« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月30日 (日)

岐阜基地航空祭

岐阜基地の航空祭に行ってきました。
視程も良く、上層は青空だったんですが下層に雲が多く、曇り時々晴れといった感じでした。

_dsc0420

_dsc0155

_dsc0101

_dsc0457

ここ数年、朝から博物館で写真を撮っていたので、久々に基地内に入ってみました。
エプロンが広くなりましたねえー!面積は以前の倍以上?
なにしろ767が地上展示ですから。P-XとC-Xの同時試験飛行に備えて広くしたんでしょうか?P-Xは2機とも厚木に行っちゃいましたが、C-Xはどうなった??

久々だったので南地区にも行ってみました。のんびりした雰囲気が良いですね。
飛行展示の間隔が大きくあいているので、その間に移動したり買い物したりして過ごしました。結局最後まで基地内で遊んでしまった・・・・・。岐阜で航空祭終了まで基地内にいたのは十数年ぶり?
予想以上に航空祭を満喫できました。エプロンを広げたおかげで余裕が出来たのが良いですね。地上展示も意外に充実していました。(機数はすくないけど)

最後の水掛けイベントまで見ていたので、帰り道は大渋滞に巻き込まれました。
基地から小牧ICまで2時間かかったし。(すいていれば30分です)

残す航空祭は新田原と那覇ですが、行く予定はないので今年は今回で打ち止めかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月26日 (水)

滑空機

最近グライダーに乗っていないなあ。
と思ってログを見てみたら、今年は1回も乗っていませんでした。
このまま年を越しそうです・・・・・・

写真は10月に撮ったもの。滑空場へは行っているんだけど・・・

Dscf22371

Dscf2228

Dscf2263

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月17日 (月)

オートボルテージュ その6

今回参加のエクストラ300は2機。
まずはご存知の室屋義秀くん。
_dsc9213

_dsc9409
決勝1日目(土曜)は地元の作曲家による楽曲を使用。日本の「和」を感じさせるような曲でした。
そして決勝2日目(日曜)はディープブルース社長の作詞・作曲によるオリジナル曲。室谷君テーマソングって感じでしょうか??

_dsc9271

_dsc9770
もう一人のエクストラ使いは、プロペラ・メーカーの設計者だというオーストリア人「マーチン・アルブレヒト」
彼のエクストラは性能を向上したスペシャル・バージョンらしい。
が、競技ではエクストラに乗る2人は下位に沈んでしまいました・・・・・・
なお、2枚目写真の背景に写っているビルは「ホテル・ツインリンク」いっぺん泊まってみたかったなあ・・・結構お値段が高いんですよね。今年も民宿が精一杯でしたよ。昔は車中泊して茂木の寒さに震えていたこともあったっけ。

話は変わりますが、今回の一連の茂木の写真はいかがでしょうか?
NIKON D300にサンニッパ付けて撮っています。ピクチャー・コントロールは「風景」を使ってみました。カラフルなアクロ機には合っていると思いますが、みなさんのモニターではどんなでしょう?
その他の設定は、ISO200・ホワイトバランス太陽光・マニュアル露出1/1,000 f8
付近。
RAWとJPG同時記録で11.5GB程撮影しました。競技中はビデオカメラにて2時間40分撮影。スチル写真撮ったのはグランドスタンド前のローパスだけなのにこの容量。ふう~~~~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月16日 (日)

オートボルテージュ その5

話しを戻して再び茂木の記事です。
昨年に引き続き、今年も航空自衛隊百里基地救難隊によるデモンストレーションがありました。

_dsc9836
今年は青いコンバット・レスキュー塗装で登場しました!

_dsc9841
遭難者の救出をデモるUH60。
航空祭では見上げるデモもここでは目線の高さで行うので、見易いです。

_dsc9844
デモンストレーションを終了して翼を振りながらバイバイ・ローパス

_dsc9856
上空監視のU125も翼振りでご挨拶。胴体に鳥を描いた記念塗装機でした。

Sain
救難隊の活躍を描く映画「救いの翼」主演女優のサイン会もやっていました。
RESCUEグッヅも沢山売っていましたよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月10日 (月)

SLJ in 静岡空港

今年の「スカイ・レジャー・ジャパン」は、開港前の「富士山静岡空港」で開催されました。
残念ながら天気が良くなかったのですが、土曜日の午後と日曜日の午前に見に行ってきました。

Fujisan10
天気が悪いにもかかわらず、沢山の人で賑わっていました!
周辺道路も大渋滞。エプロンにもかなりの人出があり、正直意外でしたね。事前のPRが良かったのか、立ち木問題で県民の関心が高かったのか?

Fujisan02
臨時管制塔前をローパスするエクストラ300です!

Fujisan03
こちらが本物の管制塔。建物はほぼ完成していますが、当然まだ運用していません。

Fujisan07
駐車場側から撮ったターミナル・ビル。外壁は出来てるけど、内装工事はこれからのようです。

Fujisan04
エプロン側から撮ったターミナル・ビル。中央の「ひさし」部分から左側屋上にフェンスがあって展望エリアになるようです。
手前の飛行機は某企業から大学に貸し出されているモーターグライダー「タイフーン」

Fujisan05
ビルの右端のサインボード基部を解読すると「Mt. Fuji Shizuoka Airport」と、思われます。

Fujisan08
東側に設置された誘導灯火用の橋。空港外周道路を通ったときに車中から撮ったもの。空港内の敷地なので、開港後は通れません。

Fujisan09
消防車は展示エプロンに2台。滑走路脇に1台がありました。

でも、一番感動したのは工事現場に置いてあったこれ!
Fujisan01
CAT777Fダンプトラック。
952馬力、積載量95t、最大車両重量135tだそうだ。
右端の立ち***しているおじさんと比べると大きさがわかるかな。
おじさんを画面に入れるために2枚の写真を貼り合わせていますが・・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月 8日 (土)

オートボルテージュ その4

_dsc9674
この人が今回優勝したルノー・エカーレさんと乗機のSbach300。
ちょっと老けて見えますが、1980年生まれの27歳。フランス空軍の戦闘機パイロットで、ミラージュF1・ミラージュ2000・アルファジェットなどで飛んでいるそうな。

_dsc9103
彼のローパスは今回一番低かった!ロードコースの路面が写ったのは彼だけでした。茂木は初めてなのに、もうピーター・ベゼネイやクラウス・シュロット並みです!

_dsc9119
この機体は、去年参加したエクストリーム社のプロトタイプ「Xtreme3000」の量産型。名前を「Sbach300」というそうです。
カーボン複合材料を多用して、エクストラ300より100Kg軽く、スホイ26より200Kgも軽いのが特徴です。

_dsc9517
こっちは胴体を延長して複座にした「Sbach340」。開発パイロットのフィリップ・スタインバッハが操っています。

_dsc9489
複座のこの機体でも、エクストラ300Sより軽く仕上がっています。
加速性能、上昇性能は他の機種より一枚上手のように感じました。

今年はゲスト・コメンテーターとしてエアロック・アクロバットチームの「サニー横山」さんが来ていましたが、彼の乗る「Pitts」の原型機初飛行は第2次大戦中の1944年ですから、もう立派な骨董品ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 5日 (水)

オートボルテージュ その3

_dsc9937
今回紅一点のスベトラナ・キャパニナさん。
堂々とした飛びっぷりで貫禄十分です。

_dsc9962
恒例の「投げキッス」も、いつもより沢山サービスしちゃいました!(写真はトリミング)

_dsc9649
サイン会も相変わらずの人気です。
初めてお目にかかった時は20代独身のお嬢様だったのですが、いつの間にか30台後半の2児の母になっていました。
以前はレーシング・コースのパドック(ガレージ)が機体の格納庫になっていて、誰でも近くに行けたのでパイロットやメカニックも凄く身近に感じることができたんだけどねえ。
パドック屋上(!)で競技を見ていたら、隣で金髪の姉ちゃんがキャアキャア言ってたので誰かと思ったらキャパニナだったりしました・・・・・
あれから10年になるんですねえ・・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

オートボルテージュ その2

今回準優勝のカストール・ファントーバは陽気なスペイン人。
本職はエアラインのパイロットで、今はボーイング757を飛ばしているそうだ。

_dsc9903
ローパスしながら日の丸の旗を振ってみたり。操縦は左手でしているんですね!エアラインで飛ばしているボーイングはスティックではなくヨークなので、基本的に左手操縦だから慣れているのかな?

_dsc9910
かつてのユルギス・カイリス以来、久々に見たグランド・スタンド前でのコブラ!

_dsc9911
ビッグ・サプライズだったので連続でもう1枚。
これって掟破り?でも彼らにとってはごく日常的な飛行にすぎないのですよ!最後くらい大目に見てやってください。
セスナやパイパーでこんな事やったら死んでしまいますが(というか不可能だけど)世界最高性能の飛行機を世界一のパイロット達が飛ばしているんです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 3日 (月)

最後のオートボルテージュ

行ってきました。ツインリンク茂木。
私が行ったのは土曜・日曜の2日間でしたが土曜日は1日中雲ひとつない快晴!日曜日も昼過ぎに高層雲が出ましたが一時的なもので、今までで一番天候に恵まれたグランプリになりました。
_dsc9118
フライトも相変わらず素晴らしかったです!
カイリスやベゼネイなど有名どころが来ませんでしたが、そんなことは忘れてしまうほど皆良かったですよ!
_dsc9626
今年の開催をもって「休止」するのですが、是非とも近いうちの「再開」をお願いします!
グランドスタンドを埋め尽くす程の観客が「再開」を待ち望んでいます。
公式プログラムは売り切れ、オートボルテージュのグッヅも完売!と売店も大盛況でした。
グッヅは荷物になるから後で買おうと思った私が馬鹿でした・・・・・

参加選手からも休止を惜しむ声が聞かれ、演技終了後のローパスも名残惜しむように何度も実施してくれました。
世界唯一の貴重なエアショーの火が消えてしまうのは残念でなりません。なぜ休止するのか、具体的な説明はありませんでしたが、その説明があってしかるべきだったのではと思います。(フライトガーデンでオートボルテージュ主催者の挨拶があったようなのですが、どんな挨拶だったのかは知りません)
いつも泊まっている民宿でも皆にあえなくなるのが残念だと特別サービスしてくれました。表彰式でもこう締めくくっていましたよ、
「SEE YOU AGEIN!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »