« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月23日 (月)

Wild Cat

ジブリのアニメ映画「風たちぬ」や、今週公開の映画「永遠の0」などの影響もあってか、最近は書店でも零戦関連の本が沢山陳列されていますね。
零戦についてはこのブログでも何度も紹介しているので、今回は零戦の好敵手であった米海軍の「ワイルドキャット」です。

Dscf2370
ハワイのフォード島にある「太平洋航空博物館」のF4Fワイルドキャット。

Dscf2375
太平洋の前線基地を模したジオラマになっています。

Dscf3803
フロリダのチツビル飛行場にある「Valiant Air Command Warbird Museum」のF4F。

P1000543
主翼の折りたたみ部のアップ。
斜めに設置された回転軸によって、主翼を後方に折りたたむことが出来ます。
これは良いアイデアですね。自衛隊が使っているE-2ホークアイも同じ方式のたたみ方です。

P1010287
フロリダのポーク市にある航空博物館「Fantasy of Flight」のFM-2ワイルドキャット。
エンジンカウリングの形状と大きな尾翼がグラマンのF4Fとの識別点。

Dscf4062
エンジン出力が大きくなったため、尾翼が増積されています。
グラマンでなく、GMで作られました。

Dscf4060
ワイルドキャットって、寸胴で不細工だから日本では人気無いですよね。

Dscf4064
同時期に開発された零戦と比べて、殆どの性能で負けています。
勝っていたのは頑丈なこと。(防弾を含めて)
格闘戦では勝てないので、頑丈さを生かした急降下一撃離脱で日本軍と戦いました。
実にアメリカらしい飛行機ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 8日 (日)

F6で紅葉

紅葉を見に近所の神社に行ってきました。
今回のお供は、「NIKON F6」と60ミリマクロ。
フィルムはRDPIII「プロビア」です。

34001

34002

34003

34005

34006

34007

F6はしばらく使っていなかったので、出かける時に買い置きの新品電池を入れて行ったのに、撮影開始して10コマ程撮った所で電池切れ!
いつ買った電池か記憶に無いが、有効期限は切れていなかった筈。
人混みを避けて朝早くに出かけたので、気温は確か7度くらい・・・・
電池を取り出してポケットで暖めると使えるようになったので撮影再開。
でも時間が経つとやっぱ電源落ちる・・・・
3回位暖めなおして、ようやくフィルム1本取り終えて帰ってきました。
暖かい我が家に着くと、バッテリー表示はフルになっていましたとさ。

そういえば、F6は電源に問題があってファームアップが行われましたが、自分のF6が対象なのか定かではないし、問題も無かったので放っておいたんですけど、こういうことだったのかな?
以前は、もっと寒いところでの撮影も問題無かったんですが、買い置きの電池が古かったのか?
謎です・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 1日 (日)

浜名湖のDC-3

今年公開された映画「飛べダコタ」で使用されたダグラスDC-3が浜名湖に移送されたと聞いて見に行ってきました。

映画は終戦直後に佐渡島に不時着した英軍のDC-3を島民の協力により再離陸させたという実話を基に製作されたものです。

撮影に使用されたDC-3はタイ空軍で使われていた機体を購入し、実際に佐渡島に搬入して当時の塗装を施してあります。

撮影終了後、なんとヤフオクでオークションに掛けられたようですが、買い手は無く、結局浜松の法人が買い取ったようです。

P1020508

P1020515

P1020511

P1020520

P1020521

P1020505
国籍マークが欠けていますが・・・・・、

P1020523
機首の下側に欠けた国籍マークの書かれたパネルが・・・・

撮影で酷使したのか、輸送途中で破損したのか、結構くたびれている感じです。
きちんと直すには工数がかかりそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »