« 松本 | トップページ | こっちもGPS »

2008年8月24日 (日)

GPS内臓デジカメ

先日、ニコンから新しいクールピクスのラインナップが発表され、その中にGPS内臓デジカメがありました。

COOLPIX P6000
P6000_01_2

このブログでもよく紹介しているように、私は飛ぶときにGPSでトラック・ログ(航跡)を保存していて、デジカメで空撮した写真のEXIFデータの時間と照らし合わせて撮影場所を推測しているんですが、デジカメの時計がバカなので苦労するんですよ。

GPS内臓のデジカメならその点はバッチリですね!
広報資料にはGPSモジュールの名前や性能には一切触れていないので、測位性能や測位にかかる時間など詳しいことは判りませんが、少なくともカメラの電源を入れてから測位完了まで待ってシャッターを切らないといけないんだろうか?
GPSモジュールとカメラ部の電源が別々ならGPSだけ起動させて初期測位をさせておいて、いざ撮影となったらカメラ部のスイッチをONにすればすぐに撮れると思うけど。どうなんだろ?

ちょっとググッて見たら、PMA2008で台湾のOEMメーカーがデジカメ用GPSモジュールの展示をしていて、「OEM供給は9月以降になるであろう」などとあるので、ここのGPSモジュールだろうか?

ところで、我がNIKON D300にもGPSデータ記録機能があって、我がGARMIN eTrexとケーブルで接続すれば、「画像データに撮影時の緯度・軽度・標高・UTC・撮影方向が記録されます」とありますが、まだ試したことはありません。

でも、GPSロガーは持っているので、デジカメの時計を電波時計にしてもらえば位置情報の整合性は取れるんですけどね。GPS内臓なら撮影方向も記録できるからそっちの方が良いかな?

ニコン クールピクス へのリンク
http://www.nikon-image.com/jpn/products/camera/compact/coolpix/p6000/index.htm
http://www.nikon.co.jp/main/jpn/whatsnew/2008/0807_p6000_02.htm
http://www.nikon-coolpix.com

GPSデジカメ記事へのリンク
http://journal.mycom.co.jp/articles/2008/02/05/pma09/
http://japan.cnet.com/review/column/story/0,3800080778,20343901,00.htm
http://www.atpinc.co.jp/support/data/GPSreader_Japanese_20080310.pdf

|

« 松本 | トップページ | こっちもGPS »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GPS内臓デジカメ:

« 松本 | トップページ | こっちもGPS »