« KLASSE DE Belgique | トップページ | 秋葉神社と杉花粉 »

2013年2月 5日 (火)

スント・アンビットのログ

以前の記事でGPS機能付きの腕時計を買ったことを書きましたが、今回はそのログ・ファイルを確認してみました。

スント・アンビットのGPSログは、1秒ごと記録で15時間。1分ごと記録で50時間のログが記録できるそうです。

時計をパソコンに接続してログ・ファイルを転送できます。
先日、グライダーのコクピットで記録したものがこちら。

201323
一応、スポーツ向けの時計なので、「エクササイズ・モード」とか、「フィットネス・データ」とか、体育用語が多いです・・・・。
なお、地図画面の下に「輸出」と書かれたボタンがありますが、これはGPS軌跡ログを「エクスポート」するためのもの。グーグル・アースで表示できるKML形式と「カシミール」で表示できるGPX形式に変換して出力できます。

20130203alti
グラフの画面では、左上の「速度・高度・温度・距離・垂直速度・圧力(気圧)」のボタンで表示の切り替えや重ね合わせての表示もできます。
着陸間際のデータで、上下の振幅が大きいですが、これはGPS精度の誤差ではなく、高度処理のためにレイジー・エイトを行って遊んでいたパイロットのせいです・・・・・。

20130203track
グーグル・マップに表示した航跡。
記録間隔1秒なので、結構綺麗に記録されていました。時計のバンド部分にあるアンテナの位置も絶妙で、ほとんどデータの欠損や飛び跳ねてギザギザになることも無かったです。
川の上でのレイジー・エイトもバッチリ記録されていました。

飛行場の位置などを登録しておけば、方角と距離を教えてくれる簡易ナビゲーションも行うことも出来ます。万が一の時のバックアップにもなるかも。


ちなみに、飛行中に撮った写真はこんなふうでした。
Dscf36811
(FINEPIX F550)

|

« KLASSE DE Belgique | トップページ | 秋葉神社と杉花粉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スント・アンビットのログ:

« KLASSE DE Belgique | トップページ | 秋葉神社と杉花粉 »