« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月25日 (土)

伊豆諸島

ちょっと季節外れになりましたが、夏に撮った写真です。

Dscf1970
伊豆半島の剣崎。海岸線がのこぎりの歯のようになっています。

Dscf1976
伊豆大島の灯台。大島空港へのファイナルから撮ったもの。

Dscf2034
大島の南に浮かぶ利島。三角帽子のような小さな島ですが、人家があります。

Dscf2045
鵜渡根島。これは無人島かな?

Dscf2048
北側から見た新島です。島の上部はなぜか平らになっています。なんでだろ?

Dscf1971
積乱雲と太平洋。

視程が良くないときの洋上飛行は、航法がしっかりしていないとあさっての方にいってしまいます。

地上目標により位置と針路を測定する飛行を地文航法と言って、有視界飛行方式(VFR)による飛行を実施しつつ位置と針路の測定を計器に依存して行う飛行を計器航法と言います。
さらに、姿勢・高度・位置・針路を計器のみに依存して行う飛行を計器飛行と言い、また、管制機関の指示に常時従って飛行することを計器飛行方式(IFR)と言います。
ついでに、VMCは有視界気象状態。IMCは計器気象状態です。

で、上記の洋上飛行はVFRによる計器航法ということになり、計器飛行証明を持たないパイロットの場合は、飛行距離110キロメートルまたは飛行時間30分を越えて計器航法を行ってはならないとされています。
実際の運用となるといろいろなケースがあって教科書どおりにはいかないんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月18日 (土)

静岡ヘリポート

静岡ヘリポート祭りに行ってきました。

といっても滞在1時間ほどでしたが。
会場内は意外に?盛況で、私の貰った「おたのしみ抽選券」はNo.2287でした。
実際にざらっと見た感じ200人以上はいたかも・・・・・・・?

Dscf2181
静岡市が政令都市記念(?)で導入した消防ヘリ。本格運用は10月1日から。
先日は南アルプスの荒川岳の山小屋で急病人が出て、初めての山岳救助に行ったんだとか。
写真手前に写っているのが胴体下に貼り付けるタイプの消化タンク。奥に写っているのがぶら下げタイプの消化バスケット。

Dscf2179 愛称は「カワセミ」です。ドアにはマスコットの絵も。

Dscf2196
こっちはおなじみの「オレンジアロー」静岡県の防災ヘリですね。
午前中に消防ヘリのデモ飛行。午後に防災ヘリのデモ飛行があったようですが、お昼に行ったのでどっちも見られず残念。

Dscf2189
ハイビジョン生中継のデモを行ったNHKの取材ヘリ。
かなり遠くから望遠で撮ってもブレもせず鮮明に会場を映し出していました。

Dscf2184 中継ヘリをパラボラアンテナで追いかけるおにいさん。

Dscf2198
HELILIFTという機械と置かれていたSBSテレビの取材ヘリ。
何する機械でしょう?リフトだからトレーラーとかに積むためのものかな??

Dscf2182 Dscf2192
各社の取材ヘリも見ることが出来ました。

Dscf2191
2機のヘリでぐるぐると体験飛行が行われていました。
時間が無く、抽選途中で会場を後にしましたが私の抽選券当たったのだろうか?

さて、明日は百里基地で航空観閲式。小月基地で航空祭。福島スカイパークでりんご祭り。
百里では「ブルーインパルス」。小月では「ルーキーフライト」。福島では「エアバンディッツ」が曲技飛行を披露します。
一番見ものは福島かなあ。Su26、Yak50、JUKA、EXTRA300、Pitts、B4がアクロをやるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月13日 (月)

ブルー

小牧基地航空祭を午前中見てから、高速道路を走って浜松基地へ移動。翌日開催の浜松基地航空祭で飛ぶブルーインパルスの予行を撮影しました。

浜松も快晴で、久々に青空バックのブルーインパルスを見たかも。

Dsc_00371

Dsc_01021

Dsc_01111

Dsc_01191

写真はD300で撮影して、RAWファイルをCaptureNXで現像したものです。
コントラストや濃度・彩度をいじっています。同時記録のJpegではこんな色は出ません。
NIKON純正の現像ソフト「CaptureNX」が激重だ、というのは以前にも書きましたが、痺れを切らして新しいパソコンを買ってしまいました!買ったのは先月ですが、Windows Vistaなので、周辺機器のドライバもVista用を探して入れたりといろいろ設定があり、最近ようやく使えるようになってきました。
で、現在私の部屋には、Windows 98,XP,Vistaと3台のPCが並んでいます。同じ写真をそれぞれに表示すると・・・・みんな色が違いますね・・・・・
ディスプレイのプロファイルはネットから探して入れたんだけど、製品に付属していないのはなぜ?まあ4万円弱のディスプレイに多くを期待しちゃ駄目かもしれないけど。プロの写真家が使うAdobeRGB表示のディスプレイは15~20万円程するそうです。
私が買ったのは、sRGB対応(これは当たり前)NTSC比92%表示とある22型ワイド。HDMI端子が付いているので、今まで撮ったハイビジョンビデオがやっとハイビジョンで見られるようになりました。
上下に視点を動かすと画面の色が変わって見えるのは安いディスプレイだから仕方ないですね。

デジカメはお金がかからないって誰が言ったんだ????

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 8日 (水)

浜松基地航空祭

小牧基地航空祭の翌日、日曜日は浜松基地の航空祭でした。

朝のうちは青空も見えていましたが、次第に雲が出てきて昼前にはポツリと雨も落ちてきて気分はブルー・・・・・。
結局本降りになることはなく、ブルーインパルスも第1区分を実施しましたが、写真的にはいまひとつでした。

Dsc_01561
相変わらず豪快な飛びっぷりのE767AWACS。
お腹にもアンテナがずらりと並んでいます。

Dsc_03121
岐阜から飛来したのは小松の時と同じF2の1号機。
その小松からはF15が2機来ましたが、真っ直ぐ飛んだだけで帰ってしまいました。1機でもいいから機動飛行をしてほしかったです。

Dsc_0345
地元浜松のT4は11機が飛び、9機編隊とソロ機動を見せてくれました。

Dsc_0027 Dsc_0047
救難隊のMU2とV107は今年が最後の航空祭。今年度中には退役の予定です。
特にMU2は機動飛行とも思えるような熱いフライトを見せてくれました。
会場には年末公開予定の映画「空へ-救いの翼-」で主役を演じた女優も来ていたらしいですが、彼女の父親は自衛官で、新潟救難隊でのMU2の墜落事故で殉職しているそうです。MU2のデモフライト見られたのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 5日 (日)

小牧基地航空祭

10月4日に小牧基地の航空祭に行ってきました。

天気は快晴。風も無く気持ちの良い日でした。
航空祭の内容の方は、いつになく展示機も少なめだったような気もしますが、こんなもんかな?

Dsc_90511
初公開の空中給油・輸送機KC767。のっぺらぼうのB767ではありませんよ。

Dsc_90311
もう救難隊の展示飛行が始まってますね。

Dsc_90371
岐阜のF2は兵装満載で展示されました。
戦闘機はこのF2と小松のF15の2機だけ。

Dsc_9103

Dsc_9133
C130は上写真の3機でデモフライトを行いました。
結構派手に飛んでいましたが、タコライスを食べていたので撮っていません・・・・・

Dsc_9074
人出はこんな感じでした。大都市名古屋の近郊なのにこの少なさ。
飛ぶのがC130と救難だけ。地上展示も少なくて、たしかに魅力はあまりないですなあ・・・・・

C130のシミュレーターも乗ってきましたが、内部は撮影禁止とのこと。
以前は写真撮り放題だったから家にも写真がいっぱいありますので、いまさら禁止にしても意味が無いと思いますけどね。

C130のデモ終了を見て、ブルーインパルスのリハーサルを見るため浜松に向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »