« エアロック 解散へ! | トップページ | FZ38 テストその2 »

2010年2月13日 (土)

ルミックス FZ38

エアショー撮影では、スチル撮影用にニコンD300。動画撮影用にキヤノンHV20を使っていますが、撮影目的ではない旅行用に、それなりに望遠が使えてハイビジョン動画が撮影できるコンパクトなものがないか探した結果、「LUMIX FZ38」を購入しました。
Jn09072841
私、はじめてのパナソニック製品購入です!(ナショナルはあったけど)

早速テスト撮影に行きました。D300と比較は可哀想なので、同じ1200万画素のフジF100を持っていきました。
Dscf3674 FINEPIX F100fb

P1000057 LUMIX FZ38

Dscf3676 FINEPIX F100fb

P1000062 LUMIX FZ38

ピクセル等倍で比べると、F100fbの方が解像度は圧倒的に上です。さすがハニカムCCD。
ただし、F100fbは画面四隅が少し流れるような描写になりますが、FZ38はそれがありません。画角はF100fbが28ミリ、FZ38が27ミリですが、なぜかF100fbの方が広い範囲が写ります。他のカメラと比べてもF100fbは広角のようなので、実質25~26ミリくらいあるようです。
色については、好みにもよりますが、傾向としてはF100fbは青被り気味。FZ38は緑被り気味といった感じです。どっちもどっちかな。

33714 PROVIA 100F

P1000224 FZ38
これはリバーサル・フィルムRDP3との比較。
ニコン クールスキャン4は最近調子が悪いのか、少しマゼンタ被りしています。あえて補正はしていません。
FZ38はグリーンを鮮やかに描写するらしく、この写真の緑も派手な色だし、零戦を撮った写真もかなり緑がきつかったです。
遠景の山や青空はやっぱりフィルムの方が濃く写るようですね。

|

« エアロック 解散へ! | トップページ | FZ38 テストその2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ルミックス FZ38:

« エアロック 解散へ! | トップページ | FZ38 テストその2 »