2015年10月12日 (月)

初冠雪

富士山が昨日初冠雪を観測したというニュースを見て、天気も良かったので見に行ってきました。

Pa120465
頂上付近だけ、ちょこっと雪が積もっています。

Pa120476
雲一つ無い晴天ですが、少し霞んだ富士山でした。

Pa120506
短い滞在時間で、撮ったのは旅客機3機と小型機1機。

Pa120494
このカットだけ、ニコンのNX2で空の色をいじっています。
他のカットはAWBでリサイズのみ。
「OM-D E-M10」のダブル・ズームキットに付いてきた40-150mm望遠ズームでの撮影です。
おもちゃのように軽くて小さいレンズですが、旅客機程度なら十分撮れますね。
C-AFにすると、シャッターボタン半押しでピントが行ったり来たりして気持ち悪いけど、連写で撮った写真も意外とピント合っているのが不思議。でも、たまに外すコマは盛大に外します。S-AFの方が精神的に良さそうです。

ところで、今日は横須賀で新顔空母の公開がありましたね。
今週末はハワイのカネオヘでエアショー。ブルーエンゼルとF22が参加予定。
翌週はソウルでエアショー。ブラックイーグルとF22が参加予定。
同じく日本では百里と築城と岐阜でエアショー同日開催!
アジアはエアショーシーズンですね!!行きたいけどなー・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月13日 (土)

Zuiko 21mm f3.5

ふと立ち寄ったカメラ屋に、以前から欲しかったオリンパスOMシステム用の交換レンズ「G.ZUIKO AUTO-W 1:3.5 f=21mm」を見つけて、なかなかの美品だったので保護してしまいました。

_dsc1648
左側のOM-2に付いているのが21ミリです。
隣のOM-4に付いている50ミリf1.8とほぼ同じ大きさのコンパクトなレンズです。
OMシステムは、21ミリから200ミリまでの交換レンズをすべて49ミリフィルターでそろえることが出来ます。21ミリは短端。望遠端になる200ミリf5も以前持っていたんですが、売却していまは持っていません。
このコンパクト・ラインとは別に、21ミリf2というレンズもあって、同じく21ミリから250ミリまでの交換レンズをすべて開放f2で揃えることも出来ました。
OMらしさ、という点では軽量・コンパクトな交換レンズの方が似合っている感じがします。

_dsc1650
NIKONの20ミリとの比較です。
焦点距離もF値も違うのでなんですが、ズイコーの小ささが解ると思います。

20140831009
写りもとっても良いです。
気持ち良い青空が撮れました。

20140831008
気をつけないと、このように自分の手が写ってしまうことも・・・・

20140831028
げ、近すぎて28ミリじゃあ機首しか写んないよ~。
と言う時でも、21ミリに交換すると・・・・・
20140831027
ちゃんと尾翼まで入りました!!

20140831036
超広角のデフォルメ効果

20140831033
画面隅に物を入れなければ、いたって普通にも写ります。

20140831037
近接撮影。まあそれなりかな。
絵作りには結構難しい画角ではありますが、面白いレンズです。
(OM-2N + 21mmf3.5 + RDP3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月23日 (月)

OLYMPUS XA

今日のカメラは、最近知人に譲ってもらった「オリンパスXA」

発売当時はかなりの話題になりました。
我が家でも祖父が購入して使っていましたが、亡くなった時の遺品の中には見当たらず、誰か先にもらっていった人がいたらしい。(取扱説明書のみまだ家にありますが)
私が始めて自分のカメラを所有したのは、この祖父が遺したオリンパスOM-2Nでした。

_dsc1589

さて、「XA」ですが、手の中に納まるカプセル・バリアのボディーに距離計連動ファインダーを搭載し、シャッターボタンはフェザータッチ式という野心的な設計。露出は絞り優先AE。フィルム巻上げは「写ルンです」と同じく回転ダイアル。
この後、シリーズ化されてXA2、XA3、XA4と、焦点距離やAF・AE機構の違うバリエーションが作られました。

Fh000005

Fh000017

Fh000029
テスト撮影で使ったフィルムはナチュラ1600
どうも露出計の感度が落ちているようで、ASA800に設定してもシャッター速度の指針が低い値を指しています。(このカメラでは感度800以上は設定できませんが、ナチュラは100から1600の範囲で撮影できます)

本体と一体デザインのフラッシュA11が死んでいる他は稼動しているようです。
フィルム現像して判ったのは光線漏れ。
古いカメラなので、遮光のモルトプレーンが劣化してボロボロです。
Fh000034

Fh000038
36枚中、4枚がこのような状態でした。
場所から推測すると、裏蓋のヒンジ部から光が入っているようです。
感度100とかのフィルムならもう少しマシかもしれないけど、今度暇な時に修理することにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月14日 (土)

Zuiko 35-80mm f2.8

このレンズは以前から弟が持っていたものですが、最近デジカメを買った為に使っていないと聞いて、借りてきました。

_dsc1528
オリンパスのOM用のズーム・レンズで、35mm~80mm f2.8通しのズームです。
OMシステムの最後を飾る高性能レンズで、発売時は結構なお値段が付いていました。
広角端を28mmではなく、35mmに抑えたことで、他社比スリム・軽量に仕上げたそうです。
が、少しくらい大きくなっても28mmスタートの方が便利だったかも?
製造期間も短く、幻のレンズでもあります。ここにあるけど・・・・。

さっそくRDP3を入れていつものC-46で試写。
0002
広角端35mm

1004
望遠端80mm
さすがに全画面ピシッとしています。

0012
広角端35mm

0010
望遠端80mm

0016
広角端 開放絞りf2.8

0026
望遠端 開放絞りf2.8

今更のレビューですが、参考になりました?まったくならんか・・・・・

たまにリバーサル・フィルムを使うと色の綺麗さに唸ってしまいます。
ライトボックスで見る色をPCモニターで再現できないのが残念です。
参考に、上写真と同時に撮ったコンデジF550の写真です。
Dscf4808 Dscf4809
Dscf4813

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月28日 (土)

ハチロク・ブルー

突然ですが、F-86Fのブルーインパルス機です。
別の用事で引っ張り出してきたスライドボックスにたまたま一緒に入っていたので、D300で複写してみました。

Dsc_9034
外柵より。滑走路を走行中。航空祭リハーサルで撮影。

Dsc_9031
航空祭会場で地上展示中。

Dsc_9038
T-2ブルーインパルスと並べて、エンジンスタート!

Dsc_9039
T-2と同時にスモーク・チェック!!

Dsc_9043
ピンク色のカラー・スモークで滑走!!!

以上、1985年の浜松基地航空祭で行われたF-86とT-2ブルーインパルス競演の様子です。
このハチロク960号機は、現在浜松基地広報館に展示されています。
この頃までは動態保存機として整備されていました。
同様に、静浜基地のT-6や美保基地のC-46なども、エンジンが稼動出来る動態保存されていたんですが、防衛庁(当時)の大人の事情により、2度とエンジンを動かす事が出来なくなりました。大変残念です・・・・。自衛官の方々は私よりもっと残念だったと思いますが。

諸外国では、様々な時代の旧機が飛び回っているのを見ると、日本は航空文化後進国だと痛感させられますね。

飛行可能な復元零戦22型AI-112を来年日本で飛ばす計画があるそうですが、是非実現させていただきたいです。
(OM-4 + 300f4.5 + 180f2.8 + KR)地上展示で使ったレンズは不明

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年12月 9日 (日)

OMで紅葉

今年もオリンパスOM-2を持って紅葉を撮りに行ってきました。
意識しているわけではないんですが、なぜか、紅葉はOMの出番が多いです。

Fl010025

Fl010028

Fl010034

Fl010037

Fl000004

Fl000013

Fl000022

Fl000024

Fl000023

Fl000026

(OLYMPUS OM-2N + 50f1.8 + 28f2 + REALA + FujiCD)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月11日 (金)

OMで紅葉

すっかり季節はずれですが、秋にオリンパスOM-2で撮ったポジをようやくスキャンしたので載せておきます。

Om2011

Om2030

Om2106

Om2020

レンズはズイコー50mmf1.8 フィルムはプロビア(RDP3)です。
久々に50ミリ一本勝負でしたが、結構遊べます。
最近のコンパクトカメラは広角主体ですが、やや狭い画角は余計なものが写りにくくて絵作りはしやすいかな。
昔は50ミリで何でも撮っていたんですけどねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月12日 (金)

去年の紅葉

12月に、OM-2を持って紅葉を見に行った時の写真です。

久々のOMですが、やっぱ面白いですね!
構図を考えて位置取り(ズームは無い)、ピントを合わせる、露出を確認する、シャッターを切る、フィルムを巻き上げる。
面倒くささが面白い。

Koyo77
OM2+50mm1.8+RDP3

Koyo76
OM2+50mm1.8+RDP3

ポジフィルムをライトボックスに乗せてルーペで鑑賞する。これが一番写真が綺麗に見えます。だから、私はマウント仕上げです。
スリーブ仕上げだと透明なフィルムシートを通して見ることになるでしょ?マウントなら直に見られるし、取り扱いも簡単だから。
かさばるのが難点だけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 8日 (土)

50mm

最近は週末の天気が悪くてほとんど写真撮っていません。

ネタが無いので少し前の写真です。
2006012802 2006012801
OLYMPUS OM-2N / Zuiko 50mm f1.8 / RDP3

最近出番の少ないOMですが、写真を撮ることがとても楽しいカメラです。描写もNIKONより好きなんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 6日 (火)

スカイライト

レンズに付けるフィルターの中に、「スカイライト」というフィルターがあります。ごく薄いピンク色で、晴天の青空による青かぶり(写真全体が少し青っぽくなってしまう)を補正するために使うものです。

では、晴天の日に空撮をするとどうなるか?
やっぱり青かぶりになります。高度を上げれば青が更に濃くなり、大気圏外まで行ってしまうと「やっぱり地球は青かった!」となります。
空気は青いんですね。そんな作例を。

2006012803
甲府盆地上空8,000FTより富士山を望む。

2006012804
眼下に甲府市街地。右には八ヶ岳。左に南アルプス。
画面中央の川の両岸に、航空学園双葉飛行場と韮崎滑空場の滑走路が見えます。

C172の後部窓開放してフィルター無しのレンズで撮影しています。
カメラはオリンパスOM-2Nで、レンズはZUIKO28mmF2、フィルムはプロビア100Fです。
薄黄色いUVフィルターなどを付けても色は変わると思いますが、フィルター無しの空はこんなに青いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)