« 明野飛行学校分教場 | トップページ | ひこうせん »

2009年6月 5日 (金)

静岡空港のスポット

6月4日に静岡空港が共用開始となりました。

斉藤前静岡県知事の時に構想が持ち上がり、自衛隊の浜松基地・静浜基地との官民共用を含め、いくつかの候補地がありましたが、諸条件を考慮して浅羽地区と牧之原地区に絞られ、現在地の牧之原地区に決定したのは斉藤前知事の「鶴の一声」だったとも言われています。
そもそも静岡県には新幹線の駅が6つもあり、東名高速道路に加え第2東名高速の建設も決まっており、空港不要論も根強くありました。
十分な議論も無く建設予定地が決定し、空域調整では滑走路の方位をずらすことで反対していた自衛隊もしぶしぶ合意。当初から空港建設は難題続きでした。
地主の側にしたら、突然飛行場建設が決まり、県は「土地を売れ」という。売らなかった土地は「強制収用」そりゃあ反対もするでしょう。
以前の記事にも書いた70年前の大日本帝国海軍による大井航空隊建設と状況は同じ。お役人のやることは何年経っても変わらないようです。

でも、私たちの税金を1900億円もつぎ込んで作ってしまったからには有効に使わなければなりません。
静岡空港の駐機場には5つの駐機スポットがあります。旅客機の大型機用2つと中型機用3つ。5月7日のAIPにはそれしかなかったんですが、6月4日のAIPでは飛行場図が修正されて小型機・ヘリコプター用のスポットが5つ書き加えられました。
もちろん、エプロン(駐機場)が広げられたわけではなく、西端のNo.5スポットの上に重ねてNo.5A-1からNo.5A-5までの駐機スポットが点線で描かれています。
小型機も受け入れる気になったようで、ひとまず安心ですな。

あ、別に県を批判するつもりは毛頭ありません。空港問題で引責辞職した石川知事が開港記念式典にのこのこ出てきて挨拶したのはどうかとは思いますが・・・・・恥ずかしくないんでしょうか?
(やっぱ批判なのかなあ?)

|

« 明野飛行学校分教場 | トップページ | ひこうせん »

コメント

はじめまして、大井海軍航空隊について検索していたら、こちらに辿り着きました。
航空写真が満載で、興味深く読ませていただいております。
さて、石川知事のことですが、まだ現職の知事ですから、開校式典に出ることは、別に恥ずかしいことではなく、むしろ当たり前なことだと思います。
彼が恥ずかしく思うのは、空港の累積赤字が増大して、空港が運営できなくなるころだと思います。
防災船「希望」と同じような運命を辿るような気がしています。

投稿: あらま | 2009年6月14日 (日) 21時43分

現在の便数では定期便すべてが満席でも大赤字だということですし、注目の搭乗保証が基準を割ってしまうとさらに赤字が膨らんでしまいます。(基準を上回ってもリターンは無いそうで)
「希望」はスクラップ価格でも(鉄くずとして)売れましたが、空港はスクラップにして売るわけにはいかないんですよね。

投稿: かんりにん | 2009年6月15日 (月) 22時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 静岡空港のスポット:

« 明野飛行学校分教場 | トップページ | ひこうせん »