« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月28日 (日)

航空宇宙展2012 ポートメッセ編

国際展示場「ポートメッセなごや」が今回の航空宇宙展のメイン会場。
約660社の航空宇宙関連企業が出展していました。
Dscf2854

航空機メーカーや部品メーカー、素材メーカー、工作機械メーカー、計測機器、運行会社、通信会社など、幅広い分野の企業が参加しています。

Dscf2860
実機を持ち込んだ川崎重工。ドクターヘリ仕様のBK117C2です。
実機はこの他にアグスタがヘリを1機展示していました。

Dscf2864

Dscf2865
民間貨物輸送にも売り込みをするそうですが、どうなんでしょう?

Dscf2869
ベアリング(軸受け)メーカーのブース

Dscf2876_2
ラジコン・メーカーのヒロボーは、1人乗りのヘリコプターのモックアップを展示していました。

Dscf2877
US-2をアピールする新明和工業

Dscf2884
現在試作機の製作中の三菱MRJ。

Dscf2882
MRJの客室モックアップ。

Dscf2885
ここだけ異様な雰囲気のロッキードマーチン。
民生品展示が大半の展示会で、ミサイルがメインの展示はちょっと浮いていました。

Dscf2892
F35とF2の巨大模型もディスプレイ。
左に見える壁の中には、F35のコックピットシミュレーターがあって、関係者のみに見せていたとか・・・・・

Dscf2904
富士重工は、飛行補助制御システムの実演を行っていました。

Dscf2927
石川島播磨重工のブースには太平洋戦争中に作られた日本初のジェットエンジン「ネ20」

他にも面白いものが沢山展示してあったんだけど、とても紹介しきれない。
企業の担当者が積極的に自社製品をアピールしてくる姿勢にもちょっと感動。
何も聞いていないのに一生懸命説明してくれちゃう人が多数。
まあ、中には来客には目もくれずPCでお仕事中の人もいたりしましたが、多くの企業のブースでは積極性が目立ちました。お金払ってブースを出しているんだから、1人でも多くの人にアピールしようというのは当然でもありますが。
帰る頃にはメーカーロゴ入りエコバックにパンフレットがズッシリ。
でも、英語のパンフレットが多かったりします。日本語のパンフレットもよろしくお願いします。出展者のみなさま。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月24日 (水)

国際航空宇宙展2012 セントレア会場編

小牧基地からセントレアで行われていた国際航空宇宙展の会場に向かいました。

当日の駐車場は、空港橋を渡る手前に無料駐車場があり、無料シャトルバスも出ている。との情報でしたが、11時ごろに到着した時はすでに高速道路上まで大渋滞。仕方なく有料駐車場のある空港島に向かいました。
でもやっぱり渋滞に。戻りたくても戻れないので並んでいたら、こっちはソロソロと動いていた。駐車場にはまだまだ空きがあったので、料金所渋滞だったようです。

1,000円払って車を停め、会場のゲートに行ってビックリ!物凄い人です!
前売り券は持っていなかったので、チケット売り場と手荷物検査で2度並ばなくてはいけません。
あまりの人ごみに嫌気が差して、メシ食って帰ることにしました。
が、人混みでターミナルに行くのも一苦労。結局露天で静岡餃子買って昼飯としました。

そうこうしている内にブルーインパルスの離陸時間も迫ってきたので、駐車場から見物することに。
_dsc7823
セントレアに姿を現したブルーインパルス。
ターミナルのスカイ・デッキも相当な人混みのようです。入場規制もあったとか。

_dsc7831
この時間は雲も広がって写真的には残念な結果に・・・・・

ブルーの展示飛行が終わって速攻駐車場から逃げ出しました。
行き先は航空宇宙展のメイン会場である、名古屋ポートメッセ。

国際航空宇宙展は、1966年の第1回から1983年の第6回までは自衛隊の飛行場で行われていましたが、1983年の開催を最後に自衛隊が会場提供を拒否。
1991年の第7回からは幕張メッセ、東京ビッグサイト、パシフィコ横浜など、屋内展示場での開催を余儀なくされていました。
そして今回、屋内展示と屋外実機展示が別会場となってしまいましたが、久々に飛行場での開催となったものです。

駐機場に入ってもいないので偉そうなことは言えませんが、展示された航空機はガッカリな内容でした。お金とって見せるようなものではないですね。
どうせやるなら、国産のF-2やC-2、P-1、US-2、ぐらいは展示して欲しかったなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月21日 (日)

小牧基地航空祭2012

最近忙しくてちょっと時間が経ちましたが、小牧基地航空祭のレポートです。

_dsc7719
オープニング・フライトでの異機種編隊。
7時半ごろ勝川駅から航空祭行きシャトルバスに乗り現地入りしましたが、乗客は少なく、乗り込んでからも人が集まるのを待って、座席が埋まった時点で基地に向け出発しました。
基地に到着してエプロン入り口付近まで歩いたところでこの編隊が進入してきました。

_dsc7745
オープニング飛行を終えて戻ってきたU125とC130

_dsc7778
F2は三沢基地の第3飛行隊です。

_dsc7780
F4は岐阜から。
後方の新管制塔は、内部公開も行っていて、管制塔の上からも見学できるようになっていました。

_dsc7786
F15は小松基地の第306飛行隊

_dsc7797
海上、航空、陸上それぞれの自衛隊から60ファミリーが勢ぞろい。
滑走路の反対側にある三菱重工で作っています。

_dsc7805
KC767の機内公開は相変わらずの人気です。
エンジン・ナセルにKC767のイラストが描かれていました。

_dsc7816
格納庫内には、飛行クラブ「スカイシャフト」のFA200がコクピット搭乗体験を行っていました。
奥には明野飛行場にある三重県航空協会のグライダー曳航機も飛来して展示されていました。
格納庫の奥だったので目立たず、知らなかった人もいたのでは?
このFA200には私もお世話になっていますが、ノーズアート?も付いて少しお洒落になったかな。

で、10時ごろには小牧基地を出て次の目的地へ移動開始です。
この日は「航空宇宙展」も開催されていたので、セントレアとポートメッセにも行ってしまいました。
航空宇宙展のレポートは次回に。
(NIKON D300 + 16-85)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »