« D300のその後 | トップページ | D300テスト »

2007年12月23日 (日)

太平洋航空博物館

最近ネタがないので、ハワイの真珠湾にある「太平洋航空博物館」(Pacific Aviation Museum )を紹介します。

Dscf0701
博物館は、太平洋戦争時代の旧管制塔前にある格納庫にあります。
入ると映画館に案内され、真珠湾攻撃についての映画を見させられます。アリゾナ記念館でも同じような映画を見せられるので、またか!って感じです。

Dscf2359
入り口にあるフォード島の壁画。1941年12月7日の真珠湾の様子が描かれています。急降下しているのは日本軍の「99艦爆」
上の写真の管制塔も描かれています。

Dscf0672

Dscf2352
日本海軍の零式艦上戦闘機21型。
12月7日早朝の空母の甲板を模したディスプレーになっています。
この機体は、かつてCAF所属の復元機「鰒」として全米で飛行していましたが、老朽化で飛行不能となり、ここに買い取られたようです。

Dscf0665 Dscf2354
天井から吊下げられているこの2機は、真珠湾攻撃時に第1発見者となった練習機と、かろうじて迎撃に上がった?とされるP40

Dscf2362
Dscf0679
爆撃機B25は、初めて東京を空襲したドーリットル隊を再現し、空母ホーネット甲板を模したディスプレーになっています。

Dscf0688
SBDドーントレスは、日本海軍の空母に向けて、急降下爆撃を仕掛けるところを再現。胴体下に爆弾を付け、大きなダイブ・ブレーキを展開しています。

Dscf0685
Dscf0692
F4Fワイルドキャットは、南方戦線での様子をちょと疲れた感じで再現。なんで疲れちゃったのかは不明・・・・

Dscf0699 Dscf2380
この練習機だけはコクピットが見られるようにステップが設けられています。

Dscf0700
Dscf2383
おしゃれなレストランと巨大なサンドイッチ!
毎日こんなもん食べてりゃあ大きくなるわなあ。
売店では航空グッヅや書籍などがたくさん売っています。

まだ開館1年と新しい施設で、展示機も少ないですが、今後2009年と2011年に新しい展示格納庫がオープンの予定だそうです。
航空の歴史をジオラマで見せるというコンセプトは面白い試みですが、純粋に飛行機だけ見たい人にはちょっとどうかなあ?

|

« D300のその後 | トップページ | D300テスト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 太平洋航空博物館:

« D300のその後 | トップページ | D300テスト »