« ウオーバード・ミュージアム | トップページ | JA119X »

2010年7月 6日 (火)

AS-K13

梅雨の晴れ間、グライダー飛ばして遊びました。
前日は土砂降りだったおかげか、スカッとした青空で視程も良く、写真には良かったのですが、蒸し暑くて大変でした。

_dsc20531 VR16-85
ユビ・アレキサンダー・シュライハー ASK13
全幅 16m
全長 8m
自重 320kg

_dsc20661 AFs80-200
離陸は1,000mのワイヤーをウインチで巻き取って凧揚げのように上昇します。

_dsc20421 VR300+TC20III
空気抵抗を減らすために、前面投影面積は最小限に設計されていますが、なにぶん古い設計ですので最新のグライダーよりはかなり大きいですね。
その代わり、視界はとっても良好です。

_dsc20891 AFs80-200
着陸の時は、主翼のダイブ・ブレーキを使って高度を調節して接地点に合わせます。
(Photo M.T.)

_dsc21341 AFs80-200
撮影用に背中見せて飛んでいます。
この写真と一つ上の写真のパイロットは私。他のメンバーにカメラを渡して撮ってもらいました。
(Photo M.Y.)

_dsc21551 AFs80-200
飛行後のデブリーフィング。なんでこんな体勢なのかは謎。
前日の大雨で川が増水しています。
滑走路も一部ぬかるみがあって、着陸時に泥を巻き上げて翼下面が泥だらけになる場面もありました。

訳あって、このASK13の運用は8月末で終了します。その後は売却先を探す予定。
前後とも橇(スキッド)の純正ASK13は日本では少なく、多くのASK13は尾輪に交換した橇+2輪またはノーズの橇も車輪に交換した3輪になっています。
このオリジナリティ抜群のASK13をコレクションに加えたい人はいませんか!

|

« ウオーバード・ミュージアム | トップページ | JA119X »

コメント

学生時代に三田式Ⅲ型改1に乗っていた頃、隣の大学のASK13が羨ましかった
オヤジになってから後席に乗ってた頃は、ASK13はグライダーには珍しい所から主翼が出ていて可愛かった
今ではDuo‐Tに乗っているせいで、自分ではASK13の運用は出来ないが、いつまでも飛んでいて欲しい名機ですよね

投稿: JA200A | 2010年7月 6日 (火) 22時35分

コメントありがとうございます!
ASK13は本当に名練習機ですよね!
でも、「次のステップ」を考えると時代遅れになってきていますね。もうそろそろビンテージ機の仲間入り?でしょうか??(とっくに!だったりするかも・・・)

投稿: ヨウヘイ | 2010年7月 7日 (水) 22時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: AS-K13:

« ウオーバード・ミュージアム | トップページ | JA119X »