« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月27日 (木)

GLでGR

リコーGRに入っていたリバーサル・フィルムが余っていたので、グライダーに乗って写真を撮りました。

Dsc_5183
今回の機材。「ASW28-18」

Dsc_5184
リバーサル独特の発色。
ライトボックスの透過光で複写しているのでコントラスト高めです。

Dsc_5188
撮影カメラ「GR1」フィルムは「RDP3」
複写カメラは「D300」レンズは「Micro60mm」

Dsc_5190
森の色は濃いですね。

Dsc_5191
日頃、デジカメの手振れ補正に慣れちゃったので、久々のGR1では手振れ連発になってしまいました。

20150809
この日のGPSログ。
黄色が高度。白が速度です。
速度がギザギザな所はサーマル旋回している所。
終盤は着陸のための高度処理でカッ飛んでいるからです。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月22日 (土)

米子鬼太郎空港

航空自衛隊美保基地には何度か行ったことがあるんですが、隣にある米子空港に行ったのは初めてでした。

_dsc5127
空港ターミナルビルは、オーソドックスな箱型。

_dsc5157
内部は、「ゲゲゲの鬼太郎」が飛んでいます!
空港近くの境港は漫画家の「水木しげるロード」があって観光に力を入れています。
空港の名前も「米子鬼太郎空港」にしてしまいました。
_dsc5158

_dsc5161
鬼太郎・目玉おやじと記念写真が撮れるコーナーも。
背景の山は「大山」ですね。

_dsc5129

_dsc5130
出雲空港の展望デッキは撮影用の穴が所々に開いたフェンスでしたが、米子空港は中央部横一列隙間が空いたタイプで、レンズが左右に振れて写真は撮り易そうです。

_dsc5154

_dsc5138
中日本航空のヘリが着陸して燃料補給していました。

_dsc5147
空港は航空自衛隊美保基地の敷地の一部に作られていて、飛行場自体は自衛隊が管理しています。
消防車も自衛隊だし。立派な管制塔があって山陰で唯一航空管制が行われています。

_dsc5149
美保基地は、現在開発中の新型輸送機「C-2」の受け入れのため、大工事の最中。
大きなクレーンで大格納庫を建設中でした。

_dsc5162

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月15日 (土)

出雲縁結び空港

山陰に旅行に行ったついでに、空港見学してきました。

_dsc4896
宍道湖のほとりにある出雲空港。

_dsc4895
近くにある「出雲大社」にちなんで、空港の名前も「出雲縁結び空港」になっています。

_dsc4893
東京、大阪に加えて、名古屋便が復活しました。

_dsc4894
どこかで見たようなフライト・シミュレータも置いてあります。

_dsc4892
「しまねっこ」

_dsc4774
JACのサーブ。

_dsc4801
宍道湖をバックにFDAが到着。
並行誘導路も無い小さい飛行場で、周りは田圃なので、滑走路のすぐそばで撮影可能。
空港公園の丘も近いです。

_dsc4847
山と湖と田畑がとても美しい空港でした。

_dsc4745
管制塔は耐震補強?で不気味な姿に。(ただし管制業務はやってません)

_dsc4897
県警察航空隊とドクターヘリもいるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 8日 (土)

中部国際飛行機教習所

P1050750
中部国際空港セントレアから名鉄で約10分。
尾張大野駅から徒歩3分。
元尾張大野郵便局舎で尾張大野歴史資料館になっていた建物です。

P1050747
友人が飛行教習所を始めました。
モニター4台を使ったフライトシミュレータです。
視界の殆どをカバーするため、中々の臨場感です。
写真はバロンでIFRの訓練中。
プロのライン・パイロットだった方です。再就職のためリハビリ中だとか。

P1050742_2
教官はFAAの事業用とグランドインストラクターをお持ちです。
グアムでセスナの体験飛行でも飛んでいるようです。

ライセンス持っている人。ライセンス取得を目指している人。体験飛行してみたい航空ファン。
それぞれの目的に合わせて利用してみてはいかが?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 4日 (火)

浜松SA

家族用にコンパクトなカメラを、ということで安くなってきた「OM-D E-M10」を買ってみました。近々後継機が出るらしいので、もっと安くなる可能性もありますが黒がなくならないうちに買ってしまいました。(黒の在庫は少ないみたいなので)

P7260068
コクピットに持っていくのにも小さくて良いです。
特に標準のパンケーキ・ズームレンズの小ささは驚異的。

オリンパスのカメラはフィルム機はOM-2N,OM-2SP,OM-4,OM-4Ti,AF1TWIN,XAと7台使いましたが、(まだ使っています。AF1は今回下取りに出しましたが)同社のデジカメは初めてです。
小さなボディーに機能満載なので、設定が非常に判りにくいです・・・・
慣れていないのもありますが。

P7260070

初期設定では、連写にすると手振れ補正が効かない。というのに騙されました。
連写時の手振れ補正をONにするには、メニューから入って「(四角)+手振れ補正OFF連動」をOFFにすると手振れ補正がONになります。
何のことだか??(四角)とは実際には四角い絵文字で、連写を意味するそうです。
訳すと、「連写に設定すると連動して手振れ補正をOFFにします」をONかOFFか選択させるわけです。で、初期設定がONなので手振れ補正はOFFだったのです。
素直に「連写時の手振れ補正  ON・OFF」の選択で良いと思うんだけど。

連写の設定自体もメニューの奥底まで行かないと変更できなくて不便だと思っていたら、方向キーのダイレクト機能を有効にすると方向キー一発で呼び出し出来ることが判明。
コンデジによくある、上下左右の方向キーそれぞれに露出補正とかタイマーとかフラッシュモードとか機能を割り振ってあるやつ。
初期設定では方向キーに測距点選択が設定されていたのです。

上級機に比べてボタンの数が少ないので仕方ないかもしれないけど、初心者には不親切ですねえ。説明書も見難いし。 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »