« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月20日 (水)

KC767

「20日に振替休日をとってください」と上司に命令されてしまいました。天気は良さそうです。アグレッサー巡回教導の百里基地も行きたかったのですが、KC767が来るかも?と報道のあった岐阜基地も気になる。
で、岐阜に賭けることにしました。

Dsc_2482
11時30分。米国ボーイング工場より、納入期限を1年も遅れて注文の品が空輸されてきました。

Dsc_2489
よく晴れて、雲量1/8位にもかかわらず、斜め前ではポッコリ浮かんだ雲の下に。色が随分変わりますね。

Dsc_2495
機首に「601」の番号。尾翼には米国記号の「N763TT」とありますが、これは白いステッカーに描かれていて納入前に剥がすようになっています。納入まではまだ某商社の物です。
某商社は、納入期限を1年も遅れたことで違約金約20億円を支払うようです。価格の10%が違約金上限額という契約だそうな。1機の価格は220億円以上です。

Dsc_2496
尾部のアップ。下部の棒が「フライング・ブーム式空中給油装置」
その前方の出っ張りがモニターカメラ収納部だと思われます。KC767は「窓」ではなく「モニター画面」を見てブームを操作します。

大きなドアがあり、貨物機としても利用できるので、C-Xの実用化まで実質一番航続距離の長い輸送機としても使うことになるはず?
政府専用機の例もあるのでそうなるとは限らないが。(政府専用機も内装変更で要人輸送以外にも使うことにはなっている)

到着したKC767は、通関・整備のあと29日に自衛隊に引き渡されるそうです。

(NIKON D300 + AFS80-200 WB晴天 ss1/1000 f8 iso200 JPG)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年2月18日 (月)

先日たまたま通りかかった工場の敷地上空に、数十羽のトンビがガグルを作って飛んでいるのを発見しました。
車にカメラバックも積んでいたので、早速D300とVR80-400を取り出して写真を撮ってみました。

Dsc_22921

Dsc_23061

Dsc_23171

RAW+JPGで撮ったけど、オートホワイトバランスで記録したJPG画像は、やっぱり空の色が黄色く転んでしまうので、RAWファイルを太陽光で現像して、空の明るさを少し暗く調整しました。

Dsc_22971

Dsc_23001

近くの川にもこんな鳥がいたので、近寄ったら逃げられました!突然飛んだのでこっちもビックリしてブレちゃった。

Dsc_23031

これも岸辺に見つけて近寄ったら逃げた。自動露出では光の反射に吊られたのか露出アンダーになったので、RAW現像時にDライティングを適用してシャドー部を明るくしています。

Dsc_23231

鳥は動きが読めないので難しいですねえ。被写体としては面白いとは思いますが、かなり練習が必要なようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月11日 (月)

浜松城

この連休は冬山訓練に行こうと計画していたのですが、車で出発したら路面はツルツルで、道中にはスピンしてバンパー飛ばした車や歩道を乗り越えてガードレールに引っ掛かった車などが次々現れ、私らの車もお尻フリフリで走行していたので、これ以上は危険と判断しRTB(Return To Base)しました。

翌日は天気も良かったので、暇つぶしに「ナチュラ・クラシカ」を持って浜松城に行って来ました。

Fh000002
浜松城に行ったのは30年ぶりくらいでしょうか?久しぶりに見た感じは「こんなにちっちゃかったっけ?」昔はもっと大きく見えたんでしょうね。

Fh000007
天守閣は昭和33年に再建されたそうです。同じ時期に再建された他のお城もそうであったように、鉄筋コンクリートで作られています。
入り口で150円払って内部の資料館を見学できます。

Fh000008
浜松城の特徴はこの石垣。徳川家康によって約400年前に築かれました。
野づら積みという戦国時代によく見られる古い形式の石垣で、内部に行くほど太くなっている大きな石を組み、隙間に小さな石を差し込むことで堅牢な造りになっているそうです。

Fh000018
天守閣中央地下にある井戸。万一の篭城の時に生命線となるものです。

Fh000026
浜松城公園から見た天守閣。天守閣や本丸は江戸後期の地図には書かれておらず、櫓と二の丸が城の機能を持っていたようです。

Fh000032
浜松城公園では、様々な鳥の他にこんなリスも何匹か見ることが出来ました。(写真は56ミリで撮ったものをトリミング)

Fh000034
ここは、浜松城から国道を挟んで東にある引馬城跡。浜松城は引馬城を西に拡張して建設されました。今は神社が建っています。由緒ある神社も戦争で焼けて、戦後に鉄筋コンクリートで再建されています。
(NATURA CLASSICA + NATURA1600)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 9日 (土)

富士山空撮

今回は、関東からの帰りに北側から富士山に接近。

Dscf1541
関東平野は快晴でしたが、山の多いこの辺りでは結構雲がでていました。右手の甲府盆地から松本方面も快晴のようです。八ヶ岳や南アルプスもよく見えました。

Dscf1548
河口湖周辺はすっかり雪景色!
空撮のために窓を開けると冷たい風がヒューーーー

Dscf1556
富士山麓の天神山スキー場は、スキーヤーで賑わっているようです。

Dscf1557
いい感じの雲がかかってます。
私は後席で観光モードだったんですが、パイロットは雲の上を行くか下を行くかで迷っていたようです。

Dscf1568
結局、雲上飛行を選択。上空は快晴なので富士山もよく見えました。

Dscf1566
望遠で頂上をアップにしてみました。
中央が測候所のある剣が峰です。こうしてみると、結構地肌が見えているんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 6日 (水)

関東の基地

先週関東方面を飛んだときの空撮です。

Dscf2656
米軍相模原補給廠。
基地内に無線航法施設「ZAMA NDB」があり、厚木基地と横田基地管制圏の間を抜けるコースを飛ぶときにお世話になります。昔はここにも滑走路があったそうですが、いまは閉鎖されています。
ところで、なぜ「SAGAMI NDB」と名付けなかったんでしょう?近くに「キャンプ座間」があり、その中にはキャスナー飛行場があって「KASTNER NDB」が設置されています。
つまり、座間市にあるのが「KASTNER NDB」
相模原市にあるのが「ZAMA NDB」なのです。
(写真のコンテナ置き場近くの赤白鉄塔がアンテナだと思われます)

Dscf2670
陸上自衛隊 朝霞駐屯地。
ここへは随分昔に一度だけ行ったことがあります。
10月末に行われる自衛隊観閲式を見学に行って、写真奥に見える滑走路跡地で戦車や戦闘機の観閲行進を見ました。
その時、訓示をしたのは中曽根総理(当時)でした・・・・・・

Dscf1514
航空自衛隊 入間基地。
北側のファイナル・アプローチ・コース上から。
入間基地は、学生時代に何度か行きましたが、最近はとんとご無沙汰しています。この日は土曜日でしたが、C1が飛んでいたようです。

Dscf1519
ちょっと遠いけど、米軍 横田基地。
以前はよくオープン・ハウスに行きましたが、最近は行っていません。

関東西部は、厚木・横田・立川・入間・調布・キャスナーと管制圏を持つ飛行場が沢山あり、上空は横田レーダーが覆っていて空域が込み入っており、トラフィックも多いので非常に気を使うエリアです。

<おまけ>
Dscf2660
新百合ヶ丘

Dscf2667
石神井公園

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 3日 (日)

ホンダ・エアポート

先週、埼玉県の桶川にあるホンダ・エアポートに行って来ました。
名前の通り、自動車会社のホンダが運営する飛行場です。

大宮市街地上空でラジオ・コンタクトして、ストレートで着陸しました。

Dscf1494
草地のエプロンに駐機して、迎えのステップワゴンで事務所まで連れて行ってもらいました。

Dscf2675
事務所で着陸料を払って、しばらく休憩。着陸料は官営の空港よりは高いです。
滑走路は河原にあり、事務所は堤防を越えたところにあるので、ちょっと距離があります。初めて行きましたが、なかなか綺麗な建物でした。
埼玉県の防災ヘリの基地もここに置かれています。

Dscf1502
トラックの荷台に載せられた管制塔。

Dscf1504
出発しようと思ったら、パラシュート・ジャンプが始まったので、全員降りるまで少し待機しました。

Dscf2678
ようやく離陸。エプロンは舗装してある所と草地に鉄板を敷いた所があります。

Dscf2681
堤防の内側にある事務所と格納庫。

Dscf2683
飛行場全景。画面左端あたりの芝地に丸い円が描かれている所が飛行船の駐機場だとおもわれます。

往復の道中に空撮した写真は、後ほどUPする予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 1日 (金)

百里空港

航空自衛隊百里基地の西側では、「茨城空港」の建設が進んでいます。

Dscf2724
フェンスの内側、奥が基地です。
計画では、平行滑走路とターミナルビルを新設するそうです。
でも、空港側にタキシー・ウエイは作らないようで、離発着する旅客機はランウエイ・バックで運用するつもりなのかな?
そんなことするくらいなら、小松のように滑走路は自衛隊と共用にして空港側にタキシー・ウエイを作った方が運用しやすいと思うんだけどなあ?
どうしても空港を作りたいなら滑走路は別にしろ!と防衛庁(当時)に言われちゃったのだろうか?

いつもの撮影ポイント付近もガラリと景色が変わってしまいました。ターミナルビル周辺には、エアフロント公園を整備する計画らしく、「お弁当食べながら飛行機を見られるようにします」と、茨城県は言っています。

Dscf2723
鬱蒼とした森だったところが、ばっさり切り倒され見違えてしまいました。ここら辺は公園になる辺りか??

基地正門側の北にあったゴルフ練習場付近も変わってしまいました。
Dscf2721
以前の外周道路は閉鎖され、なにやら大きなアンテナが作られています。車が通らなくなって静かになったので落ち着いて写真が撮れる様にはなりましたが、いつまでこの状態なのかは判りません。

工事の進捗によっては撮影ポイントもどうなるかわからないですね。
コンビにが近くに出来たのは便利になりました。

空港のHPはこちら
http://www.pref.ibaraki.jp/bukyoku/kuko/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »