« 伊豆諸島 | トップページ | 松本 »

2008年8月17日 (日)

原田コレクション

河口湖自動車博物館の飛行館は、毎年8月の1ヶ月間だけ公開しています。

以前から復元中だった零戦52型がほぼ完成した、とのことで見に行ってきました。
ここへはもう何度も行っているので、渋滞予想も万全にスイスイと行けましたよ。
避暑地なので、まともに行くと渋滞にはまる事間違いないです。

Dsc_8006
ついに完成した52型。ご苦労様です。

Dsc_7945
この機体はエンジンに特徴があり、出力を向上した栄31型が搭載されています。
そのため、今年の公開ではエンジンがよく見えるようにカウリングを外したまま展示されました。

Dsc_7999
骨組みだけの頃から何度も公開されていますが、完成した姿を見ると立派です。関係者の努力の賜物ですね。

Dsc_8034
先に完成している21型は、尾翼のマーキングを変更して公開されました。
真珠湾攻撃に参加した空母「赤城」所属機の塗装になっています。

Dsc_8036
どちらも新造機のようにピカピカに仕上がっています。オリジナル度がどうのこうのと言う人もいますが、残骸状態の飛行機をここまで修復する労力を考えたら頭が下がりますね。
一人1,000円の入場料では到底元は取れないと思います。関係者の情熱がなければこんな事は出来ないですよね。館長さんは相当な私財を注ぎ込んでいるんじゃないでしょうか?なにして稼いでるんだろ??

公開は8月末まで、皆さんも是非見に行ってください。

Dsc_8031

館内は薄暗いので、ISO400以上は必要です。狭いので三脚は禁止。感度を上げて手持ちで頑張りましょう。

Dsc_8019
手前は復元中の21型の主翼。以前残骸状態で展示していたもの。もうこんなに綺麗になっているんですね。
これが完成すると5機目になるのかな。あとの2機は三菱重工と靖国神社に貸し出されています。
(NIKON D300 + 16-85)

|

« 伊豆諸島 | トップページ | 松本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 原田コレクション:

« 伊豆諸島 | トップページ | 松本 »