« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月24日 (木)

三方原飛行場

航空自衛隊浜松基地は、旧日本陸軍の浜松飛行場だったことは有名ですが、そのすぐ近くにもう一つの飛行場「陸軍三方原飛行場」があったことはどのくらいの人が知っているでしょうか。

その飛行場は、浜松飛行場の北西に位置し、第7航空教育隊と三方原教導飛行団が置かれていました。
位置関係はこんなふうです。
Hamamatsu194605
終戦後の1946年5月に米軍が撮影した写真です。黄色い字は私が記入したもの。

浜松飛行場も現在の浜松基地の3倍以上の面積があります。旧舗装滑走路が東に延長されて現在の滑走路になっています。
戦前は風向きによって360度どの方向からでも離着陸ができたそうです。
浜松飛行場には爆撃機が配備されていたため、北側の三方原平野に射爆撃場が作られ、さらに三方原飛行場も整備されました。2つの飛行場は誘導路で繋がっていたみたいです。

Dscf3382

Dscf3383

Dscf3384
第七航空教育隊の門柱。と思われるコンクリートの柱3本・・・・・

Dscf3379
こちらも旧陸軍の門柱と思われるもの。現在は自衛隊官舎の門になっています。
この官舎のあたりに三方原教導飛行団があったとされています。
この部隊は航空化学戦を任務としていた部隊で、イペリットや青酸ガスなどのいわゆる毒ガス兵器を開発・製造していました。
官舎の裏手には毒ガス製造・貯蔵施設の遺構が残っているとの資料もありましたが、官舎に入っていくのも気が引けますので調査していません。

Dscf3386
これは三方原飛行場防衛のために半田町に作られたトーチカの残骸。
射撃穴は三方原台地の方向を向いています。
Dscf3388
ここは浜松環状線に面しているので場所はすぐわかると思います。電気店「エイデン」の向かいです。トーチカの由来などが書かれたボードが設置されています。
爆撃場付近には掩体壕や監的跡なども残っているそうです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年12月20日 (日)

大刀洗平和記念館

築城基地航空祭に行くついでに、福岡県朝倉郡筑前町に今年10月3日新装オープンした「大刀洗平和記念館」にいってきました。

この記念館は、以前は甘木鉄道大刀洗駅に私設博物館として公開していたものが筑前町の資金で移転拡張したものだそうです。

Dscf3293
鹿児島本線基山駅から甘木鉄道に乗り換え、太刀洗駅へ。ディーゼル車によるレールバスって言うんですか?整理券取って乗り、運転席横の運賃箱にお金入れて降ります。よって、駅は無人。出入り自由です。

Dscf3295
以前平和記念館のあった旧駅舎は、「大刀洗レトロステーション」という博物館になりました。304飛行隊のT-33ジェット練習機はそのまま展示されています。
Dscf3320
お腹の下が良く観察できますよ・・・・・

Dscf3298
駅から道を挟んで反対側にオープンした新記念館。入館料は500円です。
ここが戦前に陸軍大刀洗飛行場があった場所。そもそも甘木鉄道は飛行場への人と物資の輸送のために作られたらしいです。

Dscf3302
福岡県航空協会所有の零戦32型。かつて名古屋空港ターミナルに貸し出されていたので見たことのある人も多いかも。

_dsc88401
翼端が切り落とされた独特の主翼形状が良く判ります。

Dscf3306
Dscf3307
コクピット内のレストアは最小限。射撃照準機はピカピカの物が取り付けられています。

館内には、世界唯一の97式戦闘機の実物もありますが、館内は零戦以外は撮影禁止となっているので写真はありません。
移転前は自由に撮影できたんですが、なぜか撮影不可になってしまいました。ネット上には移転前に撮影された写真が沢山公開されているので、見たい人は自分で探してください。
零戦だけが撮影可となっているのは、所有者の航空協会が、来館者に撮影させることを条件としているためのようです。

撮影可否のいきさつなどは、こちらのホームページにいろいろ書かれていますので参考に。
インターネット航空雑誌「ヒコーキ雲」
世界唯一の貴重な資料なので、撮影可能にしてくれると世界中の航空ファンが喜ぶと思いますよ!

目玉は2機の戦闘機ですが、他にもいろいろな展示が沢山あるので、近くに行かれたら是非寄ってみてください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月16日 (水)

Glider Port

忙しかったり天気が悪かったりでご無沙汰していましたが、久々にグライダーで飛びました。

Dscf3393
モーターグライダーG109
体験飛行に空撮に大忙し。

Dscf3403
この日、初ディスカスのIさん。

Dscf3405
発航準備中のASK13
北北西の風弱く、南側は晴れ、北側は曇りというちょっと変わった天気でした。

Dscf3412
二俣市街地。ここには重要文化財に登録されている転車台と扇型車庫があります。
この日射では上昇気流も無く、離着陸練習日和となりました。
(FINEPIX F100fb)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月13日 (日)

彦根城 天守閣

ようやくスキャンした天守閣です。
1606年に完成したと伝えられる天守は、大津城の4重5階の建物を3重に改修し移築したものといわれています。
33411

33413

33419

33429

33430
「やっぱいいねーNIKON!」そんな風に感じるのはF6が一番ですね。

(NIKON F6 + VR24-120 + RDP3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 6日 (日)

築城航空祭 飛行展示編

築城基地の航空祭は、開門は早いのですが売店地区で足止めされます。
オープニング飛行の一団が離陸し、お偉いさんのテープカット式典と同時に編隊航過飛行。その後エプロン地区が開放となります。
編隊航過飛行の後はプチ機動飛行をやってくれますが、歩きながら見ることになります。

_dsc88831
T4、F15、F2がそれぞれ単機に別れ、ちょこっと機動飛行。通路での撮影なので、電線や壁や建物が邪魔して苦労します・・・・

元気の良い方は場所取りに走るんでしょうが、我々はのんびり地上展示見ながら売店でお買い物!そうこうしている内にヘリコプターのローターが回りだしました。
_dsc89981
第三対戦車ヘリコプター隊のAH1コブラが展示飛行。少し短めでしたね。
3対戦の売店でAH64のTシャツを売っていたので、隊員の方に聞いたところ来年アパッチが配備になる予定なんだそうです。

飛行展示を撮影するために前のほうに移動。人口密度の低そうなところに陣取りました。
新田原基地からF4が単機でやってきて機動飛行を披露。
でも、ほとんど腹見せ。背中が見えたのは最後のロック・ウイングだけでした・・・・・
_dsc90301

_dsc91001
F15の機動飛行は1+2の3機で実施。
最初に上がった1機がトラブったようですが、残り2機がそんなこと気が付かないぐらい派手に飛び回りました。

_dsc91841
F2の機動飛行は2機で実施。センター・タンク1本形態です。

お昼休みには恒例の航空学生のドリルが行われ、飛行展示は午後の部に突入。
_dsc94611
F2戦闘攻撃機2機による対地射爆撃デモ。
今度は両翼下に大型のタンク2本を付けての飛行でした。

朝のうち晴れていた空も、だんだん雲が多くなり、このころにはベタ曇り。西の空も暗くなってきました。
場内放送で、「天候悪化が予想されるため、この後予定されていたF2×4機・F15×5機の航過&機動飛行は中止し、ブルーインパルスの展示飛行を繰り上げて実施します!」とアナウンスがありました。
暗いし寒いし、T7×4機の意外と派手な飛行を歩きながら見つつ基地を後にしました。

で、帰りのJR車内でF15の部品落下のニュースを見てびっくり!!
ふーん、そーゆーことだったのね・・・・・
(D300 + VR328 + TC14)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年12月 1日 (火)

第6飛行隊 記念塗装機

第6飛行隊の50周年記念塗装機が築城基地航空祭で一般公開されました。
築城基地では飛行展示後に地上展示されるパターンが多かったんですが、今年は朝から地上展示されていました。
入場ゲートに近い所だったので撮影用通路も設けられていましたが、ロープが近すぎて全景を撮影するのは難しかったです。

_dsc8919
16mmフィッシュアイで撮影。
35ミリ用の魚眼レンズなのですが、APS-Cで使っても結構広い画角が得られます。

_dsc8923
尾翼の左側はF-1風の塗装。

_dsc9486
反対側はF-86風の塗装になっています。

_dsc9490
尾翼の両サイドを見せるためにV字型にロープを設置してくれていました。
良いアイデアですが、かなり広角のレンズでないと画面に入りません。
大きな燃料タンクも外しておいてもらうとフィンのマーキングも撮りやすかったんですけど。
左右でロープの張り方も違って、左側はうまく撮れませんでした。

_dsc8911
(NIKON D300 + VR16-85)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »