« オートボルテージュ その2 | トップページ | オートボルテージュ その4 »

2007年11月20日 (火)

オートボルテージュ その3

今年初登場の飛行機はもう1機種。
「パイオニア300ホーク」イタリア製のこの航空機は、重量・エンジンのスペックから飛行機ではなく超軽量機(マイクロ・ライト)に分類されます。

31234
見ての通り、引き込み脚・フラップ装備で、アエロバティックス機よりもずっと飛行機らしい形態を持ちます。
重量290kg、エンジン出力100hp。エクストラやスホーイと比べると、重量で半分以下。出力で3分の1以下。とっても「エコ」な機体です。

31617

31624

抵抗の少ない機体形状で、少ないエンジン・パワーですから、編隊飛行はかなり大変なハズですが、彼らはきっちりと決めてくれます。
チーム・インストラクターは、イタリア空軍の曲技飛行チーム「フレッチェ・トリコローリ」のメンバーだそうです。

31632

31634

ループなど、曲技の出来ない機体ですが、見せ方がとても上手く、絵になるチームです。演技中に何度も観客席から拍手が起こりました。

31704
4機一斉に上昇しながらフレアー放出!クライマックスでーす!

31712
フィナーレはラインダンスの曲に乗って、レインボーカラーのスモークを曳きながらご挨拶。3番機のスモーク装置は故障?土曜日はちゃんと出ていたけど、曇りだったので・・・・

31806
演技終了後、その道では有名な航空カメラマン徳永氏が乗ったヘリと編隊を組んで、観客席をバックに写真撮影。写真に写るから皆さん手を振ってー!!

(NIKON F6 + VR328 + RDP3)

|

« オートボルテージュ その2 | トップページ | オートボルテージュ その4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オートボルテージュ その3:

« オートボルテージュ その2 | トップページ | オートボルテージュ その4 »