« 緑十字機の燃料タンク | トップページ | デジカメ+GPS »

2012年2月22日 (水)

鳥人・幸吉

初めて飛行機で空を飛んだ人として有名なのは「ライト兄弟」ですね。
その兄弟が参考にしたのがドイツ人「リリエンタール」のグライダーです。
それまでも空を飛んだと主張する人が何人かいたようですが、どれも羽ばたき翼によるもので、飛行とは言い難いものだったようです。
リリエンタールは、羽ばたきを止めて、トンビが滑空するように固定翼を使ったことが成功の要因でした。今で言うハンググライダーです。

ところで、日本でも江戸時代に飛んだ人がいるという話を聞いたことがあるでしょうか。
1757年、備前の国八浜に生まれた表具師の幸吉です。
彼は1785年に竹や木の骨組みに紙を張った固定翼を作って、旭川付近の家の屋根から飛び立ち、川原で夕涼みをする人々の上を飛んで見せたそうです。リリエンタールが滑空飛行に成功する108年前のことです。
川原は大騒ぎとなり、幸吉は人々を騒がせた罪で捕らえられ、備前の国を追放されてしまいます。

その後、駿府の江川町に移り住み、備前の物産を売る店を営んでいましたが、再び翼を作って安倍川の川原で飛んだそうです。
またもや幕府に咎められて追放され、遠江の国の国府であった見付(現磐田市)に移り住み、備前屋という飯屋を開き、結婚して子供も持ったとされています。
1847年、幸吉は91歳で亡くなったとされ、見付の大見寺に保管されている過去帳にも「演誉清岳信士」という戒名と「八月二十一日 備前屋 幸吉」と没年月日が書かれているようです。

Dscf1498
幸吉のお墓。普通に並んでいます。

Dscf1500
本堂の天井には、幸吉が飛んだ翼の想像模型が吊るされています。

Dscf1508
本堂の全景。由緒あるお寺のようです。

Dscf1490
お寺は、元々、室町時代に今川氏が築いたお城だったそうです。
見付端城と言って、お寺があるのは本丸があった場所で一部当時の土塁が残っています。画面右奥に公民館が写っていますが、この公民館は二の丸跡に建てられたそうです。

Dscf1510
旧東海道からお寺に入る入り口付近にはこんな物も建っていました。

|

« 緑十字機の燃料タンク | トップページ | デジカメ+GPS »

コメント

ずいぶん前の話になりますが・・・
なぜプロペラがすだれに写るか解説がありました。

http://labaq.com/archives/51250054.html

投稿: プロペラの秘密 | 2012年3月 7日 (水) 23時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鳥人・幸吉:

« 緑十字機の燃料タンク | トップページ | デジカメ+GPS »