ出してラムシェバックを行って失格になりました。
見ている分には面白かったですが、危険な飛行ではあったかもしれません。下手すりゃレッドカードもんですなあ・・・・

30531

前にも書きましたが、レッドブルエアレースと日程が重なった為、有力選手が参加できませんでした。そこで室谷さんにオファーが来たのかな?レッドブルがスポンサーに付いたのも大きかったかも?
実績も出来たことだし、来年以降も室谷さんには頑張って欲しいですね!

30520

(NIKON F6 + VR328 + TC17 + RDP3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月20日 (火)

オートボルテージュ その3

今年初登場の飛行機はもう1機種。
「パイオニア300ホーク」イタリア製のこの航空機は、重量・エンジンのスペックから飛行機ではなく超軽量機(マイクロ・ライト)に分類されます。

31234
見ての通り、引き込み脚・フラップ装備で、アエロバティックス機よりもずっと飛行機らしい形態を持ちます。
重量290kg、エンジン出力100hp。エクストラやスホーイと比べると、重量で半分以下。出力で3分の1以下。とっても「エコ」な機体です。

31617

31624

抵抗の少ない機体形状で、少ないエンジン・パワーですから、編隊飛行はかなり大変なハズですが、彼らはきっちりと決めてくれます。
チーム・インストラクターは、イタリア空軍の曲技飛行チーム「フレッチェ・トリコローリ」のメンバーだそうです。

31632

31634

ループなど、曲技の出来ない機体ですが、見せ方がとても上手く、絵になるチームです。演技中に何度も観客席から拍手が起こりました。

31704
4機一斉に上昇しながらフレアー放出!クライマックスでーす!

31712
フィナーレはラインダンスの曲に乗って、レインボーカラーのスモークを曳きながらご挨拶。3番機のスモーク装置は故障?土曜日はちゃんと出ていたけど、曇りだったので・・・・

31806
演技終了後、その道では有名な航空カメラマン徳永氏が乗ったヘリと編隊を組んで、観客席をバックに写真撮影。写真に写るから皆さん手を振ってー!!

(NIKON F6 + VR328 + RDP3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オートボルテージュ その2

今年の茂木で一番豪快に飛んでくれたのが初登場のエクストリーム3000ではないでしょうか。

2006年に初飛行した本機は、ドイツのエクストリーム社が開発。パイロットのスタインバッハも設計・開発に携わっているそうです。

30430
そのプロポーションも独特で、短い胴体に翼弦の大きな主翼を組み合わせています。ラジコンの曲技機によくあるスタイルですね。
複合材料の技術革新と、コンピューターによる設計・シミュレーションによって開発された機体は、鋼管フレームのエクストラやスホーイに比べて新世代の曲技機となりました。

30422
優れたロール・レートはもちろんですが、特に目に付いたのが加速・上昇の良さ。
アエロバティックスの競技では、初めに上限まで高く上昇しておいて上空から演技を開始するパイロットが多いんですが、エクストリームは最低高度で進入して音楽スタートと同時に上昇しながら演技開始!上昇性能を見せつけてくれました。

30428
上空から加速しながらグランド・スタンド前を通過するスピードは今回最速だと思います。
競技の得点では、音楽に合わせて競技エリア内で飛ぶ方法に慣れていないのか、点数は最下位となってしまいましたが、見応えは十分で、エアショー・パフォーマンスとして見れば優勝してもおかしくないほどでした。
(NIKON F6 + VR328 + TC17 + RDP3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月14日 (水)

岐阜基地航空祭

岐阜基地航空祭も、前週の浜松基地に続いて快晴の1日となりました。

今年も基地内に入るのは諦めて南側の航空博物館側に行きました。早朝に着いた時には、周辺道路は車でいっぱい!ここ数年の航空祭の混雑は尋常じゃありません!いったいどうしてこんな事になってしまったんでしょうか?

29118 29125
飛行展示はオープニングと異機種大編隊の2回。間に救難隊など飛んだようですが、結構空き時間があって暇でした。

29318 29406
29237
飛行内容は概ね例年通り。あまり代わり映えはしなかったのですが、C1は銀塗装のFTBを使用し、かなり良い飛びっぷりを見せてくれました。

29417

29527

29727

29734
いいですねえ!銀塗装。昔はハチロクもサンサンもマルヨンも銀塗装だったんですよねえ・・・・・

29619 29707
こういう写真はちょっと飽きてきたなあ・・・・せめて記念塗装でもしてくれると撮り甲斐があるんだけどなあ。

29808

30036
ブルーインパルスは、博物館付近で撮っていると、遠くて課目の半分は捨てる形になります。
いつもとはちょっと違うアングルを探してシャッターを切ろうと・・・・・
アレ?ショーセンターで撮影していたのはいつのことだっけ?

(NIKON F6 + VR328 + TC17 + RDP3 大編隊は828)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月12日 (月)

エアフェスタ浜松

10/21 浜松基地で行われた航空祭の写真です。
当日は朝から快晴の青い空が広がり、久々に気持ちのいいエアショーとなりました。

27402
紅白塗装のT4と通常塗装のT4。と思ったら、手前のT4は機番に白の縁取りがあり、エアインテーク横にも何かマークが描かれていました。

27424 27427
救難隊は、MU2とU125。V107とUH60の新旧混成編隊を見せてくれました。来年にはMU2とV107は見られなくなっているはずです。

27709
浜松名物、E767の展示飛行も例年通りありました。

27926
小松基地から参加の2機のF15のうち、1機は戦競塗装機。
ナイフエッジを決める時には、ラダーを当てるだけでは足りないのか、右エンジンだけABを使う荒業を見せました。エンジンノズルの開度の違いが判りますか?

28025
F2はおなじみ試作3号機。ローアプローチ後の捻りに期待していましたが、手前で捻ってしまいました・・・・・

28103
大編隊飛行には制空迷彩塗装のT4も参加。なぜか赤いヘルメットを被っています。もう1機の迷彩塗装機は地上展示されていたようですが、あまりの混雑でエプロンに行く気力なく、撮れませんでした。

28529
ブルーインパルスは南基地駐車場で撮りました。前日の予行を外から撮ったので視点を変えようと思いましたが、歩いていったので遠かったです!撮影にはAWACSの格納庫がとっても邪魔なんだけどね。

28713 29026
外来機の帰る頃にはR/W09となりました。
ところで、基地外周の植木が成長してきていて、外撮りも厳しくなってきました。
昔は春になると草を焼いたり、植木を刈り込んだりしていましたが、最近は手入れもされずにだらしなくボウボウに伸びています。
いつも綺麗に刈り込んでいる米軍基地と比べると自衛隊はみっともないですね。
(NIKON F6 + VR328 + TC17 + RDP3
           B.I.のみAFS828)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年11月11日 (日)

小松基地航空祭

9月23日に行われた小松基地航空祭の写真です。

26527 2668

26626 2696

26709 26826

26730 26929

雨は降りませんでしたが、午前中は曇り空。午後になって晴れ間が広がりました。

早朝に鉄工団地駐車場に着きましたが、すでに待っている車が辺り一面の道路を埋め尽くしており、仕方なく空港の有料駐車場へ車を入れ、移動も面倒だったので車の横に椅子を出して、その場で写真を撮っていました。

(NIKON F6 + VR328 + TC17 + RDP3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 8日 (木)

Blue on the Bay Vol.1

随分時間が経ってしまいましたが、海兵隊カネオヘ基地のエアショーの様子を書いておきます。

Dscf0261
カネオヘ基地はオアフ島の東海岸カネオヘ湾の中にあって、珊瑚礁に囲まれた島ひとつが基地になっています。オアフ島とは2本の道路でつながっています。
東には切り立った山脈があり、ここはよく雨雲が発達する場所のようです。よって、海側は晴れ、山側は雨っていう不思議なところです。

Dscf0273
エアショーはとってもアメリカンな雰囲気(当たり前だ)で、以前のWINGS厚木のような構成です。
9時開門、飛行展示開始11時、17時終了。11時から休みなしに次々といろんな飛行機が飛びます。トリはもちろんブルーエンゼルス!

Dscf0312
飲食物は現金では買えません。写真のような「SCRIP」を買って食べ物と交換します。SCRIPを辞書で引いたら「軍票」でした。
1scrip=$1.25
ペットボトル1本が1scrip、バーガー1個が2scripでした。エアショー終了時にはバーガー2個1scripで投売りしていましたが・・・・・

Dscf0308
ブルーエンゼルスの列線前にはテントが張ってあり、スポンサー各社の有料予約席となっています。その横に有料ボックス席と有料グランド・スタンドがありました。
私が行った時には$10のスタンド席は売り切れ、$20のボックス席はあったけど、1人でボックスでもないのでやめました。
日本のように最前列で場所取りする人は少ないので、ブルーが始まる直前までは最前列にも入れます。

Dscf0354
民間のエアショー・パフォーマーが沢山飛ぶのも特徴的ですね。茂木の世界選手権のような高度制限がないので、演技中でもみんな滑走路スレスレまで降りてきます。
軍用機のデモは少なかったです。地元ヒッカムのF15くらい来てくれればいいのに、飛んだのはC17・C130・CH53・SH60といったところ。

Dscf0464
地上展示にも民間機が沢山展示されていて、いくつか興味深いものもあったので、後で紹介します。
軍用機は大型機ばかりで戦闘機系は無し!あくまでもBulue'sを引き立てようという狙いか?

つづく・・・・・

(写真の整理が追いつきません!浜松・岐阜・茂木のポジは袋に入ったままでチェックもしていません!小松も袋から出しただけ。36枚撮り56本たまっています・・・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 7日 (水)

オートボルテージュ

今年も茂木に行って来ました。
一般公開は3日間ですが、私は土曜・日曜の2日間観戦しました。天気は土曜日が午前中曇りで午後は快晴。日曜日は午前中快晴でしたが午後は積雲が発達して曇りがちでした。

Dscf1020

今回はレッドブル・エアレースと開催日が重なった為、常連のピーター・ベゼネイやクラウス・シュロットは欠席。カイリスも来ませんでした。

その代わりに、初の日本人選手「室屋義秀」氏が出場。
去年初飛行したばかりの新鋭機エクストリーム3000を売り込みに(?)開発パイロットのスタインバッハが参戦。など、話題も多かったです。

Dscf1028

フォーメーション・チームも3チーム参加して、機数は総勢16機。
特に、引き込み脚にフラップ装備というマイクロライト(!)を使う「パイオニア・マイクロライト・フォーメーション」は、期待以上の素晴らしい飛行を見せてくれました。
日曜日には、このチームを空撮しに徳永カメラマンが来ていて、ヘリに乗って編隊を組み、グランドスタンドをバックに写真を撮っていました。

Dscf1042

茂木名物のグランドスタンド前のローパスは今年も健在。オープニング1発目からガンガン来るし、競技終了後も3~4回づつローパスしてくれるので、撮影機会は去年よりずっと多かったです。

Dscf1077

ロシア勢は、「ロシアン・ファンタジア」と題してスホーイ4機でエキジビジョンを飛びました。これもなかなか良かったです。
グランドスタンド前ローパスは曲技禁止なので、バックストレートのラインでコンビネーション・ロールを見せるように飛ぶようになったのも良かったですね。

例によってフライトはポジで撮ったので、写真はしばしお待ちを。競技はビデオで撮って、スチールはローパスだけにしたのに、19本も撮ってしまいました・・・・・。ローパスの回数がとっても多かったんですよー!!
NIKONのブースには発売前のD3とD300が展示してあったので、ちょっと触ってみました。触っただけではよく判らんけどねー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 1日 (木)

ハワイの飛行場

ハワイの玄関口、オアフ島のエアスペースはこんな感じです。

Hawaii
赤い線は1回目のフライトの航跡です。約1時間で1周できます。

Dscf2234
ベロウズ空軍基地(BELLOWS AFS)。滑走路は閉鎖されていて、建物も出来ちゃっています。滑走路は5本あったようです。

Dscf2247
海兵隊カネオヘ基地(KANE'OHE MCBH)。米軍基地統廃合で戦闘機は引き上げましたが、P3やMH53などが配備されているようです。エアショー翌日なのでテントの一部が残っていたり、Blue'sが2機とファット・アルバートがエプロンに見えます。

Dscf2263
KAHUKU飛行場。2本の滑走路のうち、1つはゴルフコースになり、もう1つも半分ほど転用されています。もうすぐ消え去ってしまうんでしょうか?すぐそばにタートルベイ・リゾートという大きな施設があるんですが、ヘリポートがあるのでそっちを使うんでしょうね。

Dscf2276
陸軍ホイラー飛行場(WHEELER AAF)。島の中央部にあり、ゲートガードにカーチスP40が展示されています。今はヘリコプターのベースになっていて、チヌークが沢山いました。

Dscf2282
海軍フォード島飛行場(FORD ISLAND ALF)。数年前までここでタッチアンドゴーが出来たそうですが、今は滑走路は閉鎖されていてぺんぺん草が生えていました。歴史的な聖地として保存していくべき所ですね。

Dscf2287
空軍ヒッカム基地(HICKAM AFB)。手前が輸送機や空中給油機など大型機エリアで、海側の日除けのかまぼこ型屋根が沢山あるところがF15戦闘機のエプロンです。ホノルル空港に隣接していて滑走路を共用しています。

Dscf2288
ホノルル国際空港(HONOLULU INTL)。4本の滑走路を持つ国際空港。説明は不要かな?

Dscf2306
バーバーズポイント海軍基地(BARBER'S POINT NAS)。ここも米軍基地統廃合で撤退したところです。今はコースト・ガードのC130と民間小型機が使っているようです。ここで随分タッチアンドゴーをやらせてもらいました。

ノース・ショアにあるデリンガム飛行場を撮ればコンプリートでしたが、時間の都合で残念ながら行けませんでした。

番外編
Dscf2486
帰りの飛行機の都合でグアム経由になった為、グアム島のアンダーセン空軍基地も空撮できました。雲が邪魔だけど・・・・
(FINEPIX F30)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »