« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月29日 (木)

滑空機 サマートレーニング

真夏の太陽が照りつける週末。滑空場でグライダー飛ばして遊びました。
今回は外来機も交えて、早上がり大会です。
いかに早く、高く上昇するかを競い合いました。

_dsc32121
発航位置にラインナップしたグライダー達

_dsc32551
着陸進入中のコクピットから

_dsc3317
グロブ ツインII

_dsc34481
ASK13

_dsc31331
サーマル(熱上昇風)でガグルを組む

_dsc3290
プハッチ

_dsc35391
異機種の複座機が4機並ぶのはちょっと珍しいですね!

(NIKON D300 + 16-85 + 70-300)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月20日 (火)

ブルー 徳島へ行く(着陸編)

小松島港まつりに参加するブルーインパルス御一行様を見送った後、炎天下で待つこと1時間少々。6機のT4は帰ってきました。

ローパスするでもなく、ダイレクト・ダウンウインドでサクッと着陸でした。

_dsc2776

_dsc2790

_dsc2817

_dsc2836

_dsc2851

_dsc2881
上から順に、1番機から6番機までの写真です。
5番機の後席パイロットは、写真を撮っている私たちに気付いたらしく手を振ってくれました!

暑いので、松島へのお帰りを見ずに帰ってしまったので、帰りの離陸の様子は判りません・・・・・
(NIKON D300 + VR328 + TC20III)

<おまけ>

_dsc2895

軸線が左にずれているような・・・・・・・・横風成分も結構あったけどね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月19日 (月)

ブルー 徳島へ行く(離陸編)

7月19日祭日、ブルーインパルスは徳島県小松島港でのフライバイのため、浜松基地よりリモート展示を行いました。

_dsc2702_2
13時、離陸開始。4+1+1での離陸でした。

_dsc2708
リモート展示飛行のため、増槽2個付き!

_dsc2717
燃料満タンなのか、結構低い上がりです!

_dsc2731
4機編隊のすぐ後に5番機の離陸。

_dsc2754
ちょっと空けて6番機。

_dsc2769
先行編隊を追いかける6番機。
いってらっしゃい!

(D300 + VR328)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月16日 (金)

Florida Aviation Museum

フロリダ州レークランドにある航空博物館。
ここは、スポーツ航空をテーマにした展示館があり、有料で見学できます。
他に2つの格納庫に軍用機などが展示されていますが、そっちは無料で見学できます。
名前も知らない変わった飛行機がたくさんあります。かなりマニアック??

Dscf3912 Dscf3964
ハイドロ・スキーを履いた水上戦闘機と、垂直離着陸戦闘機の試作機

Dscf3884 Dscf3862
2009年エアレースF1クラスのチャンピオンと、往年のエアレーサー

Dscf3885 Dscf3896
ハワード・ヒューズの展示と、曲技機

P1000752 P1000753

Dscf3840 Dscf3846

P1000733 P1000734

P1000735 P1000736
こんな格好でもちゃんと飛ぶんだそうです

P1000740 P1000775
この飛行艇も立派に飛びます!

Dscf3920 Dscf3924
シー・フューリーとキング・コブラ

Dscf3944 Dscf3959

Dscf3931 Dscf3941

Dscf3961_2 Dscf3933_2

小型機を中心に非常に沢山の飛行機やエンジンがコレクションされています。
ちゃんと数えてはいないけど、50機ぐらいはあったかな?
場違いな感じのF14トムキャットはエンジンをF110に変更した「D型」
展示館内には「ハワード・ヒューズ」に関する遺品や資料が多数展示されています。
レオナルド・デカプリオ主演の映画「アビエイター」で有名なあの人です。
軍用機ばかりの博物館とは違って、おもちゃ箱のような面白い博物館ですよ!

場所は、レークランド・リージョナル空港内で、空港ターミナルの反対側です。

毎年春に「Sun n' Fun Fly in」という大規模なエアショーをやっています。
エアショー期間中は、横風滑走路は閉鎖して、メイン滑走路の誘導路を臨時滑走路として平行2本の滑走路で運用しているようです!
FLY IN の名前どおり、自家用機で会場に入れます。
ユーチューブで検索すると、タキシーウエイで離着陸する動画を見れますよ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月 9日 (金)

JA119X

浜松市が導入して5月から正式運用が始まった消防ヘリです。

_dsc2376

_dsc2394
ユーロコプター社製AS365N3
愛称は「はまかぜ」です。
赤地に白で大きく「H」と書いてあります。

_dsc1797
白のラインはお腹で繋がっていて、そこに「浜松」と書いてありました。
参考

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 6日 (火)

AS-K13

梅雨の晴れ間、グライダー飛ばして遊びました。
前日は土砂降りだったおかげか、スカッとした青空で視程も良く、写真には良かったのですが、蒸し暑くて大変でした。

_dsc20531 VR16-85
ユビ・アレキサンダー・シュライハー ASK13
全幅 16m
全長 8m
自重 320kg

_dsc20661 AFs80-200
離陸は1,000mのワイヤーをウインチで巻き取って凧揚げのように上昇します。

_dsc20421 VR300+TC20III
空気抵抗を減らすために、前面投影面積は最小限に設計されていますが、なにぶん古い設計ですので最新のグライダーよりはかなり大きいですね。
その代わり、視界はとっても良好です。

_dsc20891 AFs80-200
着陸の時は、主翼のダイブ・ブレーキを使って高度を調節して接地点に合わせます。
(Photo M.T.)

_dsc21341 AFs80-200
撮影用に背中見せて飛んでいます。
この写真と一つ上の写真のパイロットは私。他のメンバーにカメラを渡して撮ってもらいました。
(Photo M.Y.)

_dsc21551 AFs80-200
飛行後のデブリーフィング。なんでこんな体勢なのかは謎。
前日の大雨で川が増水しています。
滑走路も一部ぬかるみがあって、着陸時に泥を巻き上げて翼下面が泥だらけになる場面もありました。

訳あって、このASK13の運用は8月末で終了します。その後は売却先を探す予定。
前後とも橇(スキッド)の純正ASK13は日本では少なく、多くのASK13は尾輪に交換した橇+2輪またはノーズの橇も車輪に交換した3輪になっています。
このオリジナリティ抜群のASK13をコレクションに加えたい人はいませんか!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月 3日 (土)

ウオーバード・ミュージアム

フロリダ州 TITUSVILLE にある 「VALIANT AIR COMMAND WARBIRD MUSEUM」の展示機を紹介します。

この航空博物館は、ケネディー・スペースセンターのすぐ近くで、スペースセンターのあるケープカナベラルに渡る橋の手前右側にあるので、宇宙センター見学のついでに立ち寄ると良いと思います。
スペースコースト・リージョナル飛行場の中にあるので、飛行機で行くことも出来ます。定期便は無いので自家用機で行くことになりますが・・・・。

Dscf3821_3 Dscf3809_3

P1000564 Dscf3795

Dscf3830 P1000653

Dscf3815 Dscf3803

P1000610 P1000652

P1000579 P1000512

Dscf3819 Dscf3793

P1000598 P1000623

P1000561 P1000532

Dscf3807 P1000621

P1000685 P1000640

P1000616 P1000560

当日見られた展示機リスト
A4 スカイホーク
A6 イントルーダー
A7 コルセア
B25 ミッチェル
C47 ダコタ
C123 プロバイダー
DH82 タイガーモス
F4F ワイルドキャット
F4 ファントム
F5 タイガー
F8 クルーセイダー
F9F パンサー
F11F タイガー
F14 トムキャット
F86 セイバー
F101 ブードゥー
F105 サンダーチーフ
J3 カブ
L39 アルバトロス
Me208
Mig15
Mig21
O2
OV1 モホーク
S2 トラッカー
T2 バックアイ
T33 シューティングスター
T33 シューティングスター(チップタンク無し)
TBF アベンジャー
UH1
UH19
このほかに機首部分だけのF106他数機あります
飛行可能なものも多く、整備や航空ショー参加などで入れ替わりもあるようです。
この日は見たかったF104がいなくて残念!
毎年3月にはエアショーを行っています。
博物館のホームページはこちら

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »