« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月29日 (月)

富士山静岡空港に着陸!

世間では、ゴールデンウイークの前半ですね。
私はモーターグライダーで静岡空港に行ってきました。

P10004971
浜松基地のレーダーから開放されて、牧之原サービスエリア上空から静岡レディオにコンタクト。着陸をリクエストすると、南東の風だからライト・ダウンウインドに入ってR/W12での着陸を推奨されました。

P1000528
R/W12のオン・ファイナルです。

P1000542
エプロンの7番スポットに駐機して、旅客機をバックに記念撮影。
モーター・グライダーは普通の小型機よりも主翼が長いので、大き目のスポットを用意してくれます。
普段の滑空場では、他機と主翼が重なるような距離で地上走行しているので、広すぎて困ります(笑)

P1000566
エプロンから外に出るには、この扉から。
着陸料1,050円を支払います。

P1000547
帰るためのフライトプラン提出は、管制塔の下にある事務所まで行って手続きします。
ついでにウエザー・ブリーフィングも聞いてきました。

P1000575
離陸時には風が西風に変わっていたので、R/W30で離陸することにしました。
3月に完成した展望台の横をタキシング。
かなり近いので、見物する人も良く見えます。
一応、お約束のお手振りをしてご挨拶!

P1000589
着陸時にエプロンにいたANAとCHINAは離陸していて、代わりにFDAが駐機していました。

P1000598
さようなら、静岡空港。
また来るからね!

なお、16:9の写真は、動画からの切り出しです。
(LUMIX FZ200)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月21日 (日)

磐田市の空撮

3月の下旬に、磐田市付近の空中写真を撮影しました。

P1000126
磐田市民病院。

P1000130
桶ヶ谷沼の菜の花畑。
例年なら満開の頃に見物櫓が中央に作られますが、少し早かった様です。

P1000135
JR新駅建設予定地。(として何十年も前から誘致活動している地区)
区画整理も始まって、いよいよでしょうか?
付近には大きな工場やJリーグのサッカー競技場もあるので、ある程度の需要はありそうですが・・・・・。
また、この付近は古墳が沢山あり、画面左側の中学校の横の森も古墳です。

P1000143
某球団の競技場は観客席の増設工事中。

P1000146
結婚式場と市民文化会館

P1000149
JR磐田駅付近

P1000160
かぶと塚公園。昔は陸軍基地でした。

P1000165
遠州豊田パーキングエリアと隣接のショッピング・センター

P1000170
寺谷浄水場。工業用水の供給施設だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月16日 (火)

安全祈願

昔から日本では、飛行機を新規購入したら神主さんに安全祈願をしていただく「ならわし」になっています。
今回は中古機ではありますが、例によって山の上に住む空の神様に安全祈願をいたしました。

_dsc8879

_dsc8891

_dsc8898

ということで、晴れて飛行を開始しました!

_dsc8921
この日は対流も活発で、無線で「帰れコール」をしないとみんな戻ってきません。
他支部からも多数参加いただきましたが、楽しんでくれて良かったです!
(NIKON D300 + 16-85)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 6日 (土)

ヤマハ発動機 コミュニケーションプラザ

先日、「スズキ歴史館」を紹介しましたが、今回は「ヤマハ発動機」の広報施設です。
実は、午前中にヤマハ発動機、午後にスズキを見てきました。

_dsc8690
施設は本社のすぐ近くにあって、結構立派な建物です。
非常に沢山の種類の自社製品が展示されています。

_dsc8748
ヤマハ発動機の前身は「日本楽器製造株式会社」です。
楽器造りの技術を活かして、太平洋戦争終結まで木製や金属製の航空機プロペラを作っていました。
プロペラ・ブレードだけでなく、恒速ピッチ・プロペラのハブも作っていたようです。

戦後、高い機械加工の技術を活かすために、オートバイを作るようになり、ヤマハ発動機が分社化されました。

_dsc8698
スカイ事業部の主力製品。無人ヘリコプターです。
農薬散布や航空写真撮影の他、防衛庁では偵察用途でも使用されています。
高級グレードの機体では、GPSを使った自立航法で自動飛行が可能となっています。

_dsc8697
ラジコンのプロポ。

_dsc8726
人力飛行機チーム「エアロセプシー」の極楽とんぼ号。

_dsc8725
展示の機体は鳥人間コンテストのものです。
チームは今年の5月にも、人力飛行機の世界記録に挑戦します。
富士川滑空場から駿河湾を南下するコースで挑戦する予定です。
超軽量機なので風に非常に弱いため、無風でないと飛ばないみたいで、前回は条件が揃わずに飛行できませんでした。
翼幅35.6mで重量はたったの40kgだそうです。
チームのメンバーは3月に浜北滑空場でモーターグライダーに乗って空中操作のトレーニングもしていました。
パイロットは自転車で毎日100キロ以上走っているとか。
是非とも115kmの世界記録を上回ってもらいたいですね!

ここには展示されていなかったですが、ヤマ発は以前(1990年頃?)水平対向4気筒の航空エンジンを防衛庁に納入していて、無人標的機に使われていました。
100馬力くらいのエンジンでしたが、モーター・グライダーのエンジンが丁度そのぐらいだし、船舶製造でFRPの成型技術も高いので、本気になれば機体もエンジンもヤマハ製の飛行機が作れそうですけどね。

バイクやエンジンも興味深い展示品がいろいろあったので、それらは後日紹介します・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 2日 (火)

新しい「おもちゃ」

正式に、導入が決まりました。

_dsc88521_2
ASW28-18

_dsc88441

_dsc8854
でも、この日は天候不順で1発も飛べず・・・・・
初乗りはおあずけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »