« 小牧飛行場 | トップページ | ソアリング »

2010年1月18日 (月)

消防航空隊

消防ヘリコプターは、政令指定都市から優先的に配備が進んでいますが、静岡県浜松市も政令指定都市になったのを記念して(?)消防ヘリを導入しました。

昨年へリポートと格納庫が完成し、機体(ドーファン)も納入済み。愛称は「はまかぜ」に決定し、現在訓練中。今年5月ごろから運用開始となるようです。

Dscf3610
ヘリポートは第二東名浜北SAとフルーツパークの間に作られました。

Dscf3599
建設中の橋は「大平高架橋」と言うらしい。長さ833m高さ40m幅16.5~24.5m。

Dscf3612
かなり急な崖の上に造られています。

Dscf3606
日曜日に見に行ったので、訓練もお休みかな?

Dscf3557
別の日に地上からも見に行って見ました。立派な格納庫ですね!

Dscf3554
しっかり夜間照明も設置されています。

Dscf3546
崖の下から見上げた写真。手前が第二東名の橋とSAのランプです。

聖隷三方原病院のドクターヘリのヘリポートと比べると・・・・・かなりお金掛かっています!
たった1機のヘリを運用するのにこんな立派なヘリポートを作ってくれてありがとうございます。民間の常識ではコスト高すぎてとても作れない代物です。
こんなもの作るお金があったらドクターヘリにお金をかけた方が良いような気もしますが、消防ヘリにはお医者さん乗っていませんから・・・・・

関連リンク集

http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20091223/CK2009122302000145.html

http://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/lifeindex/life/disaster/shobo/heri/index.htm

http://goiken.city.hamamatsu.shizuoka.jp/press/data/00000062_1.pdf

http://www.shizushin.com/news/pol_eco/shizuoka/20100110000000000005.htm

|

« 小牧飛行場 | トップページ | ソアリング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 消防航空隊:

« 小牧飛行場 | トップページ | ソアリング »