« 静岡県総合防災訓練2012 | トップページ | 2012グライダーの夏  »

2012年9月11日 (火)

霧が峰滑空場

戦前に、日本で始めての滑空場が作られた「霧が峰」に行ってきました。
近くには白樺湖や車山などがある高原の観光地にあります。
滑空場も霧が峰の国定公園の中に作られています。

Dscf2793
セスナで上空は何度か飛んだことがありますが、地上から行ったのは初めてです。
山の上の草原を切り開いて滑走路があります。
雲が掛かってしまいましたが、写真後方左端に蓼科山。中央から右側に八ヶ岳がそびえています。さらに、天気が良ければ八ヶ岳の右に富士山も見えます。

滑空場の左端は離陸準備中のASK13が2機。中央の黄色い機体はKa6。右のトレーラーのそばにあるのが高性能複座機「デュオ・ディスカス」です。

Dscf2794
準備中のASK13.白い機体はノーズ・スキッドですが、赤い機体は3車輪となっています。

Dscf2810
観光地だけあって、近くに大きなドライブインもあり、沢山の観光客がフライトを見学していました。旅行会社のバッチを付けた団体客も!!

Dscf2834
少し歩くと格納庫があって、「グライダーふれあい館」として格納庫内のグライダーやビデオ上映も見られますが、案内板も無く、お客さんは少なかったです。

Dscf2824
内部にはこんなビンテージ・グライダーも保存展示されていました。

Dscf2828
これは初級グライダー「霧が峰式 はとK14型」登録番号は「JA0068」です。
グライダーは、初級・中級・上級のライセンスがあり、それぞれプライマリー・セカンダリー・ソアラーと呼ばれています。
現在、普通にグライダーの免許を取ると「上級滑空機」という免許になります。なぜなら、わざわざ初級や中級で受験する人はいないから。

Dscf2804
車山の気象レーダーとASK13。
山肌に吹く上昇気流を使って多くの記録飛行も行っています。
とっても風光明媚な場所で気持ち良さそうですね。
今回は見学だけでしたが、一度はここで飛んでみたいです。

|

« 静岡県総合防災訓練2012 | トップページ | 2012グライダーの夏  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 霧が峰滑空場:

« 静岡県総合防災訓練2012 | トップページ | 2012グライダーの夏  »