« 浜松基地近くのホテル | トップページ | AS-W28-18 »

2012年11月23日 (金)

時計のはなし

Dscf3581
久々に時計を買ってしまいました。
「スント アンビット」というやつ・・・・

Dscf3582
「スント」はフィンランドの会社で、高度計などのセンサーを搭載した腕時計を作っています。
私は日本の「カシオ・プロトレック」を2本持っていて、高度計やコンパス、温度計などのセンサー付きという点では似ていますが、こっちの方がずっと「おしゃれ」な感じがします。

Dscf3583
カシオは登山などのアウトドアをターゲットとしていて、スントはマラソンやサイクリングなどアスリートをターゲットとしているようです。
その辺がカシオの無骨なデザインに対し、スマートなスントのデザインとの違いかな?

Dscf3585
裏蓋には「MADE IN FINLAND」の文字が。
北欧はデザインでは世界的に有名ですから、そんな血も入っているんでしょうねえ。
ちなみに、家のプロトレックは「MADE IN THILAND」でした。

Dscf3584
箱の中には時計本体のほかにUSBケーブル1本と説明書が4冊のみ。
説明書は4分冊かと思ったら、同じ内容が違う言語で書かれている1枚ものの紙切れでした。
なお、この29言語の中に日本語は入っていません・・・・・・
日本の販売代理店が厳しいらしく、日本語マニュアルはそこが独占しているようです。
スント本社のサイトにも多数の言語の百数十ページになるPDFマニュアルがありますが、やっぱり日本語はありません。日本語マニュアルが欲しかったら日本向け正規品を買えってことですね。

この時計、USBで充電し、ログファイルの吸出しや細かい機能設定もPCから操作するため、PCとインターネット環境がないと意味が無いです。
接続は上写真のワニ口クリップを時計サイドにかませて行います。裏側写真に接点が写っていますが、接点はむき出しのまま。このままで100m防水なので、接点は濡れても大丈夫ってことですよね?

買ったのは、本場フィンランドのヘルシンキ空港の免税店。
箱には EUR329.00- となっていましたが、キャンペーン中で更に 10%OFF の EUR296.10- で購入できました。もちろん税金はかかりません。
日本のアマゾンで同じモデルの日本正規品がJPY44,400-
並行輸入業者で3万5千円前後なので、少し安いくらいですね。

********************************

で、大事な話を忘れていました!日本に帰ってきて、ブライトリング(これも時計メーカーですよ)の会報が届いていたので、読んでみたら、「ブライトリング・ジェットチーム」が来年5月に来日するそうです!
同乗しているTOKUNAGAさんが書いているから間違いないと思いますよ!
5月頃の航空祭と言えば、岩国・鹿屋・静浜??
さて、どこで飛んでくれるんでしょうか?
ブライトリング・ジェットで検索

|

« 浜松基地近くのホテル | トップページ | AS-W28-18 »

コメント

こんばんは、ご無沙汰しています、相変わらずの行動力恐れいります、自分は最近富士川で訓練をしています、ブライトリングジェットチーム見たいです!

投稿: M.SUGIYAMA | 2012年12月18日 (火) 02時03分

お久しぶりです!お元気ですか?
たまにはこっちにも顔を出してくださいね!
なお、今度の土曜日は忘年会です。

投稿: Youhei | 2012年12月19日 (水) 22時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時計のはなし:

« 浜松基地近くのホテル | トップページ | AS-W28-18 »