« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月31日 (月)

ど派手なセスナ

YOKOTA FLYING CLUB のセスナです。
_dsc5082

_dsc5078

_dsc5083

_dsc5088

和風のペイントを施したスペシャル・カラー機。
今年の横田基地公開での、ある意味目玉(?)かも・・・・・

米軍の飛行場内には飛行クラブがあって、C172などを使って訓練やレジャー飛行を行っています。岩国基地の公開では沖縄の「ZZ」マークのセスナがよく展示されます。厚木基地には80年代にT-34メンターのクラブ機があって何度か撮ったことがありますね。
教官には日本人の方もいるようです。FAAのCFI持っていれば飛べる??

しかし、こんな派手な塗装は初めてでは?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月27日 (木)

松本城 空撮

飛行場に遊びに行ったけど、あまりに暑いので「高高度飛行で涼しくなろう!」と、思い立って雲を避けながらできるだけ上昇。松本空港へ行きました。
行きは6500ft、帰りは7500ftで巡航。上空の外気温は15度ぐらいでした。

Dscf2221
空港の食堂で「ざるそば」食べて、お土産買って、駐機場にて出発準備。

Dscf2224
離陸上昇中の機内から。空港の周囲は公園になっていますが、芝生に自機の影が映っていました。

Dscf2231
松本空港に行ったついでに松本城を空撮してきました。

Dscf2232
松本城は「国宝」に指定されている天守閣4つの内のひとつです。

Dscf2230
JR松本駅。風防の映り込みで下のほうが白くなってしまいました・・・・・
(FINEPIX F100)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月26日 (水)

KLASSEでYokota

今回、横田基地にはカメラを3台持っていきました。一眼レフのD300とコンデジF100fbそしてフィルムコンパクトのクラッセSです。
前回記事でF100fbの画を紹介したので、今回はクラッセSです。
フィルムはプロビア100F。

0102 0119
0123
0126
0132
0135

当日は朝のうちは晴れ間も少しありましたが、その後は雲が多く、時折雨がパラっと降るような天気でした。
クラッセはボディ前面に大きな露出補正ダイアルを装備しているので、曇り空でプラス補正するときも楽に操作ができます。
曇り空では発色の点でホワイトバランスを自由にいじれるデジカメが便利ではありますね。
レンズの解像力は相変わらず素晴らしく、D300+16-85と比べても遜色ありません。
38ミリ単焦点レンズなので、航空祭の展示機撮るにはコツがいりますが・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月23日 (日)

横田でラプター

嘉手納基地に展開中のF-22「ラプター」が横田基地オープンハウスに展示されると聞いて、見に行ってきました。

Dscf2283

Dscf2295

Dscf2288

Dscf2292

展示されたのは2機。
7月の嘉手納カーニバルに続いて日本では2度目の公開。嘉手納以外の日本の飛行場へは始めての飛来です。

航空自衛隊では、F4ファントムの後継機として、このF22を熱望していましたが、米議会は輸出許可を出さず。米空軍への納入も187機で打ち切りが決定。追加生産も認められず自衛隊の購入は絶望視されています。

日本では三菱F-2の生産が続いていますが、最近ロッキードから「米国側生産部品は製造完了し、9月中にも生産ラインを撤去する」というニュースがありました。(生産分担は日本60%米国40%)
ということは、F-2の追加生産は、もし望んでも出来なくなったということですかね?
F4の穴埋めには候補の「ストライク・イーグル」「スーパー・ホーネット」「タイフーン」の中から選ばなくてはいけなくなった訳で・・・・・

「タイフーン」を推すB.A.Eは、ライセンス生産可能で、ブラックボックス一切無しに技術情報はすべて公開し、日本製のミサイル搭載への改造も可能。
と、防衛産業にとっておいしい条件を出してきています。
さて、どーなりますかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月19日 (水)

河口湖の零戦

今年も河口湖自動車博物館の飛行館へ行ってきました。
毎年恒例の飛行館公開は8月1ヶ月間のみ。

Dscf2109
昨年公開時から外観上ほとんど変化が無い零戦52型。
今年もエンジンカウリングを外していました。その姿は去年も見たので、今年はカウル付けといてもらいたかった。

Dscf2128
復元作業中の機体。骨組みはほぼ完成しています。

Dscf2132
まだ外板が張られていないので尾輪の取り付け状況や着艦拘束フックの様子がよくわかります。

Dscf2137
主翼中央部には操縦桿がニョキっと生えていました。
この格納庫では完成した零戦3機の展示はスペース的に無理でしょうね。
同じく復元作業中と伝えられる1式陸攻も控えていますし、もう少し広かったらいいんですが・・・・・。
それとも1機を里子に出すのかな?
(FINEPIX F100)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月15日 (土)

浜名湖

先日、久々に浜名湖まで空撮に行きました。
_dsc4461
渚園。昔ここに飛行船の係留場があり、岡本太郎デザインの飛行船がよく来ていました。
奥の海岸線が切れているところが「今切口」。1498年にここが地震で決壊して淡水湖だった浜名湖が汽水湖になりました。

_dsc44621
エクシブ浜名湖。リゾートトラストの宿泊施設です。
浜名湖花博をやった会場の隣にあります。その会場跡は公園になっています。

_dsc4477
浜名湖競艇場。立派な建物ですねえ。

_dsc4486
弁天島。温泉ホテルが立ち並んでいます。
温泉の他、潮干狩りや花火大会でも有名な観光地です。
(NIKON D300 + VR16-85)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月11日 (火)

お台場でガンダム

羽田空港に行った後、モノレールで天王洲アイルへ、地下鉄に乗り換えてお台場に行ってきました。
炎天下を20分ほど歩くと、
Dscf2513
ありました、モビルスーツ「ガンダム」
ランドセルに日が当たっているということは・・・・・
Dscf2524
顔は逆光でした。
東を向いて立っているので、お顔を順光で拝みたい人は午前中に行くと良いようです。
Dscf2517 Dscf2556_2
1時間に1回毎正時に台詞を唱えて水蒸気を吹きます。
近くで見ると大きいですねえ!でも、台風が来ていますが大丈夫なのかな?
Dscf2590
結構な人出でした。ガンダムのオフィシャル・ショップも人だかりで近づけず。
周りには食べ物の屋台も立ち並んでいましたが、あまり売れていないような??
Dscf2614
私的には、ガンダムって見ていなかったので思い入れは全く無く、写真撮ってジュース1本買って早々に帰途につきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 5日 (水)

羽田空港の現状

航空身体検査の更新のために羽田空港の診療所へ行ってきました。
モノレールで羽田空港まで行きましたが、新しいターミナルビルの工事がだいぶ進んでいました!

Dscf2429
沖合移転する前の昔ターミナルがあった所に国際線ターミナルビルを建設中です。
駐機場は舗装も終わり、ビルの建設が進みます。

Dscf2505
写真左側がターミナルビル。右側が楕円形の駐車場ビル。
2010年10月オープンだそうな。

Dscf2426
天井の蛍光灯が写りこんでちょっと見にくいけど、完成予想模型。
モノレールの軌道も付け替えられるようで、すでに現軌道との連結部以外の新軌道が完成していました。

Dscf2482
なぜ再び国際線なのか、というと、この写真奥に見える工事現場のおかげです。
4本目の滑走路となるD滑走路の建設現場。
この滑走路の供用開始によって増加する離発着枠の一部を国際線に充てるための国際線ターミナルビルなんです。

現在国際線を担当している成田空港でもB滑走路の延長工事が行われていて、9月中に完成するようですが、それでもB滑走路は2500mで、誘導路はくにゃくにゃ曲がって超大型機は通れないし離着陸があるときは誘導路の曲がった部分も通れない。
さらに内陸部なので騒音規制で夜間・深夜は滑走路閉鎖。
というわけで、工事が完成しても増便はわずかにとどまるのです。(誘導路も何とかする計画のようですけど)

いままで羽田の国際線は台湾(正式な国交が無く、中国に配慮)と韓国(成田に行く時間でソウルに着く?)だけでしたが、新滑走路が出来れば24時間離発着が出来るので、成田が使えない夜間はヨーロッパ便も飛ぶようになるみたいです。

Dscf2433
D滑走路が遠いためにノッポな新管制塔も建設中です。外観はもう出来ているみたいですね。千歳の管制塔とどっちが高いんだろう??

新滑走路と新国際線ターミナルは来年10月から使えるようになるんですが、どのくらい国際線が就航するのかはこれからの話し合いで、成田空港とのからみもあって政治的に決められそうな感じです。

発着枠が増えた分、自家用機にも少し分けてくれたらなあ、と思いますが、発言力もないし無理ですねえ・・・・・
(グライダーのタグ・パイロットとして有名な某氏は自家用ターボプロップ機!で羽田に降りたことがあるそうです)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年8月 3日 (月)

横須賀フレンドシップ・デイ

米海軍の横須賀基地で行われた「フレンドシップ・デイ」に行ってきました。
海上自衛隊の「ヨコスカサマーフェスタ」も同時開催です。
予想以上に天候は回復し、晴れて暑い1日となりました。

_dsc4222
米海軍 第7艦隊 旗艦「ブルーリッジ」

_dsc4229
海上自衛隊 護衛艦「いかづち」

_dsc4230
米軍のタグボート

_dsc4268
右から「カーチス・ウィルパー」「新型しらせ」「むらさめ」「おおなみ」

_dsc4254
旧型「しらせ」と潜水艦「たかしお」
旧「しらせ」は一般公開なし。潜水艦は事前申込者のみの特別公開でした。

_dsc4271
記念撮影用の「ちびしま」

海上自衛隊のUH60による救難展示飛行が何度か行われていましたが、望遠レンズを持って行かなかったのでいい写真は撮れませんでした・・・・・・。

横須賀基地は過去にも何度か見学に行ったことがありますが、いつも空母だけ見て帰ってしまうので、じっくり見学したのは初めてでした。海軍と自衛隊両方の基地を見て回ると時間がぜんぜん足りない。ということが判りました。
(NIKON D300 + VR16-85)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 1日 (土)

ナイト・オープン

浜松基地広報館の「ナイト・オープン」に行ってきました。
今年は29日と30日に実施されましたが、私が行ったのは29日。直前まで降っていた雨がやんで傘を差さずに見学できました。
とはいっても、仕事の都合で現地到着は19時過ぎとなってしまいましたが・・・・・。

_dsc4031
到着時にはすでにデモンストレーションを終了していて、地上に置いた錘(?)をピックアップして帰るところでした。
ローターを流すためにシャッタースピード1/20でがんばってみました。
この「V107バートル」は今年限りで引退する予定になっているので、最後の夜間デモとなりそうです。

_dsc4112
地上展示のF2は単座型の513号機です。
後ろにV107が写っていますが、T4の夜間飛行は天候不良で中止になりました。

_dsc4135
F15は917号機。編隊灯が青白く光っています。
夜間に編隊飛行をすると、普通の衝突防止灯などは眩しくて危険なので、このような淡く光るライトを使用します。

翌日の30日は天気もよく、夕焼けも見られたようですね。T4の飛行も行われたそうです。
この時期は陽が長いので公開終了時間の20時でも空には薄明かりが残っていました。
海外のエアショーでは夜間の展示飛行も結構やっていますが、日本ではここだけなのでこれからも続けていってほしいものです。

今回の撮影機材は、D300に明るさを重視して80-200 f2.8と17-50 f2.8のf2.8コンビを持っていきました。が、どちらのレンズも手振れ補正は付いていません。
昨日のNIKONニュースリリースでは、新型の「70-200 f2.8 G VRII」を11月に発売する!とありました。これがあったらもっと歩留まりが良いんだろうねえ。
(NIKON D300 + TamronA16 + AFS828)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »