« CAMP  FUJI | トップページ | UH-1体験飛行 »

2011年12月 7日 (水)

UH-1J

前回記事で体験搭乗したのは、立川駐屯地の陸上自衛隊第1飛行隊のUH-1Jでした。

P1040705
搭乗前に、全員集まって安全教育を受けます。
乗降時の姿勢やシートベルトの使い方など。

P1040709
座席は簡単な構造で、当日はキャビン9人+クルー2人+増槽という形態でした。
運用は最後部の2席は使用しなかったので、体験搭乗者は7人づつ乗りました。

P1040710
コクピットには赤外線暗視装置やFMS(フライト・マネジメント・システム)など最新装備も付いています。

P1040714
キャビン右後部には増槽が設置されていました。

P1040756
機種の上下に付いている角はワイヤー・カッター。身を隠しながら低空飛行の多い作戦機なので、電線に引っかかったらこれで切ってしまうものです。
機首の下に突き出している円筒形の機器が赤外線暗視カメラですね。

陸自は、このUH-1の後継機としてUH-60を導入し始めたのですが、あまりに高価だったためにUH-1も並行購入していました。
でも、いよいよ旧式化してきたため、同程度の価格で購入できる機体を国内開発することになったようです。

|

« CAMP  FUJI | トップページ | UH-1体験飛行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: UH-1J:

« CAMP  FUJI | トップページ | UH-1体験飛行 »