2012年3月25日 (日)

マイクロソフト フライト

2月の終わり、マイクロソフトから新しいフライト・シミュレーターがリリースされました。
無料でダウンロード出来ると言うので、私も落として遊んでみました。

マイクロソフト社からはWINDOWS3.Xの時代から続いた一連のフライト・シムがありましたが、フライトシミュレーターXを最後に、開発チームは解散してしまいました。

今度のソフトは、「シミュレーター」の文字が消えてしまったように、ゲーム性を高めたものとなっています。
システムも全く変わってしまい、今までのフライト・シムとは別物になっています。

これまでは、パッケージ・ソフトを購入すれば一通りの機体と全世界の空港で飛べたのですが、今度のものは、ハワイ島とお試し機体を無料配布し、もっと遊びたかったら新しい機体や空港は有料で購入しなければなりません。
無料で手に入るのは、ハワイ島といくつかのミッション、ICON A5という水陸両用のウルトラ・ライト機。ウインドウズ・ライブに登録するとボーイング・ステアマンという複葉機と関連するミッションで遊べます。
現時点では、有料でモールとムスタングの機体とハワイ島以外のハワイ諸島のシナリーがあるだけです。

FSXを持っていない人はダウンロードして遊んで見てもいいかもしれないが、FSXを持っている人には物足りないでしょうね。
携帯ゲームのように、基本ソフトは無料配布して、アイテムで儲けようというビジネス・モデルです。

ちなみに、遊ぶのにはネット環境必須です。起動のたびに認証があり、基本データはサーバー側に置いてあるクラウド・システムとなっているようです。
無料ですので、試しにダウンロードしてみてはいかが?

なお、もう一つのフライト・シミュレーター・シリーズである「X-PLANE」も新バージョンがリリースされています。
こちらは従来どおり有料です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 7日 (水)

オートボルテージュ

今年も茂木に行って来ました。
一般公開は3日間ですが、私は土曜・日曜の2日間観戦しました。天気は土曜日が午前中曇りで午後は快晴。日曜日は午前中快晴でしたが午後は積雲が発達して曇りがちでした。

Dscf1020

今回はレッドブル・エアレースと開催日が重なった為、常連のピーター・ベゼネイやクラウス・シュロットは欠席。カイリスも来ませんでした。

その代わりに、初の日本人選手「室屋義秀」氏が出場。
去年初飛行したばかりの新鋭機エクストリーム3000を売り込みに(?)開発パイロットのスタインバッハが参戦。など、話題も多かったです。

Dscf1028

フォーメーション・チームも3チーム参加して、機数は総勢16機。
特に、引き込み脚にフラップ装備というマイクロライト(!)を使う「パイオニア・マイクロライト・フォーメーション」は、期待以上の素晴らしい飛行を見せてくれました。
日曜日には、このチームを空撮しに徳永カメラマンが来ていて、ヘリに乗って編隊を組み、グランドスタンドをバックに写真を撮っていました。

Dscf1042

茂木名物のグランドスタンド前のローパスは今年も健在。オープニング1発目からガンガン来るし、競技終了後も3~4回づつローパスしてくれるので、撮影機会は去年よりずっと多かったです。

Dscf1077

ロシア勢は、「ロシアン・ファンタジア」と題してスホーイ4機でエキジビジョンを飛びました。これもなかなか良かったです。
グランドスタンド前ローパスは曲技禁止なので、バックストレートのラインでコンビネーション・ロールを見せるように飛ぶようになったのも良かったですね。

例によってフライトはポジで撮ったので、写真はしばしお待ちを。競技はビデオで撮って、スチールはローパスだけにしたのに、19本も撮ってしまいました・・・・・。ローパスの回数がとっても多かったんですよー!!
NIKONのブースには発売前のD3とD300が展示してあったので、ちょっと触ってみました。触っただけではよく判らんけどねー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 5日 (月)

FSX

マイクロソフト社の「フライトシミュレータX」を買ってきました。
通称FSX。どっかの国の戦闘機みたいです。

DVD2枚組み。インストール容量15GBの巨大プログラムです。
インストールに2時間弱かかりました・・・・
インストール後、オンライン又は電話でライセンス認証を受ける必要があります。認証をしないと許容時間経過後に利用できなくなるそうです。認証可能なのはコンピュータ1台のみ。

私の使っているマシンは、推奨動作環境には程遠く、最低動作環境に限りなく近い!
起動してみると、ほぼすべての設定項目が「最低」になっています。ためしに「高い」にしてみると、フレームレートも落ちるし引っ掛かるし、まともには飛べません。「最低」でようやく飛べる感じですね。

さっそく「レッドブル・エアレース」に挑戦!
難しいー!!
視野が狭くて次のパイロンが見にくいし、画質「最低」なので、距離感・高度感がつかみにくい(細かいテクスチャが無くてのっぺりした絵になっています)
140秒でクリアのコースを10分くらいかかりました・・・・・

滑空機でのソアリングにも挑戦!
チュートリアルの場所は「ミンデン飛行場」。アメリカの有名な滑空場です。
曳航機に引かれて離陸し、7500ftで離脱。サーマルを捕らえて上昇して、山に向かって滑空。山肌の斜面上昇風で再び上昇。
なかなかよく出来ています。
曳航機に旋回の指示は出来ないのかな?

とりあえず、アメリカと日本しか飛んでいませんが、地形の高度メッシュデータは、わりと細かいのが入っていて、山がリアルです。
地表の川や道路や海岸線も、前作よりかなり忠実になっているので、VFRでも迷子になりにくいでしょう。
自動生成オブジェクト(森とか市街地とか)をONにすると、私の非力なマシンでは引っ掛かりまくりなのですが、オブジェクト無くても前作よりは雰囲気が出ています。

飛行特性は相変わらず・・・・・
もう少しなんとかならんかなあ??
まあ、普通に飛ぶ分には何の問題も無いけど、アクロやソアリングで飛行性能範囲ギリギリの所で飛ぼうとすると挙動不審になります。

このソフトを快適に動作させることが出来るコンピュータを組むと、いったいいくらぐらいかかるのかなあ?
推奨環境
ペンティアム4 3GHz以上
メインメモリ 1GB以上
ビデオメモリ 128MB以上
ですが、これでも不十分だと思いますよ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)