« Glider Port | トップページ | 三方原飛行場 »

2009年12月20日 (日)

大刀洗平和記念館

築城基地航空祭に行くついでに、福岡県朝倉郡筑前町に今年10月3日新装オープンした「大刀洗平和記念館」にいってきました。

この記念館は、以前は甘木鉄道大刀洗駅に私設博物館として公開していたものが筑前町の資金で移転拡張したものだそうです。

Dscf3293
鹿児島本線基山駅から甘木鉄道に乗り換え、太刀洗駅へ。ディーゼル車によるレールバスって言うんですか?整理券取って乗り、運転席横の運賃箱にお金入れて降ります。よって、駅は無人。出入り自由です。

Dscf3295
以前平和記念館のあった旧駅舎は、「大刀洗レトロステーション」という博物館になりました。304飛行隊のT-33ジェット練習機はそのまま展示されています。
Dscf3320
お腹の下が良く観察できますよ・・・・・

Dscf3298
駅から道を挟んで反対側にオープンした新記念館。入館料は500円です。
ここが戦前に陸軍大刀洗飛行場があった場所。そもそも甘木鉄道は飛行場への人と物資の輸送のために作られたらしいです。

Dscf3302
福岡県航空協会所有の零戦32型。かつて名古屋空港ターミナルに貸し出されていたので見たことのある人も多いかも。

_dsc88401
翼端が切り落とされた独特の主翼形状が良く判ります。

Dscf3306
Dscf3307
コクピット内のレストアは最小限。射撃照準機はピカピカの物が取り付けられています。

館内には、世界唯一の97式戦闘機の実物もありますが、館内は零戦以外は撮影禁止となっているので写真はありません。
移転前は自由に撮影できたんですが、なぜか撮影不可になってしまいました。ネット上には移転前に撮影された写真が沢山公開されているので、見たい人は自分で探してください。
零戦だけが撮影可となっているのは、所有者の航空協会が、来館者に撮影させることを条件としているためのようです。

撮影可否のいきさつなどは、こちらのホームページにいろいろ書かれていますので参考に。
インターネット航空雑誌「ヒコーキ雲」
世界唯一の貴重な資料なので、撮影可能にしてくれると世界中の航空ファンが喜ぶと思いますよ!

目玉は2機の戦闘機ですが、他にもいろいろな展示が沢山あるので、近くに行かれたら是非寄ってみてください!

|

« Glider Port | トップページ | 三方原飛行場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大刀洗平和記念館:

« Glider Port | トップページ | 三方原飛行場 »