2017年3月15日 (水)

ひなまつり

Fh000006

Fh000009

Fh000014

Fh000015

Fh000016

Fh000005

Fh000020

Fh000004

(NATURA BLACKf1.9 + NATURA1600)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月21日 (木)

NATURA DE YOKOSUKA

毎年4月初めの週末に行われる「遠州横須賀 三熊野神社大祭」を見に行ってきました。

Dsc_7279
周辺の祭りが「御殿屋台」に進化していく中、江戸初期の形態を今に伝える伝統の祭りです。

Dsc_7283
今回のカメラは、「NATURA BLACK f1.9」
24ミリ単焦点のコンパクト・カメラです。
フィルムは「プロビア400X」(RXP)
押入れで見つけた、とっくに期限切れのリバーサル・フィルムです。

Dsc_7301
レンズが開放f値1.9と明るいので、夜でもこんな具合に撮れます。

Dsc_7303
広角24ミリでも背景が綺麗にボケた雰囲気のある絵になりました。
赤外線アクティブ測距なので、真っ暗闇でもピントが合います。
位相差検出の一眼レフやコントラスト検出のミラーレスでは出来ない芸当。
AF補助光をピカっとやればピント合うけどね。

Dsc_7310
千秋楽直前に小雨がパラっと降ってきて、ビニールガバーを被ったところ。

Dsc_7315
桜が満開の三熊野神社に13台の祢里が集まって、お祭りは最高潮!
横須賀城の城下町の風情を残す町並みも含め、見応えのあるお祭りでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月24日 (金)

NATURA で 山登り

今年のゴールデンウイークに山登りをしました。
お供はフィルム・カメラの「ナチュラ・クラシカ」+「リアラ・エース」
このナチュラ・シリーズも昨年生産終了となってしまいましたね。
今、新品で買えるフィルム・コンパクトカメラは、「クラッセ」だけのようです。

なお、フィルムもリアラはとっくに生産終了していますが、最近まで普通にカメラ店に置いてあった気がしますね。田舎だからか?
私の部屋にはまだ沢山リアラの在庫があります。
今のペースだと、あと数年は大丈夫か??

Fh010001
スタート地点。秋葉山の下社です。

Fh010006
上社までの表参道を登ります。途中は花がいっぱい咲いていました。

Fh010010
山腹でちょっと休憩。

Fh010018
参道の両脇には、江戸時代に設置された「常夜灯」が点々と立っています。
奥の門は「三尺坊秋葉寺」の門。

Fh010023
秋葉大権現は、火防の神様。
約30年ぶりに来ました。前は五重の塔もあったと記憶していますが、基礎の台座しかありませんでした。倒れたのかな?

Fh010027
樹齢数百年と思われる杉の大木。
こんなのがニョキニョキ立っています。

Fh010028
新緑がとっても綺麗でした!

Fh010031
秋葉神社の門。この門は江戸時代のもの。

Fh010032
灯篭や常夜灯など、奉納した年号が書かれていますが、様々な年号があって、古くから信仰の道だったことが伺えます。
1300年の歴史があるそうですから。

Fh010035
頂上は金色の鳥居です。
30年前は石垣しかなかったように思います。
この神社は火事で丸焼けになった後、再建までずいぶん時間が掛かったそうです。
秋葉神社は火の神様です。カラス天狗も有名です。
火事のあと、麓の可垂斉に移されていた時期もあり、そっちにも秋葉神社があります。
でも、やっぱり山のてっぺんにあるのが良いんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月30日 (日)

ヘルシンキ 市内観光編

11月にフィンランドの首都ヘルシンキで撮った写真です。

Dscf3437
ヘルシンキ中央駅
かなり立派な建物です。改札口は無いので、自由に列車を見学できます。

Dscf3537
ヘルシンキ大聖堂
真っ白な外観で内部も真っ白。とても美しい佇まいです。

Dscf3396
ウスペンスキ寺院
ロシア正教の教会です。港を見下ろす丘の上にあります。

Dscf3531
テンペリアウキオ教会
岩盤をくりぬいて作られた教会。一見の価値あり!

Dscf3421
市場
南港に面する広場に沢山の露店が並びます。ここはフィンランド伝統料理の店。
トナカイやサーモンなどが食べられます。トナカイ肉美味しかったですよ。

Dscf3370
デパートのイルミネーション。
右端に写っているのはトラム(路面電車)です。市内観光にとっても便利。

ヘルシンキは、古い建物と新しい建物のバランスが見事です。
他のヨーロッパ諸国とは一味違い、独特のデザイン・センスがあるようです。

(FINEPIX F550)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月23日 (水)

NATURA DE 西ノ京

今年の夏、奈良に行った時に撮った写真です。
ナチュラf1.9+ナチュラ1600で撮影したもの。
富士のFDIサービス(同時CD作成)の画像ですが、プリント用のデータは明るすぎるので、トーンを調整しています。

Fh010025
唐招提寺の金堂。

Fh010029
鑑真和上ゆかりの奈良蓮

Fh010020
鑑真のお墓

Fh010014
薬師寺の門。

Fh010005
薬師寺の東塔(左に写る古い3重塔)は、この後解体修理に取り掛かったそうで、7年間その姿を拝めなくなります。

Fh000027
ちょっと足を伸ばして法隆寺。

Fh000017
奈良のお寺って、京都と比べてスケールが大きいです。
敷地も建物もビッグサイズ。
時代が古いので、より大陸的なんでしょうね。

Fh000013
法隆寺見学の外人さん。
真夏だったので修学旅行生がいなくて静かに拝観できました。暑かったけど。

ちなみに、トーン調整していない元画像はこんな感じです。
Fh0000271
逆光で黒っぽい建物なので、非常に難しい条件ですが、FDIサービスでは建物は良くでていますが、空と地面はトビ気味です。
でも、飛んでいるように見える空の部分にもちゃんとデータが残っていて、調整すれば上掲の写真のようになります。

同時に撮ったデジカメ写真はこんな風です
Dscf0594
逆光のコントラストが判ると思います。
デジカメ写真も綺麗ですが、ネガカラーの絵も味があって良いんですよねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月18日 (日)

NATURA DE NARA

夏休みに奈良に行ってきました。
修学旅行以来なので、何十年ぶりです!

旅のお供は、NATURA BLACK F1.9 と NATURA1600 です。
ナチュラ・ブラックは広角24ミリ単焦点レンズで、奈良の巨大寺院を撮るのには良いかと思いました。
ナチュラ1600の柔らかい描写も古都の雰囲気には合うかと思いまして・・・

Fh020037
奈良といえば鹿せんべい
狙われていますよ!


Fh020012
角が立派な鹿。

Fh020003
灯篭の影で休憩中の小鹿。

Fh0200271
東大寺の大仏殿。人間は蟻のように小さいです。

Fh0200241_2
大仏だけでなく、周りの飾り?も大きいので、どれだけ大仏様が大きいのか写真では全く伝えられません。

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 7日 (月)

浜松城と桜

浜松城公園で桜を撮ったネガカラーの写真です・・・・・・・・・いまさらですが。

Fl000007

Fl000004

Fl000009

Fl000010

ちなみに、同じフィルムには12月に行ったスキーの写真も写っていました。
フィルムはフジのスペリア400。
カメラはフジの「Silvi f2.8」です。
すべて広角端24ミリでの撮影。安いカメラですが、良く写るんですよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月25日 (水)

ナチュラで凱旋門

NHKのドラマ「坂の上の雲」が11月29日から始まります。
司馬遼太郎の小説のドラマ化ですが、明治維新後の日本の近代化に取り組んだ人々の物語だそうです。

その中の舞台のひとつが日露戦争。近所の書店でもNHKにあやかって日露戦争関連の書籍が並んでいます。

というわけで、近場の日露戦争関連史跡、「凱旋紀念門」を見てきました。

Fl000017
旧引佐町渋川にある六所神社の入り口です。
日露戦争から帰還する兵士を歓迎するために全国各地にこのような門が作られたそうです。
現存するものは少なく、鹿児島県姶良郡とここだけではないかと言われています。

Fl000016_2
1906年3月建立。煉瓦造りでアーチ部に「凱旋紀念門」と彫られた石版がはまっています。
右脚の根本には、「登録有形文化財 第22-0079号 文化庁」というプレートが付いています。

Fl000008_3

「日清戦役従軍者」「日露戦役従軍者」として兵士の名前が刻まれています。


Fl000003

(NATURA BLACK F1.9 + NATURA1600)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月25日 (土)

御前崎港

御前崎港に帆船「海王丸」を見に行ってきました。
牧之原インターを降りたときには低い雲がべったりしていましたが、御前崎に着いたら快晴でした!

Dscf2010_2
海洋実習船「海王丸」
今日は公開訓練で自慢のセールを展開してくれました。

Dscf2029_2
すべてのセールを張るのに100人がかりで1時間かかりました。大変な作業ですね!
あいにく風が船首方向から吹いていたので、風をはらむ方向が実際の航行時とは逆になってしまいました。

Dscf2025_2
青い空に白い帆が美しい!
マストのてっぺんまで50mあるそうです。

Dscf2070_2
しばらくセールを張ったまま休憩して、今度はセールをたたみます。
すべてのセールを絞るのに30分。さらにたたんでロープで縛るのに30分。やっぱり1時間かかりました。
ハリヤードやジブの使い方とか操作法とか、解説を聞きながら訓練を面白く見学できました。
(FINEPIX F100)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月13日 (日)

NATURA DE OTAWA

ナチュラ・クラシカで行くカナダ第2弾は、首都オタワです。
首都といってもそんなに大きい町ではなく、人口は80万人ちょっと。日本では浜松市より少ないくらいですね。
オタワはオンタリオ州にあるんですが、国会議事堂裏を流れるオタワ川の対岸はケベック州です。1857年、ビクトリア女王はフランス系とイギリス系の中立地点として、イギリス領カナダの首都をここに置く事にしたそうです。
カナダは今もイギリス連邦の一つであり、カナダ首相官邸の向かいには何十倍も広いイギリス総督公邸があります。国家元首はエリザベス2世。知ってた?(私、知りませんでした・・・・・)

Fl020015
国会議事堂です。オタワではこの中央の塔より高い建物は建てられないそうです。

Fl020012
国会議事堂は3つの建物から成り。これは右側。左側は修理中らしく、足場が組まれていました。

Fl020021 Fl020024
これも国会議事堂です。

Fl020026
国会議事堂の横を流れるリドー運河。オタワ川とは高低差があるので水門がいくつもあります。船が通る時は階段のように水位を調整するようです。

Fl020030
バイワード・マーケットという商店街(?)の一角。いろんな店があって賑やかです。

Fl020008
戦争記念碑と無名戦士の墓。奥に見えるお城みたいな建物はホテルです。

(NATURA CLASSICA + NATURA1600)

| | コメント (0) | トラックバック (0)