« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月29日 (火)

D300の色

D300の発色傾向を確かめる為に、先日の厚木桜祭りでプロビア100Fと撮り比べをしてみました。

D300の設定は、ピクチャーコントロール・スタンダード。ホワイトバランス・晴天。JPGファイルのリサイズのみ。

プロビア100F(RDP3)はクールスキャン4でデジタル化。スキャナの性能上コントラスト調整のみ実施。カラーバランスは初期設定のまま。

Dsc_2769 D300

32218 RDP3
青空の描写が全く違います。RDP3は鮮やかな記憶色。D300は忠実な春霞。
D300の画像の彩度・濃度を上げて空の色をRDP3並みにすると、尾翼の星条旗の赤や青がどぎつい色になってしまいます。2枚を比べれば、彩度が高いのはD300の方。RDP3は色に深みがある感じ。D300は彩度が高いのに空色が出ないのはなぜ?
ニコンの製品紹介では
「光学ローパスフィルターに赤外線カットコートを使用することで赤かぶりを抑制し、紫外線カットコートにより画面周辺部の画質低下を抑えて、高解像度の維持とモアレの抑制を両立。より精緻な画像を実現します。」
とあります。この赤外線・紫外線カットが空の色に影響しているのかなあ??

Dsc_2778 D300

32233 RDP3
この2枚で注目は黄色の再現。胴体の「Chippy Ho!」の文字はどちらも黄色ですが、尾翼の白頭鷲のくちばしがD300ではオレンジになってしまいます。本物はもちろん黄色。
日陰部分の黄色がオレンジになる現象は、他の機体でも全てで確認できます。
また、コンクリートは色無しのグレーですが、D300では黄ばんで見えます。

Dsc_2797 D300

32309 RDP3
今度は中間色である緑色の再現。D300はカーキグリーン。RDP3はダークグリーン。
本物はどっちの色かといえば、RDP3のダークグリーンでしょう。D300は全体に黄ばんで見えます。D300のマニュアルでは、ホワイトバランス「晴天」は5200Kである。と書いてあります。これをいじれば黄ばみを抜けるかもしれないけど、晴天以外のときにまた困るんですよね。

色以外に違うのは、被写体の立体感というか質感というか、モノとしての存在感というか。RDP3のほうが生々しい。D300は絵に描いたようで存在感が希薄になってしまう。粒子が無くて綺麗ではあるんだけどね。フィルムをルーペで見たときの質感をディスプレーで再現することは難しいけど、それでも少しは違いが判るんではないでしょうか?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年4月26日 (土)

AVIATOR

エアショーでの楽しみの一つが、パイロットやメカニックなどに会えること。
そんな写真を集めてみました。

32324

32335

Dsc_2791

Dsc_2794

Dsc_2824

Dsc_2832

Dsc_2876_2 

Dsc_3060

Dsc_3197

Dsc_3205

初めの2枚はF6、残りはD300で撮影。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月20日 (日)

天城越え

「天城越え」といえば、石川さゆりの大ヒット曲。
「あなたと越えたい天城越え~」っといきたい所ですが、男3人でC172での旅でした・・・・・

Dscf2743
アプローチは、ショートカットして土肥から湯ヶ島へ。写真奥に見える港は戸田港です。山桜が沢山咲いていました。

Dscf2746
天城峠を越えると河津七滝ループ橋があります。ぐるぐると道路が2回転。

Dscf2748
河津の市街地。河津桜は時期が過ぎていたようで、もう葉桜となっていました。

Dscf2751
天城山(4613ft)

この後、歌に出てくる「浄蓮の滝」を探そうとして付近をうろうろ。
ようやく見つけたのがこちら。

Dscf2755
「九十九折り 浄蓮の滝
舞い上がり 揺れ堕ちる肩のむこうに
あなた・・・山が燃える」
いつのまにか、鼻歌を歌いながら操縦していました!
観光バスが停まっていたので判りましたが、空からは陰になって見つけにくいです。

200804051
飛行ルートはこんなふうでした。
(FINEPIX F30)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月19日 (土)

FSW(FISCO)

4/5に富士スピードウエイを空撮してきました。

Dscf2782
富士山とサーキットを1枚に収めてみました。富士山が大きく見えますねえ。

Dscf2785
画面一番手前の大きなRのついた舗装路は、伝説の30度バンク。計画当初NASCAR用のオーバルコースを作る気だったそうです。が、建設・舗装技術が未熟で路面状態が悪く、事故が相次いで30度バンクは閉鎖となりました。

Dscf2796
このコースは、かつて世界有数の高速コースとして有名でしたが、バブル崩壊とともに経営が悪化。三菱地所からトヨタ自動車が買い取って、施設を大改修してF1GPを開催することが出来るようになりました。
しかし、昨年のレースでは、観客からもドライバーからも不満続出。施設・運営の不備に加えて、抜きどころが少なくコースが面白くない。と、散々の評価だったようです。

そもそも、富士山のふもとにあるレーシング・サーキットは標高が高く、山の影響もあって天候が不順で霧の発生も多く、立地条件は良くありません。雨や霧の中、無理してレースをスタートさせて多くのレーサーが死傷しています。
トヨタにとっては、今年のレースが正念場。出来が悪ければF1GPは鈴鹿に戻っちゃうかも??

Dscf2790
スピードウエイの隣には、広大な墓地が併設されており、レースで命を落としたレーサー達が永遠の眠りについています・・・・・
というのはウソで、隣にあるのは「富士霊園」という一般墓地。誰でも入居できます。
ここは桜の見所としても有名ですが、標高が高いので見頃には少し時期が早かったようです。

(FINEPIX F30)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月15日 (火)

さくら祭り その2

ようやく厚木で撮ったポジをスキャンしたので、CVW5所属機から紹介します。

32224
モデックス100番は、ダイヤモンド・バックスのF/A18F。

32221
200番は、ロイヤル・メイスのF/A18E。

32230
300番は、ゴールデン・ドラゴンズのF/A18C。

32233
400番は、ダムバスターズのF/A18C。

32236_2 
500番は、ガントレッツのEA6B。

32330
600番は、リバティ・ベルズのE2C。

32232 
610番は、チャージャースのSH60F。

32226
700番は、ウオーローズのSH60B。

32217
32番は、プロバイダースのC2A。

各飛行隊フルカラーのCAG機を展示してくれたのは良かったんですが、ロープが張られていないので人をいれずに写真を撮るのは大変です。まあその分間近で細部まで見ることが出来るわけですが。
また、排気管とジェット・インテークにはカバーがありましたが、ピトー管や各部センサー・アンテナなどはカバーが無く、観察するには好都合でした。
(NIKON F6 + VR24-120 + RDP3 + COOLSCAN4)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月14日 (月)

広報館イベント

航空自衛隊浜松基地の広報館で行われたイベントに行って来ました。
広報館では毎年この時期にイベントをやっていますが、今年は瀬戸大橋20周年記念式典でフライバイを行う為にブルーインパルスが来ていて、彼らの離着陸も見ることができました。

Dsc_29661
着陸後、広報館前の誘導路を進むブルーインパルス御一行様。

Dsc_30241
松島基地へのお帰りは、スモーク・オン・テイクオフ。

Dsc_30531
広報館エプロンで準備中のT4。

Dsc_31101
3機のT4でデモフライト。地上の1機は予備機でした。

Dsc_31561
正面からランプ・イン。ありがとうございました。

(NIKON D300 + VR80-400 + TAMRON A16)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 9日 (水)

クラッセでC172

クラッセSに1ヶ月ほど入れっぱなしだったリバーサル・フィルムをようやく現像しました。

K003
C172のライカミング製水平対向4気筒航空エンジン。

K009
C172で飛行中のコクピットから。

K006_2
ビーチ・ボナンザ。こいつは6気筒エンジンです。

おまけ
K012
久能山の石垣イチゴ。腹いっぱい食べました!

クラッセのレンズは良いです!F6で常用のVR24-120よりも解像力は確実に上回っています。高倍率ズームレンズと単焦点レンズの違いはありますが。
(KLASSE S + RDP3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 7日 (月)

さくら祭り

この季節の恒例行事として定着してきた感のある、「米海軍厚木基地さくら祭り」に行って来ました。

10時開門とのことだったので言葉どおり10時に正門前に着いたら長蛇の列!最後尾までかなり歩いて並びました。今日地図で調べたら正門から700m程度。
列はなかなか進まず、基地内に入ったのは11時55分。なんと2時間も待たされました!!
ゲートを通れるのは一人ずつ。空港でよく見かける金属探知機とX線検査機が待っていました。そこまでする必要があるのか?子供連れの家族など途中で諦めて帰ってしまう人もいました。

基地内の桜は満開を過ぎて散り始めてはいましたが、まだまだ残っていました。
そんな桜と飛行機の写真を何枚か紹介します。

Dsc_2903

Dsc_2905

Dsc_2886

Dsc_2908

Dsc_2913
最後は、厚木基地と言えばこの人。GHQ最高司令官として終戦直後の厚木に降り立ったマッカーサー。

この前厚木基地に正門から入ったのは、まだF4ファントムとかA7コルセアとかの時代だから、20数年ぶり。シャトルバスでエプロン直行だとゲートガードなんて見に行かないからねえ。遠くて。
エプロンの展示機は次回紹介します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »