« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月25日 (日)

マイクロソフト フライト

2月の終わり、マイクロソフトから新しいフライト・シミュレーターがリリースされました。
無料でダウンロード出来ると言うので、私も落として遊んでみました。

マイクロソフト社からはWINDOWS3.Xの時代から続いた一連のフライト・シムがありましたが、フライトシミュレーターXを最後に、開発チームは解散してしまいました。

今度のソフトは、「シミュレーター」の文字が消えてしまったように、ゲーム性を高めたものとなっています。
システムも全く変わってしまい、今までのフライト・シムとは別物になっています。

これまでは、パッケージ・ソフトを購入すれば一通りの機体と全世界の空港で飛べたのですが、今度のものは、ハワイ島とお試し機体を無料配布し、もっと遊びたかったら新しい機体や空港は有料で購入しなければなりません。
無料で手に入るのは、ハワイ島といくつかのミッション、ICON A5という水陸両用のウルトラ・ライト機。ウインドウズ・ライブに登録するとボーイング・ステアマンという複葉機と関連するミッションで遊べます。
現時点では、有料でモールとムスタングの機体とハワイ島以外のハワイ諸島のシナリーがあるだけです。

FSXを持っていない人はダウンロードして遊んで見てもいいかもしれないが、FSXを持っている人には物足りないでしょうね。
携帯ゲームのように、基本ソフトは無料配布して、アイテムで儲けようというビジネス・モデルです。

ちなみに、遊ぶのにはネット環境必須です。起動のたびに認証があり、基本データはサーバー側に置いてあるクラウド・システムとなっているようです。
無料ですので、試しにダウンロードしてみてはいかが?

なお、もう一つのフライト・シミュレーター・シリーズである「X-PLANE」も新バージョンがリリースされています。
こちらは従来どおり有料です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月17日 (土)

デジタル一眼

オリンピック開催年ということもあって、この春は、各社から様々なカメラが発売されます。

プロフェッショナル用途では

NIKON D4
35ミリサイズ 1620万画素 10コマ/秒
91KピクセルRGBセンサー測光
f8対応51点測距AF

CANON 1D X
35ミリサイズ 1810万画素 12コマ/秒
61点測距AF

上級35ミリサイズ機では

NIKON D800
3630万画素 4コマ/秒(1.2倍または1.5倍クロップ時5コマ/秒)
D4と同じAEとAF

CANON 5D MarkIII
2230万画素 6コマ/秒
1DXと同じAEとAF

ミラーレス一眼では

OLYMPUS OM-D E-M5
4:3 1605万画素 3.5コマ/秒
144万画素EVF

FUJIFILM X-Pro1
APS-C 1630万画素
ローパス無し EXR撮像素子
OVFとEVFのハイブリッド・ファインダー

どれも魅力的なカメラでありますねー!!
しかし、D300を使っている私にはD300後継機が気になるところですが、はて?どうしたもんでしょうか??
去年の暮れに製造終了となったD300sの後継機は出ないのかな?
タイの工場がまだ復旧していないから出せないだけなのか、D7000にその座を譲ってしまったのか・・・・

D800でDXにクロップすると1536万ピクセルなので、地上展示はFXの超高精細で撮り、飛行展示はDXクロップで望遠を稼ぐという使い方も出来なくはない。
36.3メガピクセルもあったら、もうGW690の出番は無いか??

また、未だにオリンパスのOMシステムを所有していますので、OM-Dも気になりますね。
OM-2N、OM-4、OM-4Tiが現役です。ズイコーレンズも沢山あります。
OM-Dはバッテリー含めても425gという軽量もいいですね。
ちなみに、D800はバッテリー含めて1000g。
D4はバッテリー含めて1340g

D300には特に不満もないんですけどね。あえて言えば重いことかな。
色に関してはあきらめています。デジカメはどれも似たり寄ったりなので。
で、D300後継機の発表まで暫く様子見しようっと!


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年3月13日 (火)

デジカメ+GPS

GPS付きのコンパクト・デジタル・カメラ「FINEPIX F550」で遊んでみました。
最初のGPSの捕捉に結構時間が掛かるので、朝電源投入時に常時捕捉に設定して使って見ました。

Finepix
フジフィルムの「My FINEPIX Studio」で地図表示したもの。
サムネイル表示が地図上に並んで、撮影時間順に線が引かれています。

Viewnx
こっちはニコンの「View NX2」で地図表示したもの。
地図にピンが立ったような表示で、撮影場所がピンポイントで判ります。

操縦しながら撮っているので、カメラのGPSアンテナを常に上に向けておくわけにもいかず、位置情報の更新されていない画像も結構ありました。
衛星が捕捉出来ていない時は、直前の位置情報が書き込まれるので、全く同じ座標・時間の写真もあったりします。

Dscf1558
この写真は位置情報が更新されていませんでした。

Dscf1564
この写真は位置情報が付いていましたが、機体に搭載しているGPSデータとはズレが見られます。

Dscf1583
鉄道模型のジオラマではありませんよ。

Dscf1592
だいぶ出来上がってきた「第2東名」改め「新東名」。

Dscf1595
新しいインターチェンジから滑走路はとっても近いです。

GPSデータ付きの写真を撮るならスマートフォンの方がよっぽどマシかも知れない・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »