« カナダ航空博物館 | トップページ | 30,000HIT »

2009年2月 2日 (月)

カナダ航空博物館の展示機

Dsc_7516
第1次世界大戦のコーナー。この時代の飛行機は名前が判りません・・・・・

Dsc_7584
第2次世界大戦のコーナー。この辺からは知っている飛行機が沢山あります。
手前はメッサーシュミットBf109。後ろはランカスター。
他にはスピットファイア・ハリケーン・ウオーホーク・コメートなど。

Dsc_7599
艦載機のコーナー。バンシー・シーフューリー・ソードフィッシュなど。
あれ?カナダって空母あったっけ??

Dsc_7494 Dsc_7466
ジェット戦闘機のコーナーからはセンチュリーシリーズを2機紹介しておきます。
ピカピカに磨き上げられたF104スターファイターとCF101ブードゥー。

Dsc_7439
博物館のある飛行場の歴史を紹介するパネル。昔はカナダ空軍の基地だったようです。

Dsc_7510_2 Dsc_7554
カナダは森と湖の国。水上機も各種沢山展示されていました。

Dsc_7486
垂直離着陸機のコーナー。これは実験機のようです。

Dsc_7471
CF105アローの機首。カナダが独自開発したものの試作のみでキャンセルされた超音速戦闘機で、性能は良かったものの開発費の高騰と政治的圧力で中止させられたらしい。
カナダにとっては思い入れのある飛行機らしく、売店にはアローグッヅがいっぱい。私もDVDとTシャツを買ってきました。
大変な人気にもかかわらず、5機製作されたアローはすべてスクラップとなってしまった。
ここにあるのは、工場内でほぼ完成状態にあった6号機。胴体を溶断されてスクラップ業者に放置されていたものをかろうじて保護したらしい。残っているのはこれだけ。
下にあるエンジンもアローのもの。でもなんでスクラップにしちゃったんだろうね?
その辺の話は映画「アロー」で見ることが出来るらしいが、私は見ていません。売店でDVD売っていたけどリージョン違うし、日本では売っていないみたいですねえ。
あ、私が買ってきたDVDは映画ではなく、実写記録フィルムを集めたリージョンフリーのDVD-Rです。(そっちの方が貴重かと思って)
ちなみに、アローの前作「CF100カナック」は実機が展示されています。

|

« カナダ航空博物館 | トップページ | 30,000HIT »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カナダ航空博物館の展示機:

« カナダ航空博物館 | トップページ | 30,000HIT »