« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月22日 (日)

「お茶」と「みかん」

静岡空港をベースとするフジ・ドリーム・エアラインは、各機色違いのエンブラエル機を5機運航しています。
1号機は赤。2号機は水色。3号機は桃色。
そして、昨年10月に相次いで導入した4号機は緑。5号機は橙。となっています。

このブログでは1から3号機までは紹介しましたが、4・5号機がまだでしたので、まとめてご紹介!

_dsc0460 4号機

_dsc0684 5号機

それぞれ、静岡の「お茶」と「みかん」のイメージだそうです。

_dsc0704

静岡空港は便数も少ないので、違う色の飛行機が次々飛んでくるのは良いアイデアです。

_dsc0554
静岡空港ではこんな飛行機も見かけました。
ディーゼル・エンジン双発のDA42です。
風が強くてファイナルであおられ、ゴーアラウンドを決めた画。

どのくらい風が強かったかと言うと
_dsc0706
吹流しと左端のお兄さんに注目!
空港は山を削って造った為、風が強いと気流が乱れます。
小型機運航のみなさん、ご注意を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月21日 (土)

GRで木造校舎

さて、今回はフィルムカメラの「リコーGR1」で撮影したもの。
フィルムはプロビア100Fです。

20110501035

明治8年に完成した「旧見付小学校」です。
石垣の上に建つ木造校舎は、完成当時は2階建て校舎に2層の楼が乗る建物でしたが、後に3階部分が増築されました。5階部分には大太鼓が置かれ、太鼓を叩いて時間を知らせていたそうです。
基礎の石垣は、遠州横須賀城のものを移築したものです。

20110501023_2
入り口は2つに別れ、右が男の子。左が女の子の教室で、中央の壁で男女は区別され、授業内容も別々だったそうです。

20110501034
内部も公開されていて、石版のノートをはじめ、当時の教科書や教材、さらに民芸品や農具など多数の展示品が陳列されています。

20110501010
こちらは「旧勝坂小学校」
山の緑とピンク色の木造校舎がなんとも・・・・

20110501009
飛行機マニアの方は、この場所に見覚えがあるでしょうか?
映画「空へ・・・RESCUE WING」でロケに使用された場所です。
映画の冒頭、大雨の夜に急病人が出て、航空自衛隊の救難ヘリコプターV107が、車のヘッドライトに照らされたこの校庭に着陸し、救急搬送を行いました。
現場は両側に山が迫り、校庭もそんなに広くはないので、大型のV107をよく降ろしたなあと思いました。

20110501006
現在は公民館として利用されているようですね。

Dscf5909
ついでに、これは現在もバリバリ現役の木造小学校です。
平成13年に地域の木材を利用して建てられた校舎で、児童の机なども木製など、徹底的に木にこだわっているそうです。
コンクリート校舎に比べて健康面でも木造校舎が見直されているようです。
(この写真のみF100fb)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月15日 (日)

静岡空港 新展望広場

静岡空港に新しく出来た展望広場を見に行ってきました。

場所は空港東側で滑走路30エンドの着陸誘導灯の横。

大きな地図で見る

_dsc0416
芝生はまだ養生中で立ち入り出来ませんが、芝が落ち着いたら入れると思います。
左側の茶色い台?には「土足厳禁」と注意書きが書かれていますが、何のつもりでしょう?
ベンチにしては大きすぎるし、土俵でもないし・・・・・・

_dsc0430
左に見える四角い石には、空に向けて斜めに穴が開いています。子供が2人覗いていますが、どんな風に見えるんでしょうね?

_dsc0443
着陸機は真上を通るので、お腹の写真になります。まあ近いので迫力はありますが。
空港敷地の方が土地が高いので、空港内を見ることは出来ません。
旅客機が30エンドまで転がってきてくれればフェンス越しに離陸を見ることは出来ます。

ターミナル西側に開港当初からあった展望広場は、工事のために更に西側に移設されました。
_dsc0732
一番西の誘導路の少し西側ですね。ターミナルからは遠くなりました。

_dsc0731
以前展望広場があった辺りは、平らに整地されています。
ここには航空機用の駐機場が増設される予定になっています。
小型機のスポットはこっちに移されるのかな?
前の展望広場は土でしたが、ここは舗装されて夏は高温になることが予想されます。
雨が降っても泥にならないのは良いですが、そんな時に見学する人は少ないでしょうから、単純に草刈が面倒だから舗装したんだと思います。

_dsc0724
ここで滑走路30からの離陸はこんな感じです。
滑走路12上がりだと、目の前を転がっていく飛行機が見られるはずです。
着陸機は、滑走路12なら接地する場面を見ることが出来ますが、滑走路30だとエンドに来る前に駐機場に入ってしまい、距離も遠くなってしまったのでイマイチかと予想されます。

この日は西風が強くて終日滑走路30だったので、また風の違う時に見に行きたいと思います。
(NIKON D300 + 16-85 + 70-300)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月14日 (土)

臥龍桜

JR高山本線、飛騨一ノ宮駅の裏にある江戸彼岸桜の古木。

P1040183

樹齢1100年。天然記念物に指定されているそうだ。
撮影は5月3日。ちょうど満開となっていた!

P1040196

壱千百歳をすぎて今もなお元気に花を咲かせている。

P1040192

複雑に絡まる幹。
横に大きく伸びた枝ぶりが、龍が伏せた姿のようだ。として「臥龍桜」の名前が付けられたらしい。
もっとも、大きく頭を垂れた枝はいつしか地面に付き、そこから根が生えたため、母樹からの養分がいらなくなったために、そこまでの部分は朽ちてしまったそうだ。

P1040186

そのスケールの大きさに、満開の時期には多くの観光客が訪れている。
付近一帯は公園として整備され、山間の集落に華やかな賑わいをもたらしているようだ。

P1040200
(LUMIX FZ38)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月11日 (水)

こどもの日

例年、5月5日のこどもの日は岩国の「フレンドシップデイ」に行っていましたが、今年は震災の影響で中止となってしまいました。

Sn3s0096 幻のチケット・・・・
もちろん払い戻しです。

そんな訳で、今年は穂高の温泉に行ってきました。
帰り道にちょこっと飛騨エアパークに立ち寄って、グライダーを撮ってきました。

P1040341
手前はDG505。奥がデュオ・ディスカス。

P1040343
デュオの計器版。

P1040347
離陸滑走中のデュオ・ディスカス。上の写真とは別の機体です。

P1040357
曳航機はハスキーです。

P1040367
離陸した曳航機とツイン・ツー。

この日は条件が良かったようで、地上にあったグライダーは全部上がってしまって帰ってきそうに無いので、帰路につきました。
無線機からは調子の良いボイスが次々と聞こえてきます。いいなーーーーっ!
(FZ38)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 1日 (日)

アエロバティックスはいかが?

昨年、米国フロリダ州で曲技飛行トレーニングをした時の動画です。
飛行機はT-6テキサンという練習機。
もっと正確に言うと、その海軍型でSNJ-6という型式だそうです。
航空自衛隊と海上自衛隊でもT-6Gが学生教育や救難捜索機として使用されていました。
各地の自衛隊機地に今でも多くの機体が保存・展示されていますので、見たことがある方も多いと思います。



今回は機体固定カメラのDV動画をお土産としてDVDにしてもらったAVIファイルを変換してアップロードしていますが、音声と映像がずれていたり、映像がスキップしていたりしちゃいましたね。なぜだろう?

私は、エクストラ300やピッツ・スペシャルでも曲技飛行経験がありますが、テキサン(ハーバード)は重くてロールレートも悪く、グライダーでの曲技感覚の方が近いかもしれません。(あくまでも曲技専用機と比較しての話しです)

コクピットは広くて、操縦桿も長く、大股開きでラダーとスティックを振り回す感じです。大馬力の星型エンジンに尾輪式ですから、地上滑走は若干コツがいるようです。

飛行場はフロリダ州オーランドのウオルトディズニー・ワールドのすぐ近くで、キシミー飛行場という所です。ディズニー・ワールドに来るVIPのプライベート・ジェットが降りる所で、エプロンにはガソリンスタンドの屋根のような施設があって、飛行機ごと下に入って強い日差しや雨を避けて乗降できる施設があったりします。

ウオーバード・アドベンチャーという会社で、ホームページはココです。

フロリダに行く機会があったら体験してみてはいかが?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やぱり桜は咲く

前回に続いて桜の写真です。すいません・・・・・

今回は磐田市周辺で撮影したもの。

Dscf5808

Dscf5811

Dscf5821

Dscf5857

Dscf5830

Dscf5848

最後はおまけの菜の花でした。
最近飛行機ネタがなくて・・・・・
(FINEPIX  F100fb)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »